野良猫を家猫にするとき 考えること 

この記事は約3分で読めます。

4 家猫になる

 ある日、母猫がどうしても家の中に入ろうとしていた。

「入れてくださいなぁ」

「入れてくださいなぁ」

「私たち、可愛いですよぉ」

「何とかなりませんかぁ」

「何とかなりませんかぁ」

そう言っているかのような後ろ姿だった。

子猫を守りたいためだろうか。

「私たち可愛いですよぉ」

網戸を手で器用に開けて、何とか室内に入ろうとした。

「よいしょッと」

その様子は可愛く、愛おしかった。

「入れたあ」

母猫のその勢いに負けて、私は母猫を家の中に入れてみた。

母猫は、家中をくまなく探検している。

廊下や、部屋の隅の壁際に寝転んで、匂い付けをした。

しかし母猫は、やはり子猫が気になるのか、しばらくすると庭へ出て行った。

初日は、室内の探索だけだったようだ。

翌日、母猫に続いて、灰色子猫も家の中に入ってきた。

母猫は、ソファーで灰色子猫に授乳した。

室内で授乳できることは、母猫にとって、危険な野良猫育児から、安全な飼い猫育児への昇格だった。

3日目には、母猫に白黒模様が似ている子猫も、一緒に入ってきた。

母猫と灰色と母似が家の中にいると、用心深く外にいた黒い子猫も恐る恐る入って来た。

私が用意した赤いリボンに、前足でそっとじゃれついた。

母猫と灰色は、夜になってもソファーにいたが、母似と黒猫は夜には車庫で寝た。

私はまだ、家の中で飼おうと思ったわけではなかったが、玄関に猫トイレを置いてみた。

母猫は、すんなりとその猫トイレを使った。

そのとき母猫は、少し下痢気味だった。

排泄のあと、母猫は我が家のソファーベッドで、安心したように眠った。

母猫は、私に撫でさせるようになった。

家の中に入ろうとしたこと、家の中で昼寝したこと、猫砂トイレを使ったこと、

母猫は、やはり、生まれつきの野良猫ではないのかも知れない。

成猫になった証しの妊娠で、捨てられる羽目になったのだろうか。

この母猫には肋骨としっぽに曲がりがあった。

しっぽはそういう種類かも知れないが、肋骨の曲がりは野良の生活で交通事故にでもあったのか。

毛づやがよくなってから見ると、母猫は目の美しい、口元の斑点模様が可愛い猫だった。

飼い主の引っ越しとか、早い妊娠とか、よほどの事情があったのだろう。

猫のような無垢で小さい命が捨てられるシーンは想像するだけで切ない。

数日で、母猫と灰色は毎日家の中で昼寝するようになった。

続いて母似もたいてい一緒に家の中で昼寝するようになった。

黒猫だけがまだ庭と温室と車庫にいた。

その黒猫も日を追うごとに少しずつ家の中に入るようになった。

子猫が3匹とも家にいると母猫は安心するのか爆睡した。

秋になり、私は例年のように炬燵を出した。

肌寒い日や雨の日、母猫は私の膝と炬燵布団に乗って丸まった。

母猫はのども撫でさせるようになり、堂々と私の膝で眠った。

猫にとって安眠場所と餌と安全な排泄場所がとても重要そうだ。

母似も私に慣れて、私の手にじゃれついて遊ぶようになった。

ついに、猫は家猫に、私は飼い主に、なった。

この先、どうやって4匹を飼っていったらいいのだろう。

初めての経験に不安もあった。

4匹に名前が要るかと思い、その役割と毛の色から、それぞれ「お母さん」「灰色」「母似」「クロ」と名付けた。

猫は飼い主の声色やイントネーションに反応すると聞く。

4匹がそれぞれ自分の呼び名を聞き分けるのかどうか、私には分からない。

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました