野良猫を車庫で飼う 家族の同意が得られるまで

この記事は約2分で読めます。

3 車庫での暮らし

 私は猫を好きだったものの、衣類や寝具に猫の毛が付くことは避けたかった。

飼い始めは猫たちを家の中へ入れる気もなかった。

私は猫たちが車庫を寝泊りに使わないかと考えて、車庫の棚に猫ハウスを置いた。

車庫内の猫ハウス

外から丸見えの温室より、車庫ならば親子が安全に眠れる気がした。

庭から車庫へ出入りする引き戸を開けたままにしてみた。

母似

母猫は、用心深く、車庫のあちこちの匂いを嗅いだ。

子猫も車庫に興味津々で、車庫の棚に上ったり下りたりして、物音に驚いては興奮し、飛び上がった。

餌を車庫の隅に置いた。

トイレは庭の隅で済ませてくれるようだ。

車庫から庭への引き戸を10センチほど開けておくと、猫たちは庭と車庫を自由に出入りした。

母猫は私の接近に対して、3日ほど毎回「フーッ」とうなっていたが、給餌の魅力に負けたのか、数日で、餌をやる私にその背中を撫でさせるようになった。

背中を撫でさせる。

夏の終わり、母猫はゴロンと横になり、私にお腹を見せて撫でさせた。

もう「フーッ」と言わなかった。

母猫は、かつて家猫だったと思わせる人懐こさを見せるようになった。

声を出さない、めったに鳴かない猫だ。

鳴くと、よそ猫に居場所を知られて、子育てが危険にさらされる。

用心して鳴かないのかも知れなかった。

もの静かで、利発そうな母猫だった。

3匹の子猫たちも、それぞれに個性的だった。

中でも灰色子猫は初めから私に近寄って来て、人懐こく甘えてお腹を見せた。

人懐こい灰色

白黒模様が母親似の子猫はひょうきんな元気者で、黒い子猫は用心深く私には全く近寄らなかった。

猫の兄弟でも個性がみな違うのだから、人間ならばなおさらだ。

猫たちは毎日車庫で餌を食べ、庭で遊び、温室で昼寝し、夜にはたいてい車庫で眠るようになった。

秋が近づいた頃から、母猫の毛づやが良くなった。

栄養が足りて来たのだ。

人間と同じに、授乳中の母猫には、普段の倍の栄養が必要であるに違いない。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、市販教材などについて紹介しています。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
野良猫お母さん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました