ネット時間制限ができるNECのWi-Fiルータ・モバイルルータ「Aterm(エーターム)」

この記事は約3分で読めます。

教育仮設24-1 我慢するのは心理的に難しい:ゲーム依存

対人関係が、苦手な子どもたちがいる。

友達と同じになりたいという、同調の気持ちが少ない。

マイペースの強い子どもだ。 

得意なことはゲームで、ゲームばかりしている事例に出会う。

対人関係が苦手で、同調の気持ちが少なく、マイペースで、学校の勉強や運動にも楽しさを見出せず、自分が唯一出来る事にのめり込んで、ゲーム依存症になる子どもがいる。

ゲームに快感を覚える強さが、大勢の子どもより激しい。

ゲームに対する情熱が、生まれつき脳機能で規定されているらしく、家族間での変更がなかなか難しい。

時にはゲーム欲が、食欲・睡眠欲・社会適応に、勝ってしまう場合もある。

寝ないで、食べないで、昼夜逆転で、ゲームをしている。

ゲーム・スマホ・タブレット・パソコンが、睡眠を奪うようになると、疲労しやすかったり、授業中に寝ていたり、イライラしたり、カッとしやすかったり、不登校も起きる。 

家族関係も、ギクシャクする。

教育仮設24-2 物理的な対処:ネット時間制限ができるルーター

私は最近、自宅の wi-fi が途切れることに困って、色々と改善策をネット検索していた。

その時に、 [こども安心ネットタイマー] の機能が付いたルーターに出会った。

紹介リンクは上記と同じhttps://www.aterm.jp/product/atermstation/special/kodomo_timer/

ルーターは、たとえば、Aterm WG1900HP2 | 製品一覧 | AtermStation という機種がある。

これは、壁にも付けられるが、机上では倒れやすいそうだ。

机上に置くお宅は、ルーターの底面が、平らな方がいいかもしれない。

2020年で生産終了になった型番PA-WG1200HP2も、Amazonやヤフーショッピング・楽天で、5480円くらい、まだ手に入る。

後継機種は、PA-WG1200HP3,PA-WG1200HP4 など、2021年、生産中のものがある。

NECホームページより

その他すべての販売中の 対応機種はこちら。 

5480円くらいから、9800円くらいだ。

困っている保護者がたくさんいるので、私も係わっている親子の相談日に、プリントアウトして紹介していきたいと思う。

ゲーム機を初めて買い与える時に、初めからこの設定ができれば良いが、小中学生の途中からということであれば、様々な生活の節目にかこつけて、親子で協力して、睡眠を取り戻すチャレンジしていくことが良い。

例えば、安心ネットタイマーのルーターが届いた日から、月初めから、定期テストの2週間前から、春休みの初日から、4月1日の学年区切りから、お父さんの給料日から、など、様々な区切りを使って、家族みんなで、夜10時には、夜11時には、インターネットをやめる習慣に、チャレンジしてみると良いと思う。

本人だけに「我慢しろ」と言っても、それは酷である。

大人でも、禁煙や禁酒は難しいチャレンジだ。

家族全員で、協力し合うようでないと、「快感を我慢するチャレンジ」の一番初めは、子どもだけ、一人だけでは難しい。

協力者・同行者・理解者・支援者がいることで、難しいことにチャレンジすることが可能だ。

インターネットをルーターで切れれば、一緒に本を読んだり、一緒に新聞を読んだり、一緒にアナログゲームをしたり、一緒にお風呂に入ったり、一緒に散歩をしたりすることもできる。

インターネットの時間制限に困っているなら、口頭で叱るより、親子で話し合った上で、物理的な制限チャレンジをお勧めする。

「睡眠時間、疲労、脳の発達、生活の偏りを心配しているよ。お父さんお母さんもスマホの Wi-Fi を切る。一緒にやろう。」と、話し合ってみてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました