絵カードコミュニケーション

スポンサー広告リンク
ソーシャルスキル

手を振り払わないで一緒にパズルをやろうとイラストで伝える

「ドアを閉めないで、開けておいてね」のイラストを見せて、待合室でL君に説明しました。 するとL君は、走らず、病院の廊下をゆったり歩いて、療育の部屋に向かいました。 部屋に入ったところでも、イラストを見せて、...
身振り

音声のない自閉症の一平くんが身体のどこが痛いかを伝える方法

一平くんのお母さんが、前回の療育で「どこが痛いかを言えるようになると助かる」と、話してくれました。 2020年から、一平くんは、目がかゆくて、病院の目薬の処方が欲しい時、小児科の受付で「め め」と、目👁を指差し👆...
絵カードコミュニケーション

興味のある好きなマリオを利用してコミュニケーションを拡大する

N 君のお母さんは 、N君の生活を、視覚情報で整えようと努力されています。 私も視覚情報の多用によってN 君のコミュニケーションが多彩になると良いと考えています。 最近、お母さんから、5つの相談がありました...
絵カードコミュニケーション

言葉で伝えやすくする 画像を使ったコミュニケーションシートの作り方

脳の中にある考えを音声の言葉に変換して、相手に伝えることが難しい子どもさんがいる。 どんな教材・どんな道具を使えば、その子どもさんが考えを相手に言葉で伝えやすくなるのか、お母さんと一緒に考えた。 言葉とは脳...
絵カードコミュニケーション

絵によってコミュニケーションが進化する成人の自閉症の一平くんの場合

一平君は、音声のない、29歳のハンサムな自閉症の青年だ。 最近、付箋紙に描いた絵によるやり取りで、コミュニケーションが進化している。 ①マラソンのルート変更・②将来の生活拠点の話・③調理の手順、の3つについ...
スポンサー広告リンク
タイトルとURLをコピーしました