特別支援教育

スポンサーの広告リンク
生活

WordPress 無料テーマ コクーンへの寄付を募るお知らせ

皆さんこんにちは。 きょうは皆さんに寄付のお願いをさせていただきます。 自分にクラウドファンディングの企画力がないので、このブログ紙面でのお願いです。 私が投稿しているブログは全て、わいひらさんという...
身振り

音声のない自閉症の一平くんが身体のどこが痛いかを伝える方法

一平くんのお母さんが、前回の療育で「どこが痛いかを言えるようになると助かる」と、話してくれました。 2020年から、一平くんは、目がかゆくて、病院の目薬の処方が欲しい時、小児科の受付で「め め」と、目👁を指差し👆...
心理学的理解

流行のアイロンビーズで自閉症の一平くんの趣味の時間が拡大する

29歳の自閉症の一平くんとの学習は、22年間で320回を超えました。 一平くんは音声言語がありません。 行動や目線や身振りで、考えていることを伝えようとします。 一平くんは、週休4日です。 一平...
文字・国語

学校教育の集団指導場面で漢字記憶を形成する方法

漢字記憶を形成する方法は、①似ている漢字の同時提示、➁へんとつくりを分解して言う、③「ノ木へん」などへんの名前を言いながら書く、④似ているへんの比較照合、⑤差異を際立たせる、⑥差異を言語で言い表わす、⑦身振り・絵・こじ...
文字・国語

物の見え方と不器用さを理解して漢字記憶を助ける方法

今回は、書き文字の中の、特に漢字に焦点を当てて、漢字記憶を助ける方法を探ります。 手先の器用な人と不器用な人がいます。 遺伝的に親御さんからもらった形質から来る運動能力だと思うので、運動音痴でも不器用でも、...
予定表

カレンダーを手がかりにして、暦についての会話や、給食当番を意識する方法

児童支援会議に、定期的に出席しています。 今回は、カレンダーについての会話のやり取り形成と、給食当番を意識する方法の、2つの話題が出ました。 先生の脳内を脳外に見せる正答教授法と、暦の会話の形成 私か...
数・算数・数学

数学の文字式を助走と空間整理で学習する

小学校の算数は、3年生頃から抽象的になり、難しくなります。 算数文章題は、文章の意味を取れたか? 絵を描いて考えることが、解法のポイントでした。 小学校低学年から、文章の意味を身振りや絵にして、イメージを強...
特別支援教育とは

特別支援教育指導のコツは脳外化

保護者も教師も、意識して工夫すべき、最も重要なポイントがあります。 子どもと大人、お互いの脳内イメージの、「脳外共有」です。 学習は、お互いの脳内イメージの共有化、脳外イメージの高次化にあると考えています。...
特別支援教育とは

子どもの好きな昆虫を学習への動機付けに使う

誰でも、好きなものに対しては、行動意欲が高まります。 好きなものの情報を集め、好きな物を獲得しようします。 私だと猫のテレビ番組を見たり、猫の雑誌を手に入れたりします。 好きなもので家族と楽しさを共有...
絵カードコミュニケーション

興味のある好きなマリオを利用してコミュニケーションを拡大する

N 君のお母さんは 、N君の生活を、視覚情報で整えようと努力されています。 私も視覚情報の多用によってN 君のコミュニケーションが多彩になると良いと考えています。 最近、お母さんから、5つの相談がありました...
数・算数・数学

小学校低学年の算数文章題を絵・身振りでイメージする

低学年の算数文章題を解けるには、国語の音読もスラスラ読める力が必要です。 算数文章題をスラスラ読めないとき、絵・身振りが、理解を助けます。 「おりがみが」と読める子どもは、「おりがみ」の意味がわかり、折り紙...
数・算数・数学

小数わり算文章題を助走問題と絵で理解する

今回出逢った学習は、小学校高学年の、小数わり算の文章題です。 「6.3 m の鉄棒があります。重さは7.56 kg です。1 m あたりは何 kg ですか?」と言う、子どもの日常生活の算数を超えていると思われる、...
絵カードコミュニケーション

言葉で伝えやすくする 画像を使ったコミュニケーションシートの作り方

脳の中にある考えを音声の言葉に変換して、相手に伝えることが難しい子どもさんがいる。 どんな教材・どんな道具を使えば、その子どもさんが考えを相手に言葉で伝えやすくなるのか、お母さんと一緒に考えた。 言葉とは脳...
分類・色・大小・長短

色の分類・大きさ比べ・長さ比べに子どもの好きな物を使えば意欲・集中・着席も増加する

L 君の好きなものは、恐竜、動物、魚、アンパンマン、となりのトトロ、おやつだ 。 お母さんも、L君の着替えが起きやすいように、恐竜の T シャツ(西松屋にあり)や、恐竜のマスクを購入してくれる。 私も L ...
玉入れ・填め板

子どもが集中して着席する 見通し写真カードと分割ソフトパズル

保育園の年中児、4歳の L 君は、お母さんと、病院小児科の療育に、隔週でやってくる。 お母さんの願いに添って、小学校入学を目指して、着席時間を増やす係わりを心がけている。 活動の見通しの提示と、教材の変更が...
絵カードコミュニケーション

絵によってコミュニケーションが進化する成人の自閉症の一平くんの場合

一平君は、音声のない、29歳のハンサムな自閉症の青年だ。 最近、付箋紙に描いた絵によるやり取りで、コミュニケーションが進化している。 ①マラソンのルート変更・②将来の生活拠点の話・③調理の手順、の3つについ...
iPad

iPad 音声入力アプリ「かなトーク」自閉症の一平君の場合

一平くんは、音声言語のない自閉症の29歳。 7歳からの付き合いだ。 一平くんとの学習は22年間で、300回以上になる。 小中学校は特別支援学級、 高校は高等養護学校で学んだ。 学校と勉強が大好き...
iPad

iPad 音声入力アプリ「かなトーク」ダウン症のまさや君の場合

まさや君は、ダウン症の25歳。 ここ2年くらい、まさや君の話し声が非常に小さいので、お母さんが悩んでいる。 まさや君は、ダウン症のため、構音が不明瞭だ。 自分の伝えたいことが正確に伝わらないため、声が...
特別支援教育とは

特別支援教育とはどういう教育か?

特別支援教育の特徴は、以下の3点にまとめられる。 脳内イメージの脳外共有 、心理学的輔生工作、認知特性の理解、である。 教育仮設37-1 脳内イメージの脳外共有 お互いの脳内イメージを、何らかの方法で...
英語

ローマ字の歴史とローマ字の役立て方

教育仮設30-1 日本の識字率 日本は、国民が読み書きできる識字率が、99%と高い。 世界には識字率が低い国もあって、エチオピアで41%、 ニジェールで15%だ。 識字率が低い国は、5歳までの乳幼児の...
英語

英単語習得の特別支援教育には音節分けとカタカナ振りが必要

教育仮設29-1 小学校の英語の授業は楽しい アメリカ・イギリスなどからやって来たネイティブの先生が、英語の授業を教えてくれる制度が始まって久しい。 日本の子どもたちが、受験英語だけでなく、グローバルな人材...
特別支援教育とは

貧困に対する特別支援教育

教育仮設28-1 個別指導の力と集団指導の力 毎週月曜日の22時に放送されている NHK 総合テレビ逆転人生「貧困の連鎖を断て!大阪府立西成(にしなり)高校の挑戦」を2021年1月25日、たまたま見た。 前...
タイトルとURLをコピーしました