いじめ予防の学習もいじめ場面の絵を使えば発達障害の子どもたちの参加度と理解が増える

この記事は約5分で読めます。

いじめられて傷ついた子どもたちの、悲しみや不登校、引きこもりや自殺はつらいです。

納得できる事後処理があったとしても、本人の心の傷は、深いものです。

そうであれば、いじめは、事後処理ではなく、予防ができたら最善ですね。

いじめの事後に、子どもを個別に呼んで、謝罪・許容させるよりも、いじめについてクラス全体で話し合う方が、何倍も予防効果があります。

予防がかなえば、心の傷は0、いじめは起きないということになります。

学校教育でも道徳の授業などで、いじめ予防の学習を行なっています。

音声による指示の、理解や記憶に弱い、発達障害の子どもたちに、文章よりもいじめ場面の絵を使って、いじめについて話し合うと、場面をイメージしやすく、予防につながるのではないか、という例を紹介します。

文章だけの道徳教材は、以下のようなものです。

新しい道徳 中学校 東京書籍

下の画像の、5つの教科書の中で、一番下のいじめの場面の絵の教材が、場面を最もイメージしやすく、わかりやすいです。

新しい道徳 中学校 東京書籍

中学校の道徳の教科書に掲載されている、教室でのいじめの場面の絵です。

新しい道徳 中学校 東京書籍 テラカドヒトシ絵

絵なので、小学校1年生から中学3年生まで、いじめの予防教材に、使えます。

文章からのイメージを持ちにくい自閉症の子どもも、記憶が短く文章に長く集中できない ADHD の子どもも、文章を書くことが苦手な学習障害の子どもも、絵の教材で場面をイメージしやすく、授業への参加度が高くなります。

全員にコピーを配布して、いじめの場面をピックアップします

いじめの場面と思うところを、良い行動の〇丸印と誤解しないように、とげとげしい三角△や四角□、あるいは雲形💭などで囲みます。

もちろん、低学年で、形を描くことが難しければ、楕円やフリーな〇丸印で囲っても良いです。

全てのいじめの場面をピックアップできなくても、その子どもが気が付いた場面で OK です。

新しい道徳中学校東京書籍 のいじめ場面に猫ちゃんが三角印をつけました

なぜいじめだと思うのか配布用紙に文章で書きます

「なぜなぜ分析」の図を猫ちゃんがシンプルに改変しました

先生が1つ、理解の例を黒板に書いても良いですね。

例えば、右のいじめ場面は、「丸めた紙を投げつけている、いじめ。それを笑っている、いじめ」

いじめられている人の表情は、「涙が見えます。」

いじめている人や、それを見ている人は、「ゲラゲラ笑っています。」

などです。

発達障害のある子どもたちは、書き方の例を見ると、要求されていることがわかり、まねできます。

1枚書けたら2枚目3枚目を取りに行って、発見できたいじめの数だけ書きます。

文字を書くことが苦手な児童生徒に対しては、先生に許可を求めに行ってオーケーが出たら、いじめ場面の部分をハサミで切り取って、用紙の空欄に貼っても良いことにします。

「 1つも書かないよりは、絵の切り貼りでも、参加度が高まれば素晴らしい」と仲間に解説します。

書いたものをもとに4人グループで話し合います

一人ずつ書いた文章を元に、4人グループで、9~10個のいじめ場面を発見できたか、確認し合います。

西予市宇和中学校

グループごとにホワイトボードで発表します

場面をピックアップして、絵に△印を付け、口頭で発表しても良いです。

珠洲市緑丘中学校

場面をピックアップして、理由を文字に書いて発表しても良いです。

西予市宇和中学校

先生のリードでまとめます

いじめている子の表情はどうか?

いじめられている子の表情はどうか?

ふざけや、からかいも、相手にしてみたら、いじめなのではないか?

関わらないで、傍観している子も、いじめに加担していることにならないか?

相手の気持ち、相手の表情で、ふざけやからかいをすぐにやめ、その場で謝罪や仲直りが大事なのではないか?

今治西中公式サイトより この学校の学校目標は「敬愛・自律・協同」

敬愛とは、相手の気持ちを考え、相手の立場に立つこと、

自律とは、いじめかどうか自分で判断できるようになること、

協同とは、傍観者にならずに、いじめ防止に協力し合うこと、

そういう意味の学校目標が「敬愛・自律・協同」とかかげられています。

いじめのないクラス、いじめのない学校が、理想です。

この3つを、朝夕のホームルームで、全員で斉唱すると良いですね。

標語をかかげているだけでは、もったいないです。

道徳やソーシャルスキルと、結びつけて行きましょう。

TOSSの先生方も素晴らしい教材を紹介しています

中学校編では、「傍観者」は、いじめに加担しているのと同じだ!という気づきに、力を入れています。

114ページでは、いじめの構図を見える化します。

いじめの構図とは、からかいレベルに始まって、ごっこレベル、嫌がらせレベル、奴隷化レベル、犯罪レベル、といういじめの5つの程度です。

続いて116ページでは、4つの立場を見える化します。

「いじめを出さない学級はここが違う」116ページ

無関心な「傍観者」は、いじめに加担しているのと同じだ!という気づきにまとめていきます。

傍観者が、いじめの抑止力になる、という考えですね。

「いじめを出さない学級はここが違う」116ページ

このシリーズは、低学年・中学年・高学年・中学校とあります。https://amzn.to/3AyJtfc

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました