ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

だんご差し教材の紹介

この記事は約7分で読めます。

 玉入れ教材には種々のバラエティがある。

球体の玉入れが上手くなったら、棒さし・リング差し・だんご差し・スリット通しへと進む。

その先に見えているのは立体から平面に近づく填め板である。

教材No.04-1 棒さし

ボールは手の平とおおざっぱな指使いでつかめるが、棒さしはもう少し手指の巧緻性が要求される。

水口浚先生から頂いたカラフルな蛍光色の棒差しは子どもたちに大人気だ。

棒が穴にスーッと吸い込まれる感じの素晴らしい出来上がりだ。

お菓子のたまごボーロをつまみにくい子どもさんも、水口先生の棒さしの棒はつまんで楽しそうに入れる。

飲み物のブリックパックの中央を押すと中身がぴゅっと出てしまうのでお母さんはカバーをかけて工夫してくれている。

年齢や学習を重ね、手先が発達するまでは、生活場面でもこういう物理的な工夫が大事だ。

手先の器用さだけが単独で発達するわけではなく、手指の巧緻性には全身の運動発達も必要なので、この子どもさんとは階段登りも毎回行なった。

さいわい6階の屋上に行くことが好きな子どもさんだったので、楽しんで昇降できた。

KUMON には5色50個の棒さし(正式名称は「すうじペグボード」)もある。

これは形状が四角柱で方向があるから、方向のない円柱よりは難しい。

機関車トーマスが好きなお子さんなら、小さなトーマスシールを棒の上下のてっぺんに張ってやると10個並べることを喜ぶかもしれない。

標識が好きなお子さんなら、標識のミニシールを棒の上下のてっぺんに貼ってやると良い。

並べることが好きなお子さんにも棒さしは向いている。

教材No.04-2 リング差し

ボールも、棒も、リングも、だんごも、入れるということに慣れておくと、様々に学習は進展する。

棒が先か、リングが先か、だんごが先か、分からない。

子どもの喜ぶもので進め、バラエティーを作るといいと思う。

ピンポン玉やビー玉はダイソーなどにあり、棒はホームセンターで売っているものをノコギリでカットする。

穴開けは、ボール盤がないと開けられない。

カインズなどのホームセンターではベニヤ板や棒は1カット50円で指定のサイズにカットしてくれる。

カインズの会員になっているとカインズで買った材木はその場で5カットまで無料でしてくれる。

1カット50円を高いと思うか安いと思うかは個人の諸事情による。

どんな材質でもカットできるノコギリはホームセンターで1000円から2000円くらいで売っている。

水道管の塩ビ管の筒差し
水道管の塩ビ管に水性エナメルを塗る

リングは水道管の塩ビ管をノコギリでカットしたものだ。

リングを入れる、方向が自在のジャバラは、瞬間湯沸かし器の先の器具である。

ホームセンターのリフォームのコーナーにある。

値段は高い。

針金のくねくね教材は市販品でも販売されている。

良いものは5000円くらいする。

私はくねくねの針金が1本だといいと思う。

これを楽に扱う子どもさんは3本の針金を楽しめるらしい。

一時期ダイソーにも小さなくねくね教材があったが、これはやはり画像のような大きなものが良い。

紐通しは最低でも3~4cm の大きな粒のサイズのものが良いと思う。

紐の先は、ボンドやセロテープで硬くして、入れやすくする。

画像右端の紐通しは保育教材で3000円ぐらいする。

紐通しが出来上がったら家族の首にかけてあげたり、先生にかけてあげたり、出来上がりの楽しみがある方が良い。

ただの手の訓練では味気ない。

出来上がったのに、その場でまたほぐされると、終わりが分からず、パニックの原因になることがある。

出来上がったら画像に撮ったりして、写真で見せると良い。

「紐通しのアルバムが10枚たまると(きょうのor今週の)練習終わり」のような、終わりの見通しが立つ紐通しが良い。

そういう理解が難しいかたは、一度の完成で十分だ。

2回目は、洗濯ばさみネックレスなど、ほかの材料にした方がいい。

教材No.04-3 だんご差し

だんご差しは入れる運動感覚を楽しみながら、数の系列化へと進展させる教材だ。

保育教材や木のおもちゃを扱う店舗で、カラフルなだんご差しが市販されている。

これらは安くても2000円くらいし、高ければ3000円ぐらいする。

市販品は美しいが、棒の頭がだんごより、1cm ~2 cm 飛び出ていることが多い。

これは、棒にもう1つ、入ってしまう可能性があって、子どもに誤解を起こさせる。

だんごの数量の分、棒の長さもぴったりとカットされている方が良い。

かつて、ニトリのキッズコーナーでも、だんご差しが販売されていた。

トイプラネットのようなおもちゃの再販店には、今でもそれが販売されている可能性がある。

ただし、棒の高さはすべてだんご5個分の高さまであり、だんごを5個ずつ差すことだけを楽しむものである。

私は数の「序数と基数」の学習に使いたいと思って購入したので、棒の長さが、だんご1~だんご5の高さになるように、のこぎりで棒を切った。

初めは、棒の長さが量と対応している方が、やさしい。

1個2個3個という、量の意識を子どもに持ってもらうことは、とても難しい。

1~5の量の理解が完成すれば、棒はすべて5の長さがあっても良い。

そこでニトリのだんごをセロテープでくっつけて、1回で1の量、2の量、3の量が棒に入るようにした。

だんご差しの仕事はすぐ終わってしまうが、この方が棒の長さとだんごの数を対応させやすい。

ニトリのだんご差しは販売当時980円だった。

同じ色1色のだんご差しにしたいと思ったが、さすがに5個、5000円は買えなかった。

同色にしたいと思うのは私のこだわりか?

最近ダイソーに、画像、右端のようなだんご差しが販売されている。

数千円のだんご差しに比べたら、100円だから、材料はちゃちだ。

細い棒は下がハメ込みでなく、ボンドでついているだけなので、すぐ外れる。

私は棒の周りにボンドをたっぷり付けて補強した。

ダイソーのこのだんご差しも、カラフルな5色のだんごでできている。

100円なのでこれは5個買った。

すると同色のだんご差しが作れる。

100円なので、惜しげなく、ボンドでだんごを貼り付けた。

1回の仕事で、子どもはだんごを棒の高さのところに入れる。

修正も起きやすい。

階段状だということが、比べやすい、分かりやすい、出来上がりやすい。

棒の高さと、接着しただんごの量が一致するようになったら、バラのだんごでもやれる。 

バラのだんごの時は、子どもは入れることに一生懸命なので、「1、12、123、1234、12345」という数唱は、こちらが言ってあげると良い。

ダイソーは安くて教材費が助かるが、一度ワーッと販売すると、同じ商品の再販は無いので、その時に手に入れないと、後では入手が難しい。

棒差しとだんご差しを合体したような教材に、立体積み木さしや、立体積み木構成がある。

立体的な教材で、様々に形を意識させておけば、填め板の形合わせに繋がりやすい。 

教材に適度な重みがあること、それが木製のおもちゃの良い点である。 

丁寧に磨かれ、カラフルであることも大事だ。

口に入れる子どもさんもいるので、扱うときは目を離さず、飲み込みに注意し、片付ける時はノンアルコールの除菌ティッシュ等で拭いておく。

教材を写真に撮ってカードにしておけばどの教材を使いたいかの意思表示ともなる。

あるいは、これをやろうと言う予定・予告にもなる。

玉入れやだんご差し辺りを学習する子どもさんは、2 L ~はがきサイズくらいの大きめの写真が良い。

線図形や文字の学習ができるような子どもさんは L サイズの写真で良いようだ。

「この範囲を見てください」と伝えるために、提示するときに、たいてい木製の枠・ホワイトボード・箱の蓋を使う。

画像の枠は、縁が浅く、子どもの操作の邪魔にならない、ダイソーの将棋盤の裏を使用している。

スポンサーリンク
猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました