キャットフラップを取り付けつけられない場合のキャットカーテン

この記事は約3分で読めます。

キャットフラップ

キャットフラップの取り付けは、大工さんに頼むか、 DIY が得意であれば、自分で取り付けられる。

ドアに穴を開けられない場合は?

キャットフラップは、7000円ぐらいから12000円ぐらいで、販売されている。

 DIY で取り付ければ、キャットフラップ代だけで済む。

大工さんの取り付け料を入れると、2万円ぐらいになる。

しかし、ドアに穴を開けられない事情のお宅も、たくさんあると思う。

ドアや引き戸を、猫自身が巧みに開ける様子を、テレビの動物番組で見かけたりもする。

しかし、猫ちゃんたちは、開けるが、閉めない。

「開けてくれ」という猫の要求に添って、その度にドアを開けたり閉めたりするのは、結構大変だ。

ドアが10センチ開けっぱなしであれば、真夏や真冬のエアコン代も気になる。

猫の自由度と、人間の快適さの間を、様々に工夫して、皆さん、生活していると思う。

10センチ開けっぱなし

キャットカーテン

都丸インテリアさんという、インテリアコーディネーターの方に、以下の2点を、相談してみた。

①階段のドアや室内の境界の引き戸を、少し開けておいて、猫を自由に出入りさせたい。 

➁同時に、猫が出入りしても、室内の冷房や暖房に、差し支えないようにしたい。

すると、都丸インテリアさんは、階段のドアや引き戸の出入り口に、「キャットカーテン」を付けてくれた。

都丸インテリアさん独自の、アイデアである。

厚手のカーテンや、二重カーテンにして、カーテンの一番下の端に、重りを入れると、ドアに近いカーテンが出来上がる。

カーテン代とカーテンの取り付け費用は、キャットフラップの取り付け代くらいかかる。

カーテンと突っ張り棒

引き戸やドアの枠に、DIYでカーテンレールを取り付けられれば、カッコいいが費用もかかる。

引き戸の後付けカーテンレール、我が家は約167cm
ドアの後付けカーテンレール、我が家は約73cm

カーテンレールの代わりに、 突っ張り棒とねじ込み式カーブ❔フックでもカーテンを吊るせる。

カーブ❔フックを、引き戸枠の端に差し込んで、100円ショップの突っ張り棒を取り付けると、カーテンレールの代わりになる。

100均の DIYで OK

ドアの長さに合う既製品のカーテンが、ニトリやホームセンターにあれば、カーテン作りの手間が省ける。

ご自宅で、要らなくなったカーテンでもよい。

既製品のカーテンで、合うサイズがなければ、ドアのサイズを測って布を用意したい。

一番簡単なのは、90㎝幅の布を、突っ張り棒で吊るす。

裁縫が好きなら、布の縁をミシン縫いや両面テープ折り込みで仕上げる。

100円ショップには、カーテンを吊るすカーテンフックや、カーテンリングもある。

突っ張り棒とカーテンフックの結合は、文房具のカードリングでも代用できる。

突っ張り棒、ねじ込み式カーブ❔フック、カードリング、カーテンフックで、500円くらいで準備できる。

サイズさえ合えば、既製品の厚手の冬用カーテンも、ニトリやホームセンターで、そろそろセール価格になる時期だ。

裏付き遮光カーテンは厚い・重みも2倍

ねこのとびらキット

雑誌猫びより2021年3月号106ページで、商品化のための資金をクラウドファンディングで集めて、「ねこのとびらキット」を作ると言う、Makuake(マクアケ)の広告も、見かけた。

「ねこのとびらキット」は、ドアにも、襖にも、同梱の粘着テープで貼り付けるだけでいいそうだ。

2~5月までに、730万円の資金が調達できれば、商品化になるそうである。

マクアケの、「ねこのとびらキット」についての詳細は、以下を参照されたい。

Makuake|日本発!ドアやふすまに「ねこのとびら」 取付簡単、動物愛護と温暖化防止の第一歩|Makuake(マクアケ)
プロジェクト概要 今や常識となっているペットのための冷暖房は、地球温暖化の一因となっています。特に、ねこは、戸を開けっ放しにして出入りするので、毎回、戸を閉めさせられることが面倒なだけでなく、冷暖房エネルギーも浪費してしまいます。また、“子ねこ”や“老ねこ”は戸を開けるのが大変なので可哀想だと思っていました。 そこで私...

コメント

タイトルとURLをコピーしました