子どもへの共感とアプローチの方法

この記事は約5分で読めます。

「子どもの世界への入り口」

 中野の著書『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅠ』明石書店 2006年 第1節:心理学について(17頁)によれば、「子どもたちの世界への入り口」が「水道水の泡の話」(16~17頁)のような場面にあると言う。

菅井氏が盲学校の知的障害重複学級に勤務していた時の話である。

「水遊びが好きな子がいて、盛んに水遊びをする。毎日毎日ホースで教室へ水をばらまく。どうしたらいいかわからない。ある時その子が水場でコップにダーッと水を入れていた。入れては捨て、入れては捨て、それを繰り返し長い間やっていた。何をやっているのか、なぜやっているのか、その子の気持ちを理解したいと思う。それで彼の横に行って、一緒にそれを真似してみた。 彼は必ず水道栓をいっぱいにひねって水を出す。私がせめて少し出すようにしようなんて言っても無駄だ。めいっぱいひねって入れて、それを捨てる。勢いよく水を入れて捨てる。その瞬間、ほんの少しだけ、彼が彼の顔のそばにコップを持ってきて、そして捨てる。それを私も一緒にやってみた。自分も同じように顔のそばにコップを持ってきた。その時、聞こえた。プツプツプツプツと泡の音が聞こえた。サイダーみたいな泡の音が消え消えに聞こえる。でもサイダーではない水道水だから、瞬時のうちに音は消えてしまう。だから水を捨てなきゃいけない。水道栓を全開した勢いのある水だからこそ、泡が出る。分かった。これを聞いていたんだ。これをやっていたんだと思った。そして自分も一緒にやって、「わあ、綺麗な音だね」と私が言った。そうしたら、普段、本当に視線を合わすことのないその子が、私の顔を見てくれた。そして私も一緒にやるようにしたら、しばらくしてどういうわけか、それをやらなくなった。」

中野尚彦『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅠ』明石書店 2006年8月 第1節:心理学について「水道水の泡の話」(16~17頁)

のちに菅井氏と対談した中野は、菅井氏が子どもの心への共感を発見した際の菅井氏の気持ちを同書に次のように掲載している。

「最初からすぐにわかったわけではない。本当にそうだったかと言われると確信があるわけでもない。出来事はそれだけであるが、その時発見したことが、今の私の子ども理解の出発点となっている。子どものことをわかるということはこういうことなんだなと、その時思った。子どもと過ごす中で、はっとさせられる場面に出会う。それが自分の見方や枠組みを大きく変えていく、ということがある。」

前出:17頁
水道水の泡の話は、Ⅰ巻の17頁に登場

子どもに共感の言葉を伝える

子どもへのアプローチの最初は、目の前の子どもの考えていることに共感することだ。

菅井氏はそうすることで、子どもがコップの泡のプツプツ音を繰り返し聞いていたことを知った。

そして共感のことば「きれいな音だね」を伝えたとき、子どもと目が合った。

何をやっているのかをしばらく観察し、なぜやっているのか子どもの気持ちを考える、それが関わろうとする我々が最初にやるべきことだ。

子どもの行動を、大人の価値観でいいか悪いかを判断することが最初ではない。

私も似ている体験をした。

子どもが走って行って接近したものを私が言葉にする。「自動販売機だね」

子どもが見つめているものを私が言葉にする。「タダノのクレーン車だね」

子どもが触ったものを私が言葉にする。「非常口のマークだね」

子どもが指差したものを私が言葉にする。「TOTOのマークだね」

そうすると言葉のない自閉症の子どもも、私に目を合わせてくる。

子どもの身体全体の方向、子どもの見ている視線の先、子どもが手で触れたもの、子どもが指差しているものがその子の考えていることだ。

私が代弁すると「そうだね」と子どもが目を合わせてくる。 

「自動販売機があった」「タダノのクレーン車があった」「非常口のマークがあった」「 TOTO のマークがあった」と、言葉の代わりに行動全体で、身体全体で、視線で、手で、話しているのだ。

接近行動は、あった事実についての、子どもの叙述の言葉だ。

その場に一緒にいる我々が、自動販売機だね、クレーン車だね、非常口だね、TOTOだね、と共感を示せば、それが初対面の挨拶になり、親しい会話になり、コミュニケーションになる。

それが子どもへの最初のアプローチ方法で、それは次のプランの提案=教材の提案にもつながっていく。

共感・OK・次のプランでアプローチ

走らない、触らない、投げない、叩かない、壊さない、水をこぼさない、と、ダメ出しばかりではアプローチは受け入れられない。

病院の小児科には、行動の激しさから、ダメ出しばかりされた子どもたちが受診にやってくる。

診察室に入るなり、電気のスイッチをつけたり消したりする子、ドアを開けたり閉めたりする子、ブラインドを上げてしまい下ろし方を教えてくれという子、点滴の棒を外して剣の代わりにする子、その子どもの行動に、場所の探索とその子の興味や関心が見える。

子どもは既にドアを開けているのだが、私は遅れて「ドアを開けていいよ」と声をかける。

「電気を消していいよ、もう一度ブラインドを上げていいよ、ベッドに横になっていいよ、立ったまま書いていいよ」と OK サインを出していると、「病気の人の大事な点滴の棒だから使ったら私に返してね」と頼めばスーッと返してくれる。

「何々していいよ」と子どもの行動に共感し、「何々を頼むね」と依頼すると応じてくれる。

こちらが共感すれば、子どもも共感してくれる。 

それがコミュニケーションだ。

ダメ出しでは共感が生まれない。

「OK サインを出す、次はこうしよう」と誘う。

今の行動は駄目です、というのではなく、次はこういう風に行動してください、と頼めば良い。

走らないででなく、歩いてねと言う。

触らないででなく、好きなんだねと言う。

投げないでと言わないで、私の手に置いてください・乗せてくださいと言う。

叩かないでと言わないで、指相撲しよう・腕相撲しよう・紙相撲しようと言う。

壊さないでと言わないで、触りたいんだね、目だけで見られるかな、と言う。

こぼさないと言わないで、コップの水面を見ながら歩くと運べるよ、と言う。

ダメ出しをしないで、「何々はいいよ、次はこうしよう」とOKと次のプランを言うことだ。 

菅井氏が共感したら、子どもの水道栓の全開が終わったように、共感する人がいれば、子どもは満足して区切りの方向へ動く。

子どもの行動に共感する、そしてOKサインと次のプランを提案する、それが子ども世界へのアプローチ方法だ。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました