ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

認知の退行で起きる問題の解決方法 その2

この記事は約6分で読めます。

電気は大事 電気代は高い

 1920年生まれのヤエさんにとって電気代は高いもの、電気は節電するものという考えが若い時から90歳代まで染み付いていたと思う。

90歳で要介護3になったヤエさんに、5年にわたって、節電行動とコード抜き事件が何度か起きた。

90代のヤエさんは夜中に2度ほどトイレに起きる習慣だった。

ヤエさんの節電行動は決して悪いものではないが、冬、暖房している家族にとっては困った事態になった。

トイレヒーターのコードを抜く事件

要介護1 90歳 2011/ 2/ 9

ヒートショックのない部屋の作りとはいえトイレには戸があり、室温と多少の温度差がある。

冬、室内温度を15°Cから18°Cくらいにして寝ていた。

要介護1、90歳のヤエさんが一人で夜中一度目のトイレに起きた時、狭いトイレが多分20°Cくらいで室温より高く、ヤエさんは便座に座った時にトイレを暑く感じたのだと思う。

 トイレヒーターのスイッチが、朝、切ってあった。

スイッチは見えない位置に

明け方6時頃が一番冷えるので、ヤエさんが2度目のトイレに起きたとき、トイレが寒いことを私は心配した。

私はトイレのヒーターのスイッチを紙コップの蓋の底の部分で隠した。

ヤエさんはトイレのヒーターのスイッチが見えなくなったので、ヒーターとは反対側のコンセントからコードを抜いた。

暖房便座のコードもコンセントが一緒だったので、便座は冷たくなり、トイレの水も流れなくなった。

2012/11/15 文字で依頼

認知症の方は、自分がこうしようと思った時の、それに向かっていく時の自己解決力がすごい。

徘徊が頻発するかたは外に行こうと思うと、家族のほんのちょっとした行動の合間に家を出て行くそうだ。 

私は元のヒーターの位置をの180度反対側に変えて、ヒータースイッチもコードコンセントも便座に座ったヤエさんから一番見えにくいところにヒーターを置いてみた。 

90歳ではまたまだ文字が有効だったので文字で「触らないでね」とボール紙に書いて頼んだ。

ボール紙で隠す

コンセントが見えないようにコンセントを文字の紙で覆った。

これでヒーターのコードを抜く事件は解決した。

その後は認知の退行で次第にコードを抜く考えもなくなって、トイレ暖房を切る事件は起きなかった。

エアコンのコードを抜く事件

要介護3、91歳の夏、ヤエさんがエアコンのコードを抜いた。

要介護3 2012の夏 ベッドに上がりコードが見えていた時はコードを抜いた

エアコンのコードは壁の高い位置にある。

ヤエさんはベッドに登り壁からコード抜いて、エアコンを止めた。

エアコンコードの3点プラグは簡単にさっと抜けるものではない。

ヤエさんが帰宅する前にタイマーで稼働していたエアコンが寒かったのか、音がうるさかったのか、夕方一人で留守番している1時間のうちに、ヤエさんがエアコンコードを壁の高い位置にあるコンセントから抜いた。 

足が悪いはずのヤエさんの行動力にびっくりした。

そこでトイレのヒーター同様にコンセントをボール紙で見えないようにした。

コンセントとコードをボール紙に書いたお願いの文字で覆った。

ボール紙は折って高さを作り、コンセントから離れるように画鋲で取り付けた。

2012年の夏・冬以降、ずっとふさいでおいた

同様の状況は介護施設のエレベーターボタンに透明の蓋がつけてあることと似ている。

我々は透明の蓋を持ち上げて必要な階を押す。

認知症の方は透明のフタを開けることに考えが及ばない。

私はふさいだ紙に、夏の「涼しく」だけでなく冬の「暖かく」も書いた。

さすがにエアコンのコンセント位置が高いせいか、これは二度目は起きなかった。

まだ文字もヤエさんに有効な時期だった。

温水ルームヒーターのタイマーを切る事件

要介護3、91歳の冬、今度は温水ルームヒーターのタイマーを切る事件が夜中に起きた。

夜中、ヤエさんがトイレに向かって歩いていくと、正面に温水ルームヒーターの緑色の時刻ランプが見える。

翌朝暖房が入るように設定してある。

90歳要介護1まではそういうことはなかったが、91歳要介護3のヤエさんは、その緑色の時刻ランプを暖房機のオン状態と考えて毎晩切った。

赤い切ボタンを押しても、緑の時刻表示は消えないので、切ろうとして何度も何度も赤い切ボタンを押したらしい。

オンオフを繰り返されて、マイコンが一時的に壊れて、朝、私がスイッチを入れても暖房がつかなくなった。

この時、まだ私は、ヤエさんと別の階で寝ていたので、夜中のヤエさんのこの行動を知らなかった。

ヤエさんと同じくらいの認知の力がある方は施設で様々にこういう行動が起きるのだと思う。

たまたまヤエさんは自宅で毎日付き合う家族が決まっているので、ヤエさんが起こす行動の理由がわかりやすい。

施設では介護士さんが交代で見るので、困った行動だけが大きく取り上げられ、理由の推測は5倍の時間と労力がかかる気がする。

夜中のヤエさんの行動を知らない私は、2度にわたって修理業者を呼んで、、室内機を修理に出し、室外機も調べてもらったが、原因がわからなかった。

マイコンの一時的な故障なので、コードをコンセントから抜いて初期化すると、1日後には復活した。

その繰り返しだった。

ある時、明け方ヤエさんの様子を見に起きた私は、温水ルームヒーターの赤い切ボタンを押しているヤエさんとばったり出会った。

あーそうだったのかと原因がわかり、ヒーターに大きな紙をかけて緑ランプが見えないようにした。

翌年は新聞をかけておけば済んだ。

緑ランプが見えない、物理的な対応が一番効果的だった。

ヒーターの背面の排気の関係も考えて、オンオフボタンだけを出しておき、緑ランプは見えないように小さな紙を横長に貼って使用した。

加湿空気清浄機についても、デロンギオイルヒーターについても同様にして、操作部分に紙を貼ってヤエさんに見えないようにした。

 91歳で始めたこのボール紙と文字で隠すやり方は94歳まで有効だった。

電気釜のスイッチを切った事件

時 分 の上部分のタイマーの緑ランプを隠した

94歳、要介護4、電気釜のスイッチを切る事件も起きた。

朝、ご飯が炊けていなかった。

やはりタイマーの緑ランプがヤエさんにとってはオン状態に思えたらしい。

そこですぐタイマーの緑ランプが見えないように黒い紙を貼った。

また、可能な限り、ヤエさんのいない時間帯にご飯を炊いた。

94歳 2015/4/7
トイレ表示を目立たせる

94歳の同時期、他のことではヤエさんはトイレの場所がわからなくなった。

トイレを行き過ぎてしまうので、ボール紙のトイレの表示がヤエさんの目の前に飛び出るようにした。

私もヤエさんと同じ階で寝るようになり、ヤエさんがトイレに起きると私も起きて介助した。

95歳からは夜間もリハビリパンツになり、つなぎパジャマで一晩中寝ているようになり、コンセントからコードを抜く行動はなくなった。

問題行動に終わりが来る

要介護1から要介護4まで、ヤエさんの節電行動とコード抜き事件が何度もあった。

97歳、要介護4の後半、ヤエさんから音声の言葉が失われ、テレビを見ても拍手や指差しで言葉の代わりの身振りに退行したころは上記のような事件を起こす力もなくなった。

徘徊や暴力、強迫行為など、強い症状にお困りのご家族がいらっしゃると思う。

一概には言えないが、我が家の例では、3~4年でその症状も小さくなり、その行動もその力がなくなっていく気がする。

問題行動のトンネルもきっと出口が来る。

そう思って対処法を見つけて凌いで欲しい。 

スポンサーリンク
猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました