猫が何も食べないとき 毛玉が詰まっている? 毛玉ケアのキャットフード 毛すきのクシ

この記事は約1分で読めます。

18 お母さん猫のヘアボール

 2年目の10月、お母さんが何も食べず怖い顔で3日間じっとしていた。

風邪でも引いたのだろうか。

好物のカニかまぼこで誘っても食べない。

人間で言えばまるで悪寒がするかのように怖い顔で動かない。

じっとして

3日間そうしていたかと思うと、その後の2日は熱でもあるかのように耳を真っ赤にしていた。

どうしてやりようもない。

耳を真っ赤に

猫はじっと耐えて時を送り回復するものらしいと聞いていたので、私は何もせずに見守っていた。

お母さんは6日目に毛玉を吐き出して、その後は元気になった。

毛玉が詰まっていたらしい。

毛玉を吐いて

お母さんは子猫たちの体毛と比べるとやや長毛だった。

またお母さんは子猫たちに比べていつも毛繕いに熱心だった。

だから毛玉もたくさん飲み込むに違いなかった。

私は毛玉取りのブラシとクシを買った。

それからは気をつけてお母さんをブラッシングしてやり、抜け毛のお手入れを手伝った。

ドライキャットフードもヘアーボールコントロールに変更した。

熱心なお手入れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました