拗音の学習の方法

この記事は約3分で読めます。

教材No.45-1 拗音の事象を言える

➀絵カードを見て、拗音を含んだ物の名前が、言える。⇩

 絵カードは市販品。文字付はベビーブックの付録カード。

教材No.45-2 拗音の文字を読める

➁文字を手がかりに、拗音を含んだものの名称を、1音1文字、はっきりと発音する。⇩

インターネットの”プリントキッズ”などに拗音カードがある

③拗音の表を、先生の後に続いて、1文字ずつ押さえながら、読める。⇩

  先生は、赤線の所で、1拍休符を意識して、テンポよく、縦に3個ずつ読む。

 「きゃきゅきょ(休拍)ぎゃぎゅぎょ(休拍)しゃしゅしょ(休拍)じゃじゅじょ(休拍)」など。

 拗音の表を、1文字ずつ押さえながら、自分で読める。⇩

教材No.45-3 拗音の事象に対応する単語の構成

④絵カードに対して、単語カードを、対応できる。⇩

 単語カードは、棒磁石を使うと、ホワイトボードでは、便利。

 棒磁石は、ダイソーで4本100円。

⑤見本の単語カードに合わせて、拗音の文字タイルを使って、単語の構成ができる。⇩

清音の50音表の時と同じに、2.5cm角のタイルに拗音を貼って、ダイソーの25mmのセロテープをまいて表面を保護した。

段ボールにタイルを置きながら、3mmの角材を、表の枠としてボンドで貼った。

表の位置の手掛かり(位置が変わらないことで記憶する原始記憶)と、タイルの程よい重み(感覚を満たす)と、手で操作する運動によって、記憶を形成する。

➅見本の単語カードが裏返されても、単語の構成ができる。⇩

⑦見本の絵カードの文字を見て、「きゃべつ」と文字タイルで、単語の構成ができる。⇩

⑧見本の絵カードの文字が裏返されても、「きゃべつ」と文字タイルで、単語の構成ができる。⇩

⑨「きゃべつ」と、文字タイルで、単語の構成ができる。⇩

➉「きゃべつ」と、ホワイトボードマーカーペンで、書ける。⇩

⑪🥛牛乳の絵カードで、「ぎゅうにゅう」の名称を言えなかった。⇩

⑫カードの裏の見本の文字を見て、「ぎゅうにゅう」と単語を構成する。⇩

⑬カードの見本の文字がなくても、「ぎゅうにゅう」と構成する。⇩

  いつでも、単語カードの裏の、見本の文字を見てよい。

⑭私の音声だけで、「ぎゅうにゅう」と構成する。⇩

⑮「きんぎょ」と、構成する。⇩

  いつでも、単語カードの裏の、見本の文字を見てよい。

教材No.45-4 拗音を含む単語を読んで、意味を取る

⑯絵を手掛かりに、色々な、似ている単語を、読み分ける。⇩

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました