排泄介助を楽にするアイディア 要介護4

この記事は約2分で読めます。

本人はもちろん、世話する人が楽になる道具がいい

 94~97歳、要介護4ごろのヤエさんの排泄に便利だった道具の紹介です。

ちょっとした、アイディアも書いてみました。

排泄は一人一人違うし、トイレも家庭用は狭いので、みなさん工夫が要りますね。

我が家のトイレはたまたま正面左手にありました。

ヤエさんが私の左手に座り、右利きで世話する私には、右の空間が開いているので便利でした。

家を造る時、トイレの位置や向き・浴室の手すりの動線を決めるとき、ベッドをセッティングするとき、本人の身体の可動域と、介護者の楽な動きをエアーで想定するといいようです。

段ボールや新聞紙を、ベッドや車椅子の大きさに広げて置いて、実際に動線もシュミレーションしてみてから、車椅子でトイレに入れるかなど、実店舗やカタログで品物を決めるといいですね。

平常なら自分で調査して決められることが、介護の最中は時間的・体力的に難しくなるので、ケアマネさんや福祉用具専門員、介護インテリアコーディネーターのような方にどんどん相談してください。

コメント欄にご相談いただければ、ブログでアイディアを出していきたいと考えています。

ヤエさんの排泄に便利だった道具や手順の紹介

ヤエさんの排泄に便利だった道具や排泄手順の紹介でした。

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました