スポンサー広告リンク
特別支援教育とは

気になる行動の消去を考えるよりも得意な行動を伸ばして満足を共有するとブレーキもかかる

発達障害があるといわれる子どもたちも、子どもの発達という大きな枠組みの中にいます。 乳幼児は、触覚が一番優勢で、何でも触りたがります。 言葉の発達につれて、直接触らなくても、目で見るだけで、済むようになりま...
特別支援教育とは

感覚運動を満たす代替え行動でこだわりや強迫性障害を緩められる

美味しいものを食べたり、美しいものを見たり、温泉や湯船に浸かったり、フカフカの布団で眠ったりすることは、誰でも快適です。 我が家の猫ちゃんを見ていると、とにかく「快適さを保つ」ことを探して、毎日暮らしていることが...
2022.06.23
梅津八三の心理学

発達に心配のある子どもとかかわる保護者および先生のための特別支援教育の80冊の本

保護者や先生から、どんな本が良いか、時々聞かれます。 どんな本でもいい、手に取ってみて、これだ!と思ったら、まずはその本に書いてあることを、真似してみることをお勧めします。 「学ぶ」とは、「真似る」から来て...
2022.06.20
スポンサー広告リンク
漢字

漢字の記憶を助けるへんとつくりの漢字カード

漢字の記憶を助けるには、へんとつくりの分解と合成がポイントです。 部首名を言えるようになると、漢字を、カタカナや象形文字の共通項で、くくることができるようになります。 通常学級では集団で学習するために、声に...
野良猫クロちゃん

野良猫の慣れ方 14 クロちゃんの排尿スプレーが止まらない

2021年11月末に、我が家に保護され、エサの心配、雨露の心配、寒暖の心配が無くなったとはいえ、自由な野良猫だったクロちゃんの幽閉生活は、さぞかしつまらないだろうと思って、猫のオモチャをあれこれと買ってみました。 ...
2022.06.14
漢字

100円でできるセリアの多目的カードを使ったへんとつくりの漢字カード

セリアの多目的カード角丸タイプを使って、小学校低学年の漢字カードを作ってみました。 へんとつくりで、分解して合成する、漢字カードです。 多目的カードの他には、セリアの6分割透明ケース、クリアファイル1枚、両...
2022.06.09
行動調整の心理学

大人の発達障害のかたの働き方と対人関係性を優先するコミュニケーション

小さなことにこだわるという点で、私は自閉スペクトラム症のかたに近いこだわりを持っています。 子どもの頃から、洋服の襟のタグがチクチクして嫌で切り取ったり、時計の秒針のチクタクが気になって眠れないから無音の時計を買...
2022.06.12
特別支援教育とは

400円でできるセリアのマグネットとホワイトボードを使った1から5の序数と基数の算数教材

前回、2022/5/29に、算数LD の投稿で紹介した、数の階段の教材について、誰でも簡単に安価で作れる、マグネット教材を思いついたので紹介します。 100円ショップのセリアで、18cm幅以上のホワイトボード1つ...
2022.06.07
特別支援教育とは

かずや算数および数学を楽しく学習する方法と教材

数の概念形成が、歴年齢発達より、遅れる子どもさんがいます。 3歳で、1つと2つは分かるのだが、3つ以上は「いっぱい」となって数はわからない、という子どもさんがいました。 算数 LD また、私立の幼稚園...
2022.06.01
特別支援教育とは

書くことが苦手な子どもと楽しく学習する方法と教材

学校教育を終えて大人になると、パソコンやタブレットおよびスマートフォンに、音声入力やキー入力で、文章を作成したり、書類を作成したりすることが可能になります。 学校時代のように、手書きで文字を書かなくても、済む場合...
2022.06.05
特別支援教育とは

文字を読めない子どもと楽しく学習する方法と教材

病院小児科の発達相談に、国語の教科書が読めない、ひらがなやカタカナが書けない、繰り上がり繰り下がりの計算ができない、という子どもさんが見えます。 学校で使っている、国語・算数の教科書とノート、漢字練習帳と連絡帳、...
2022.05.29
梅津八三の心理学

家庭学習や放課後学習および通級指導教室の個別学習のはじめを取り掛かりやすくする絵本・シール・ホワイトボード・iPad

子どもの好きなこと、子どもの得意なことの、情報を集めることは大切です。 乗り物、昆虫、恐竜、トーマス、ポケモンGO、マインクラフト、ピクミンブルームなど、子どもの確定域となる趣味を知りましょう。 係わりの冒...
2022.06.05
梅津八三の心理学

言葉の発達が遅れている子どもさんを育てる保護者や先生に知っておいてほしい言葉の発達心理学

歩き始めたら見えるものの方に飛んでいってしまう、言葉で止めても危険が分からない、2歳を過ぎてもなかなか言葉を話さない、そういう子どもさんの育児に悩んでいる、保護者の悩みが目に浮かびます。 特別支援学校や特別支援学...
2022.05.23
生活

病気や障害のある子どもと認知症家族のためのリビングウィル

今回は、病気や障害のある子どもと高齢者、その世話をする介護者自身の終末医療について考えます。 リビングウィルは、元気な時に書き残す、終末医療についての意思表明書です。 介護している子どもと高齢者について、そ...
2022.06.17
生活

病気や障害を持つ子どもと保護者のための救急情報記入用紙のご紹介

西東京市の福祉のサイトを見ていたところ、救急情報用紙というものに出会いました。 救急車で運ばれる時、緊急に入院する時、以下の情報があると、救急隊が搬送先の病院を決めたり、救急センターの医師が適切な処置を採ったりす...
2022.06.17
育児/保育/療育

障害のある子どもさんの将来のための「親心の記録」記入用紙の紹介

障害のある子どもさんが、「親なき後」も周囲の暖かいサポートを受けながら、その子らしく生きてけるための、「親心の記録®」用紙を、サイトからダウンロードできます。 26歳のダウン症のまさや君が、2021年12...
2022.06.17
育児/保育/療育

100円ショップのセリアに子ども用の伸縮性マスクが4種類ありました

小学校低学年の子どもさんが付けている、不織布のマスクが、子どものあごに落ちて、鼻や口が出てしまう悩みを先日投稿しました。 耳からあごまでの距離が長いと、子どもさんがしゃべる動きで、次第にマスクが下がってきます。 ...
健康

両膝から下のしびれ 足裏のしびれ 足の親指のしびれ コレステロール値 血糖値の改善法

60代半ばになって、突然、両膝から下の、足のしびれが出現しました。 足の爪も黄変し、糖尿病で足を切断することになるのかと、不安な日々を過ごしました。 ここ10年ほど、夜中に、足がつっていました。 筋肉...
2022.06.24
育児/保育/療育

子どものマスクがあごに下がって鼻や口が出てしまう理由と対応

コロナ禍の子どもたちは、保育園や小学校、放課後学童でも、先生の指導のもと、毎日素直にマスクをつけています。 集団が密になったり、対面で唾が飛んだりする状況を、避けようと、子どもなりに協力しています。 コロナ...
2022.05.11
野良猫クロちゃん

野良猫の慣れ方 13 同じ空間で過ごさないと人慣れするのは難しい

きっすいの野良猫クロちゃんの、人なれしない様子は、相変わらずです。 クロちゃん一人を、1階で自由に暮らさせているので、人なれしないのは無理もありません。 クロちゃんを動物病院に連れて行けるのはいつの日か ...
2022.05.03
スポンサー広告リンク
タイトルとURLをコピーしました