教材づくりの順序

スポンサー広告リンク
育児/保育

100円ショップで準備できる幼児が喜ぶ市販教材2021年版

緊急事態宣言が出ているコロナ禍や豪雨被害のもとで、家庭も学童も保育園も学校も2学期を迎えようとしています。 今回は、2021年に100円ショップやヤフオク、Amazon で見つけた、市販教材の新製品を3回にわたっ...
教材づくりの順序

数概念形成の教材と指導法Ⅱ

 数の概念形成学習の、主な教材の概要について、後半を紹介する。 ⇩教材No.31  いったん10と書いて、0の上に1・2・3・4・5を書くと、11・12・13・14・15と書けるようになる。 いつでも...
教材づくりの順序

数概念形成の教材と指導法Ⅰ

 文字や数の系統性の概要については、2020/8/16に投稿した。 また言葉の概念形成の概要については、2020/8/19にまとめ、2020/8/24運動感覚~2020/9/21脳外作文まで詳述してきた。 ...
教材づくりの順序

教材目録と 言語形成指導順序の紹介

人の行動理解と、言葉の発生の系譜については、梅津八三が語っている。 当ブログの2020/8/15.18や、梅津の著書を参照されたい。 子どもの心の理解については中野、木村、小竹らが語っている。 当ブロ...
教材づくりの順序

ことば形成の方法 と ことば形成の教材

見本合わせ法で ことばを形成する  心理学者梅津八三は、人が生まれつき持っている行動について、生得的行動と述べた。 言葉の発生も、生得的な仕組みである。 梅津は生得的行動である言葉が渋滞している子ども...
教材づくりの順序

文字や数の系統性と指導の方法

初期学習・基礎教育  初期学習とは、梅津八三と共に、しげ子とただおについて、山梨県立盲学校で盲聾二重障害児の研究をした重複障害教育研究所の中島昭美(あきよし)が使った言葉である。 初期学習とは、赤ちゃんが初...
スポンサー広告リンク
タイトルとURLをコピーしました