ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

歯みがきを嫌がる猫の口腔ケア 猫に付けやすい歯磨き粉 猫の耳そうじの道具

この記事は約4分で読めます。
KPS社のマウスクリーナーゼロ猫壱の脚の高い容器

13 口腔ケアと耳掃除

 花ちゃんの歯のお手入れについては、保護主さんがKPS社のマウスクリーナーゼロリキッドタイプというのを譲渡の際に持たせてくれた。

473mlで4000円くらい、PEPPY通販などで購入できる。

無色透明無味無臭の優れものだ。

ホームセンターにもアースペットの歯磨きウォーター150mlなどが1000円くらいで売っている。

こちらは少しミントの香りがする。

どちらも花ちゃんの飲み水に混ぜて毎日使っている。

飲み水の器が同じで、少量から始めれば、飲んでくれる。

アースペットの歯磨きウォーターヘルスウォーターボール
ペットシーツ

水の器は猫壱の高台容器(1000円くらい)と、ヘルスウォーターボール(2000円くらい)を使っている。

ホームセンターやインターネットで買える。

水の器は箱の蓋にキッチンペーパーを敷いて、水が多少こぼれてもいいようにしている。

飲むとき沢山こぼすようなら、ペットシーツを敷けば安心だ。

液体でのケアの他に、お互いに慣れて来たので、最近は毎晩寝る前にアースペットのエブリデント歯磨きペースト(ジェル状・ゼリー状と同じ)を花ちゃんの歯に塗っている。

予防接種の健診のときに、獣医さんが付け方を教えてくれたやり方だ。

左:アースペット歯磨きペースト
中央:歯みがきスプレー
右:餌に混ぜるデンタルケア粉末

両手の人差し指にペーストを付けて、後ろから口を挟んで歯に塗ってやると、歯や口に付いたことが嫌で、猫はペロペロと舐める。

それで完了というわけだ。

一瞬で、簡単だ。

歯磨きペーストのせいで花ちゃんが吐き戻すということもないので、継続している。

アースペットの歯磨きペーストは、人間の歯磨き粉より、硬さは少し緩い感じだ。

指で塗ってやるやり方では、真夏は冷蔵庫に入れてペーストが固いうちに猫の歯に付けないと、人間の指の熱でペーストが液体に近くなって垂れてしまう。

飼い始めのころだったらできなかったと思うが、花ちゃんに馴れて来た最近は歯みがきペースト塗りができる。

寝ている時を狙って歯みがきペーストを塗る

花ちゃんは敏感で目がいいから、ペーストのチューブを見たり、私の不穏な動きを察知したりすれば、歯みがきから逃げようとする。

だから、花ちゃんが猫台でぐっすりと寝ている時を狙う。

花ちゃんを飼い始めてすぐは、アースペットのエブリデント「なめるだけのデンタルケア」スプレータイプを買ってみた。

花ちゃんはスプレー歯みがきを突然シュッとやられるから、怖い顔で逃げた。

獣医さんにペースト歯みがきの付け方を実演して見せてもらって本当に良かった。

この動物病院でスウェーデンケア社のプロデンタルケアforキャットという粉末状の餌に混ぜるサプリも2500円で購入したが、2~3回しか使っていない。

上顎に赤い歯石が見える

初代猫お母さんの時の獣医さん、2代目クーちゃんの時の獣医さん、今度の花ちゃんの獣医さん、と獣医さんは3人目だ。

花ちゃんの保護主さんがネットで評判を調べてくれて、教えてくれた獣医さんである。

飼い主同席での診察の仕方も、歯みがき指導も素晴らしかった。

お金儲けだけでなく、動物を愛している獣医さんに出会えた気がして嬉しい。

18歳で口内炎で苦しんだクーちゃんを思うと、6歳の花ちゃんの歯の健康に今から配慮していきたい。

花ちゃんがあくびをすると、歯の内側に歯石による赤い歯肉炎が見えているが、まだ歯ブラシでの歯磨きは私には無理だ。

あくびの時に歯石の様子を見る→歯石が少なくなった

そのうち、指ガーゼのようなもので、あくびの瞬間に歯肉を磨いてやりたい。

感覚過敏のある猫は、歯磨きは嫌いだろうから、今は3秒のペースト塗りが短時間でいい。

指ガーゼ歯みがきも時間をかけず、歯の内側を一瞬でペーストを塗ることから始めたい。

無理せず、たまに、チャレンジしていきたい。

花ちゃんがベッドや椅子でのんびりしているとき、耳掃除をさせてもらう。

耳がかゆいからか、歯みがきよりずっと静かにさせてくれる。

初めは濡れている綿棒で恐る恐るしていた。

耳掃除セット純粋ティッシュと綿棒

今は、純粋ウェットティッシュを巻いた綿棒で丁寧に拭き取る。

花ちゃんの耳の中は茶色く汚れている。

もう3年野良猫ではないのにとても汚い。

お母さんやクーちゃんにはなかった汚れだ。

耳をしばしばかゆがる。

耳ダニがいるのだろうか。

私には見えない。

耳がかゆい

寝ているときの花ちゃんの寝息はクークーと鳩のように鳴く。

呼吸器に何か問題があるのか。

1月の予防接種と健診では、歯石がある以外は健康だということだった。

次回の健診時に獣医さんに耳の奥からの汚れの件を聞いてみよう。

猫ちゃん

 子どものオモチャや学習教材について、市販品の紹介及び創作教材の小さな工夫を少しずつ紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも書いています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
保護猫花ちゃん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました