特別支援教育のポイントは子どもが目で見てわかるように身振りや絵を工夫すること

この記事は約4分で読めます。

「頭の重さは5kg あって重いから、下を向いてスマホをすると頭の重さは27kg になり、首や肩が凝って疲れます。スマホをするときは、両手でスマホを持ち上げて、目の高さで操作してください。」と言葉で説明され、言葉からスマホの使用場面をイメージできて、使い方を改善できたら、首こり・肩こりが減りますね。

大人は音声の言葉から、脳内イメージを持って、行動をコントロールすることができます。

脳内イメージを持ちにくい子どもたちには、脳内イメージを脳外に見せることがポイントです。

スマホの使用場面の絵を見せて説明すると、子どもたちにはとても分かりやすくなります。

目の高さに持つと、首が楽になるね

音声による脳内イメージの共有が難しい時は、脳外の絵を目に見せて話すと、脳内イメージが共有されます。

音声でイメージを持つこでが最高に難しく、身振りや絵はイメージを持ちやすくなります

特別支援教育とは、まさにこの脳外化がポイントです。

余談になりますが、子どもたちが読書よりも漫画や映像ゲームが好きな理由は、文字の言葉だけでイメージをふくらませて楽しむことが難しく、漫画や絵など、より分かりやすいイメージの提供に惹かれるからです。

椅子に座って読みましょう

音声よりも、文字よりも、下のような画像だと、期待される状況がわかりやすいですね。

2枚のカードを同時に見せれば、2つの行動を同時に見比べられます。

✖印に拒否反応示す自閉症のかたであれば、〇印の絵カードだけ見せると良いと思います。

あるいは表裏一体のカードにしておくと、「床で読むのは困るよ」➡「椅子に座って読もうね」と、時間順序で説明するときに、扱いやすいかと思います。

TOSSサークルが開発したソーシャルスキルかるた

猫ちゃんブログで何度も紹介してきましたが、子どもたちに期待される行動が、分かりやすい絵で描かれているカードです。

TOSSサークルの先生方がねらっている、最高に「短い指示語」が、絵のわきに書かれています。

状況が絵でわかりやすいエスコアールの状況認知絵カード

エスコアールの状況認知絵カードも、音声の言葉で言われただけでは、脳内に再現しにくい状況が、分かりやすい絵で描かれています。

TOSSサークルの学校ソーシャルスキルフラッシュカード

授業編、学校生活編、対人関係編の3つがあります。

七五調になっていて、口調が覚えやすいカードです。

⓪物理的な授業ルールのカード1枚として使えます。

①意欲や態度に関わるカードとして使えます。

➁学校で必要な学習スキル・生活スキルのトレーニングに使えます。

③家庭生活・学校生活・社会生活で必要な対人スキルに使えます。

絵や写真を提供できないときは「身振り」運動でイメージと記憶を強化する

子どもたちは、大人が身振りを付ければ、音声からのイメージを持ちやすくなります。

「よく聞いて」の時は、耳に手を当てる身振り。

「よく見て」の時は、両手で眼鏡を作る身振り。

「マスクしてください」の時は、口を手のひらで覆う身振り。

「赤白帽子かぶってね」という時は、両手のひらを頭につける身振り。

足し算の時は、両手を空中で合わせる身振り。

引き算の時は、両手で左から右へ引っ張る身振り。

三角形、平行、垂直、円周、円の中心、直径、半径とはの身振り。

直角、鋭角、の身振り。

音声だけで説明するのでなく、先生が身振りを加えて、子どもたちにも身振りをさせて、弱い聴覚記憶を、運動記憶と視覚記憶で強化してください。

家庭でも保護者が、放課後学童でも指導員さんが、宿題を見てあげるときに身振り解説をしてみせてください。

宿題が楽しくなります。

音声・文字の一つ手前のことばである、絵や身振りを当たり前のように使っていただけると、発達障害のある子どもたちにも、わかりやすい指示、わかりやすいイメージが、保障されます。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました