介護アイディア

介護アイディア

ヤエさんを見送って 三回忌

 98歳のヤエさんを在宅介護で見送って、本日でちょうど丸2年が経った。 1920年生まれのヤエさんは、生きていれば今年100歳だ。 ヤエさんは、25歳で終戦を迎え、そこから美容師になって85歳まで60年間働いた。 今はヤ...
介護アイディア

働き盛りの介護者の悩み 親が在宅介護を望む時の解決法

仕事か 介護か  在宅介護を望む高齢者の親御さんがいたとします。 持ち家に住んではいるものの親御さんの経済は国民年金だけです。 介護者は、常勤でフルタイム勤務の仕事を持っています。 常勤とはいえ、家のローンや子ども...
介護アイディア

認知症の人と介護する人の二つの世界

共感  一人一人の考え方や生き方が大切にされ、多様性ということが認められるようになった。 私もそれに賛成である。 私は普段、世界が二つあると思っている。 自分の世界と自分以外の他者の世界だ。 自分の価値観と自...
介護アイディア

猫がくれた2倍の幸せ

猫好きのヤエさん  ヤエさんは子どもの頃から猫が好きだった。 猫を飼いたくて、ある時は隣の家までもらいに行った。 2010/11 90歳 要介護1 そうやって子ども時代はいつも猫のいる暮らしをしていた。 大人...
介護アイディア

介護を楽にする34のワザ 公開

 仕事と介護で忙しく、ゆっくりブログを読む暇のないあなたに、介護ストレス・家事ストレスを減らす、頑張らない介護アイデア34を紹介します。 家事は三種の神器を使う ①全自動食器洗い機    :食器の数を少なくし、使いまわせる食器...
介護アイディア

高齢者の趣味と幸せ

ヤエさんは綺麗なものが好き  ヤエさんは綺麗なものが好きだ。 終戦の時に25歳だったヤエさんが27歳で美容師になったのも、そういう理由からかもしれない。 ヤエさんは花の中でも可憐な花が好きだ。 庭がある家に住んでい...
介護アイディア

認知の退行で起きる問題の解決方法 その2

電気は大事 電気代は高い  1920年生まれのヤエさんにとって電気代は高いもの、電気は節電するものという考えが若い時から90歳代まで染み付いていたと思う。 90歳で要介護3になったヤエさんに、5年にわたって、節電行動とコード抜...
介護アイディア

認知症者の記憶の工夫 その1

忘れるということを理解する  83歳で認知症の診断を受けて、87歳で要支援2の認定が出るまで、ヤエさんの記憶が弱くなっていく症状について、家族はなかなか理解することができなかった。 仕事で認知症者にかかわる場合には、客観的に症...
介護アイディア

デイサービスの選び方

医療型デイサービス定員25人  皆さんのご家族が通われているデイサービスはどんな対応だろうか? 我が家は11年間で3つのデイサービスを経験した。 デイサービスは、リハビリに特化したデイサービスを選択するなど、2か所を同時...
介護アイディア

介護保険制度 介護サービスの利用経過

認知症を本人はどう受け入れるか?  家族の認知症を疑って、病院に連れて行こうと思っているところだったり、介護が始まったばかりで不安に思っているところだったり、様々な介護の岐路に皆さんが立っていることと思う。 ヤエさんが認知症診...
介護アイディア

介護を楽にする衣類の選び方

おしゃれなヤエさん  ヤエさんの衣類は、ヤエさんの好みの定番があって、購入は楽だった。 89歳、要介護1まで、ヤエさんが杖で歩けるうちは、デパートや大型スーパーへ一緒に買い物に行った。 要介護3になってからは、コンパクト...
介護アイディア

介護を楽にする室内冷暖房の方法

ストーブ・ファンヒーター・温水ルームヒーター  ヤエさんも私も昔の人間なので平成になってもなかなかエアコンを使わない暮らしをしていた。 1974年、昭和49年のオイルショックのあと、灯油が安かった期間が何年も続いたので我が家は...
介護アイディア

足のむくみを取る方法と足の保温法

表在静脈の詰まりによる かかとの紫色  ヤエさんは55年間の美容師の立ち仕事と、80歳の早朝高血圧の小さい脳梗塞で、80歳以降右足を少し引きずるようになった。 85歳から、戸外は1点杖(ダイソーのもの)、自宅の室内は手すりを使...
介護アイディア

介護を楽にする褥瘡の治療法 要介護5 

右のかかとの血腫と水泡  2018年の4~5月、要介護4のヤエさんは、グループホームへ20日間お世話になり、病院に28日間入院した。 グループホームを退所して、5月末から、自宅で車椅子とベッドの生活を始めた。 6月からは...
タイトルとURLをコピーしました