行動調整の心理学

スポンサー広告リンク
子どもの行動理解

保育園幼児期の子どもの行動を理解する投稿案内

今回は、子どもの行動について、年齢順に投稿記事を整理してみました。 うちの子は〇〇歳だから、〇〇歳くらいの記事を読みたいという、ご要望にお答えするものです。 2歳の保育園児から、7歳の小学生までの行動理解を...
不登校/引きこもり

不登校の子どもさんの行動理解と保護者の心構えの投稿案内

学校へ行くのがつらい子どもさんや、毎日それに向き合う保護者の方の、胃が痛くなるようなジレンマの毎日を想像しています。 何か1つでも、家庭生活のヒントや保護者の心構えになることがあればと、投稿しています。 い...
不登校/引きこもり

不登校から登校へ踏み出すには家事手伝いで自信を持ち家族に役立つ自己有能感を形成しよう

不登校の子どもたちは、20万人います。 8050問題の社会的引きこもりの方たちは、60万人います。 その方たちが生き生きと暮らす方法はないものか、ご本人やご家族のみなさんは、日々悩んでいることと思います。 ...
スポンサー広告リンク
梅津八三の心理学

子どもが言葉で説明しない行動の意味を読み取るかかわり方

梅津八三のいう、言葉の発達の経過について、「言語行動の系譜」を紹介しました。 身体の生理的な感覚刺激で赤ちゃんが泣く状況、相手に身振りや言葉で伝える意図がまだない行動を「自成信号」と呼びます。 赤ちゃんは空...
不登校/引きこもり

登校渋りの子どもの登校歩数をかせぐピクミンブルームの紹介

小学生のPちゃんは好きなことがたくさんあって、家での時間はいくらでも楽しく過ごせます。 学校は気が重く、朝の登校は、お母さんとの別れのバトルになります。 お母さんは毎朝、教室の廊下まで送ってくれます。 ...
子どもの行動理解

発達障害児は保育園での苦労から小学校へ入学するまでに気持ちや態度が荒れている場合がある

発達障害児は、歩き始めが遅かったり、言葉の話し始めが遅かったりします。 言葉の発達が遅れると、気持ちを言葉で仲間に言えず、手が出たり足が出たりします。 近くの仲間をかじる、言葉で言い返せないで引っ掻くなど、...
子どもの行動理解

発達障害児の育児は発達障害児を主語にして幼児期を理解し育てていく

発達障害児は、文科省の調査で6%程度存在すると言われています。 100人中6人、通常の30人学級で2人くらいですね。 発達障害とは、環境との相互作用で、発達期に目立つ、先天的な未熟さです。 アイキャッ...
子どもの行動理解

発達障害児のソーシャルスキル指導では精神論を持ち込まないで物理的に工夫する方がうまくいく

今回は、お掃除当番について、仲間から注意されたQちゃんが、大暴れした理由とその対応について考えていきます。 小学校では、お掃除当番表という円グラフがあって、それを順番に回転移動させて、毎週掃除場所が変わるというの...
子どもの行動理解

発達障害児は なぜ通りすがりに友達を叩くのか?

学校の廊下で、後ろから走ってきた発達障害特性のある子どもさんが、友達をポンと叩いて、行き過ぎることがあります。 二人が仲良しで、叩く力もポン!と弱ければ、悪気のない、呼びかけの代わりの「挨拶」と思ってもらえそうで...
不登校/引きこもり

学校へ行きたくなる4つのポイント 算数文章題・漢字・作文・会話

学校へ行きたくなるには、勉強が楽しいか、人との関係が楽しいか、の2つに注目しましょう。 朝、起こすことが難しいのは、勉強と人間関係に、負担やストレスを感じているので、登校できないのかもしれません。 今回は、...
不登校/引きこもり

朝布団から出られない子どもに起きてもらう5つの方法

冬、寒くなると、誰でも、暖かい布団から出るのは、つらいものです。 一番の根底に、「誰でも嫌だよね」という、快感に対する共感があると、肯定的な声かけができます。 朝、布団から、起きにくい子どもに対しては、起き...
野良猫クロちゃん

梅津八三「野生児の問題」野良猫にとって家猫になることは幸せか?

野良猫だったクロちゃんを捕まえてから、10日が経ちました。 クロちゃんの、人間に対する変わらぬ恐怖の姿にあって、クロちゃんをまだ動物病院に連れて行けないでいます。 恐怖から、身の守りの攻撃が起きそうなクロち...
子どもの行動理解

初発を否定せず、相手の価値観に立った言葉かけが、仲良く付き合っていくコツになる

苦労を抱えている人と、仲良くなるには、その人の価値観の側に立った言葉かけをします。 特に初めて係わる時には、「初発を否定しない」ことが大事です。 初発とは、そのかたが係わりの初めに取ろうとした行動、初めにつ...
不登校/引きこもり

教室へ登校しにくくなった時 教室以外の居場所を図に描いて見せる

通常学級や支援学級の教室に登校しにくくなった時も、学校内と学校外に、たくさんの居場所を作ることが可能です。 大人は、その場所の一つ一つについて、言葉だけでイメージすることができます。 子どもは、言葉で説明さ...
不登校/引きこもり

登校を渋りがちな子どもを元気にする肯定的な言葉のかけ方

学校に魅力を感じなかったり、勉強が難しくてわからなかったり、学校の先生や友達関係でストレスがあると、登校を渋る子どもさんがいます。 登校渋りは、子どもの身の守り行動だと理解してください。 子どもの気持ちの味...
ソーシャルスキル

自閉症児はどうして高い所に登るのか?

どうして高い所に登るのかわからない、言葉で言い聞かせてもわからない、育てることが難しい、保育が難しい、運動が不器用だ、友達の気持ちを理解することが難しい、常識やルールがわからない、そう評価される子どもたちがいます。 ...
行動調整の心理学

怒りの正体を突き止めて行動の優先順位ピラミッドでイライラを解消する

自分の中に生まれてくる怒りを、コントロールできるようになりたい、という相談がありました。 精一杯、環境に適応しようとして、与えられた環境で真面目に、一生懸命暮らしているかたからの相談です。 お話を聞いていく...
ソーシャルスキル

自閉症の方の得意なオウム返しを利用してコミュニケーションを進化させる方法

今回は、自閉スペクトラム症の方の「発信の自発の形成」について投稿します。 自閉症の方は、3項関係が苦手と言われますが、2者関係もかなり苦手です。 それが、「相手とのコミュニケーションが苦手」と、くくられる特...
行動調整の心理学

「パラリンピックドキュメント 暗闇を泳いだ先に見えたもの 競泳 富田宇宙」

9月20~21日の深夜、偶然 NHK 総合テレビで、パラリンピック競泳選手、富田宇宙さんのドキュメントを見ました。 パラリンピック競泳、100mバタフライの第一人者、木村敬一選手と、400m自由形の第一人者、富田...
育児/保育/療育

発達に心配がある子どもの進路一覧ピラミッド

子どもの進路についても、相談が多いです。 親御さんは、子どもが生まれた時、子どもの一生分を考えます。 この子の行く末はどうなるのか、兄姉は、学校は、就職は、結婚は、老後はどうなるのだろう、心配が駆け巡ります...
スポンサー広告リンク
タイトルとURLをコピーしました