片付けが苦手な発達障害の子どもに片付けを教える方法

発達障害のある子どもの保護者から、「子どもが片付けが苦手だ」と相談されることがあります。

発達障害のある子どもは、前後関係の見通しが短いため、次に品物を使うことを考えないので、次に使うために元の場所に片付けておくことが難しく、品物を使った時点で行動が終わります。

文字を書く鉛筆は書いたら終わり、それで筆箱にしまえず、出しっぱなしになります。

しかし、それを責めないでください。

自力ではできなくても、鉛筆を手渡し、「しまおうね」と声をかけると、素直にしまえる子どもが多いです。

あるいは学習した後、大人の声かけで、最後の1分で片付ける、ということが可能です。

大人は、品物を使うことと次回のためにしまうことが、一連の行動になっていますが、発達障害のある子どもは前後関係の見通しが短いため、使うことは使うこと、しまうことはしまうことなのです。

大人の一連の行動を分解して、子どもが気持ちよく、片付けに取り組むような声をかけましょう。

子どもを責めるような口調が伝わると、子どもは片付けを嫌いになり、大人の言うことを聞かなくなります。

好きで片付けないわけではありません。

長い行動計画を持つ脳機能の仕組みに、未熟や渋滞があります。

片付けが苦手な子どもは、片付け行動に言葉が関わっていません。

鉛筆を使い終わった時、「鉛筆をしまって」と、脳の中でつぶやくことができないのです。

視覚情報に強く、目で見て真似て、言葉を使わない子どもが、片付けが苦手なケースが多いです。

そこで、「片付け行動」は、片付け行動だけを強化すると良いです。

それには、狭い範囲、小さな場所から、初めは一緒に、片付け行動にチャレンジしてみましょう。

筆箱を片付ける

狭い範囲、小さな場所の代表は、学用品では筆箱です。

小学校1年生の筆箱は、鉛筆と消しゴム、線引き入れになっていることから、片付ける場所3つが分かりやすいですね。

両面開き ペンケース

一つ一つ納めるのは苦手、とにかく入れてしまうだけ、ガバッと開けるものも良いでしょう。

コクヨ ペンケース C2 F-VBF122-7

学校でも、帰りの会のあとで、机の中の引き出しケースを机の上に出して、整理して帰る、ということが行われています。

キッチンカトラリーを片付ける

家の中で、保護者と一緒に片付けの練習をするには、キッチンカトラリーなどが、片付けの手始めには良いです。

スプーン・お箸・それ以外の3種類に分けると、片付けに取りかかるスタートが簡単です。

食器棚収納 カトラリートレー 3個セット 幅6.5×奥行26×高さ4.3cm

片付けには、言葉が関わっているので、3種類以上に細分化すると、言葉による分別が難しくなります。

あるいは、食器戸棚に、お皿とお茶碗を片付けてもらうのも良いでしょう。

食器洗いのお手伝い

食器洗いも、洗剤の泡を使って汚れを落とす、単一の行動なので、好きな子どもさんが多いです。

水ですすぐのは、大人がやれば、きれいに仕上がります。

キッチンに並んで、一緒にやってみましょう。

はじめは、子どもの自由に洗ってもらい、次第に洗い方のコツを教えます。

コップ➡茶碗➡お皿の順に洗うとか、小さなものから大きなものを洗うとか、汚れの少ないものから油の多いものを洗うとかのコツを、「何々から洗えるといいかもね」とおまけの感じで言ってやりましょう。

命令的、批判的にならないように気をつけて。

コツの伝授には、言語が関わっているので、言葉を育てることにもなります。

認めて褒める言葉をかければ、手を動かして、触覚運動を満たすお手伝いは、大好きな子どもさんが多いです。

行動事実を認めます「できたね」「洗えたね」

感謝の気持ちを伝えます「ありがとう」「助かるよ」

共感の言葉を伝えます「一緒にできて嬉しい」「またやろうね」

下着を整理する

パンツだけ整理する、シャツだけ整理する、靴下だけ整理する、1種類の衣類の整理から始める片付けが良いです。

たたみ方は、大人が手伝ってやりましょう。

最近私も、ごちゃごちゃになりやすい衣類を、このようなケースを使うことで、整理できました。

Tシャツ収納ボックス2個セット44cm×25cm×17cm

靴下用の収納ボックスなどもあります。

100円ショップも覗いてみてください。

教科書ノートファイルなどの整理もできます。

夏休みなどの長期休みには、夏休みの課題の他に、狭い範囲、小さな場所の片付け方を、家族で共有できるといいですね。

片付けの行動事実を認め、感謝の気持ちを伝える、楽しいお片付けに。

いつも下のランキング投票画像をクリックしてしてくださり有難うございます。

人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

 病院小児科で臨床発達心理士をしています。
 梅津八三の心理学、行動調整法、子どもの行動理解、育児、教材、ソーシャルスキル、介護、猫の行動について投稿中です。

#猫ちゃんをフォローする
子どもの行動理解
スポンサー広告リンク
#猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました