100円でできるセリアの多目的カードを使ったへんとつくりの漢字カード

この記事は約4分で読めます。

セリアの多目的カード角丸タイプを使って、小学校低学年の漢字カードを作ってみました。

へんとつくりで、分解して合成する、漢字カードです。

多目的カードの他には、セリアの6分割透明ケース、クリアファイル1枚、両面テープ50cm があると、漢字カードと漢字表を収納ケースに収められます。

6分割ケースのフタに、クリアファイルを両面テープで取り付け漢字表を収納します

多目的カードが、6分割ケースよりやや大きいので、入れると斜めになり、かえって取り出しやすくなります。

漢字カードをたくさん作って、ケースに収納するときは、カードの幅を少しハサミで切ると、平らにたくさん収納できます。

見せておくための漢字表を作る

漢字が苦手な人は、記憶しておくことが難しいです。

そこで、記憶する負担を減らして、漢字表を用意します。

漢字表は、1年生と2年生の、国語の教科書の巻末を、自宅のプリンターでコピーしました。

漢字表は、プリントそのままでもいいのですが、ラミネートしました。

ラミネートフィルムも100円ショップにあります
アイリスオーヤマ ラミネーター A4対応 ~100μm対応 簡単操作 コンパクト ウォームアップ時間90秒 高速起動 ヒーターオートオフ機能 詰まり防止レバー搭載 KLM42X
安心してご使用いただける4つの機能を搭載! 書類やカードを汚れや濡れから守り、色落ちも防ぎます。 起動後、約90秒でウォームアップが完了。 ストレスなく、すぐ使える高速起動ラミネーターです。 本体は邪魔にならないコンパクト設計で、 未使用時にもスッキリ収納できます。 また、モード選択もシンプルなボタン設計のため 初めて...

ラミネートできないかたは、100円ショップのクリアポケットに入れるだけでもいいですね。

クリアポケットも、両面テープも、B 6クリアファイルも、100円ショップで売っています。

英語で、漢字を、チャイニーズ キャラクター カードというのですね。

知らなかったです。

漢字が、中国で生まれたからですね。

へんが同じ漢字を同時提示・比較照合で学習する

多目的カードに、漢字を書いていきます。

200枚入り

裏写うらうつりしないマジックで、へんとつくりを書いておくと、あとで、へんとつくりを合成させる漢字神経衰弱もできます。

へんが同じ漢字を、同時提示・比較照合で学習できるようにします。

私が書いたものより、さらに太いマジックで書いたほうが、見やすいかもしれません。

また、へんを黒マジック、つくりを青マジックで書いても、へんとつくりの違いがわかりやすくて良さそうです。

漢字を並べる枠

厚ボール紙や、100円ショップの板磁石に、黒の太いマジックで、しっかりとした並べる枠を書いてやると、へんとつくりの漢字の構成の空間がはっきりとします。

糸へんの漢字

糸へんの漢字

漢字表の正解を、見せておきましょう。

正解を見る時、一番学びます。

へんとつくりのカードを手で動かし、合成する時に、手の運動が記憶を助けます。

覚え方を教えて漢字記憶を助ける

覚え方は、以下のように、大人が言って見せ、真似させます。

分解するのは、へん、1年生の象形文字漢字、カタカナ、などに分けて言います。

「組は、糸へんに、目の下が長い」

「絵は、糸へんに、会う」

「線は、糸へんに、白い水」

楽に言えるようになると、漢字をへんとつくりで合成できたり、漢字を記憶できたりします。

他に、ごんべん、木へん、にんべん、女へんなどの漢字が3~4個ずつあります。

他には、くさかんむりの漢字で、「花」「草」があります。

「前」「算」は、くさかんむりでないことを比べます。

雨かんむりの漢字

雨かんむりの漢字は、子どもたちもテレビの天気予報などで、見かけることがあると思います。

習っていない「雷」⚡や「しも」を教えても楽しいですね。

覚え方は

「雪は、雨よ」

「電は、雨田をつきぬけル」

「雲は、雨ニモ」

など。

雨かんむりの漢字

へんとつくりをカードに大きく書いてみよう

子どもの苦手な漢字、覚えにくい漢字があったら、へんとつくりに分けて書いたり、合成したりしてみましょう。

頭、朝、顔、親などの漢字は、低学年の子どもにとって、結構難しいですね。

「顔」と「形」の「ミ」の向きの区別が難しいです

子どもが自分で、へんとつくりの「漢字カードを作りたい」と言ったら、しめたものです。

漢字を大きく書くことは、漢字を正しく覚えられます。

たくさんある漢字カードの中から、へんとつくりを合成させて漢字を作る

へんとつくりが見えている漢字カードをバラバラにおいて、家族や仲間と交代で、順番に一組ずつ漢字を作っていきます。

白カードも一人3枚持つことにして、ペアを探せない時に、へんかつくりの片方を、自分で書いても良いことにします。

手作りの教材で、漢字博士を目指して、家庭や学校で、漢字カード学習をやってみましょう。

裏写うらうつりしないマジックで、へんとつくりを書いておくと、漢字カードを裏返して見えないようにし、へんとつくりを合成させる漢字神経衰弱もできます。

へんとつくりの市販品漢字カードもありますが、お手製のものは、これまた楽しいですね。

漢字はかせ 「へん」と「つくり」を合わせるゲーム
ゲームで小学校で学ぶ学習漢字が身につく! 小学校で習う漢字から、よく使われる「へん」と「つくり」を厳選。あそびながら自然と漢字や部首を覚えることができます。 基本のあそびかた 1「へん」と「つくり」のカードをまぜてきります。 2順番に山札からカードをめくり、場に出します。 3めくったカードと場にある札を合わせて、漢字が...

夏休みの自由研究にも、セリアの多目的カード、お手製漢字カードを使えそうです。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました