介護を楽にするムース食の作り方 要介護5

この記事は約3分で読めます。

飲み込む力が落ちた

 2017年、97歳、要介護4、認知機能、歩行機能、手の機能、飲み込む力が退行した。

2018/2/11 飲み込みに時間がかかる

食事に時間がかかる。

飲み込みにくい様子だった。

薬も白湯だけ飲んで、粒が残るということが増えた。

2018年、ひき肉野菜炒め卵とじと、きざみ温納豆の混ぜご飯を朝食にしていた。

小ぶりの茶碗で軽く一杯食べるのに、以前の2倍の30分くらいかかるようになった。

2018/4/4 ミキサー食が食べやすい

夕食は鮭やサバ缶なども食べるので、1時間くらい噛んでいるようになった。

2018年4月、ミキサー食にしてみた。

ムース状になっていると飲み込むことが楽そうに見えた。

2018年、97歳、要介護5、車椅子とベッドの生活になり、脱水・発熱で、4~8月までで3回、計70日ほど入院した。

病院のムース食に学ぶ

97歳 2018/4/25 病院の食事

病院の食事を見て、私もムース食を学べた。

退院して、在宅介護の再開だった。

ドラッグストアに行くと、レトルトのなめらかごはん、おかず、たんぱく質アップ粉末、メイバランス、とろみドリンク、トロミアップ粉末などが売っていた。

デイサービスにもそれらを届けて、朝昼ごはんと夕ご飯の2食を作ってもらった。

97歳 2018/5/23 退院して在宅介護の再開

ヤエさん退院後は、病院食の見よう見まねで、夕食や夜食のムース食を作れた。

1食400kcalくらい食べさせたかったし、1日に1200ccくらい飲ませたかった。

しかし、飲み込む力が落ちていて、1食200kcalくらい食べるのがやっと、1日に600ccくらい飲むのがやっとだった。

口から飲む量が少ないので、本当は3日に1回くらいの点滴の補水が必要だった。

2018/6/26 点滴に通院

2018年5月の退院直後に自宅で点滴補水の訪問診療を開始したらよかったのだ。

福祉車両の納車が遅く、乗用車で、6月に1回、点滴補水に連れて行っただけだ。

ヤエさんを見送って1年以上経ってから思うのだが、ヤエさんは枯れて逝く準備をしていたんだなあと思う。

98年頑張ってきたヤエさんに、「もっと食べて、もっと飲んで」と自分の健康観で迫ったことは間違いだった気がする。

98歳のヤエさんに、点滴補水で血管から水分を与え続け、生かし続けることも、どうなのか、私にはわからない。

介護も目標を縮小する時期が来るのだ。

ステージⅣのがんのターミナルケアのように、介護も要介護5になったら、ほんわかとゆるい介護がいいのだ。

もう一度ヤエさんの介護をすることができるのなら、ゆったりと構えてそうしたい。

ムース食に使ったグッズ 口腔ケアグッズ

どれも大抵、ドラッグストアの介護食コーナーや、ネットで買えます。

スティックゼリーカロリータイプバナナ味は、Amazonで購入しました。(林兼産業20本1318円)

ヤエさんのムース食に使ったグッズ、口腔ケアのグッズの紹介でした。

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました