ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

介護保険制度 介護サービスの利用経過

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

認知症を本人はどう受け入れるか?

 家族の認知症を疑って、病院に連れて行こうと思っているところだったり、介護が始まったばかりで不安に思っているところだったり、様々な介護の岐路に皆さんが立っていることと思う。

ヤエさんが認知症診断を受けたのは、83歳だった。

通いなれた内科で、内科医にヤエさんの最近の物忘れエピソードを私が話すと、「いいお医者さんがいますよ」とヤエさんに言ってくれて、神経内科医に回してくれた。

語り口がソフトな、優しい30代の神経内科医は、その場で簡易MMSE検査をしてくれて、ヤエさんに向かってにこやかに「記憶が少し大変になっています。脳の写真をこの次に撮りましょうね」と言ってくれた。

MMSE検査で単語を覚えておく項目があったが、その場でその記憶が自分でも悪いと思えたヤエさんは、明るい笑顔で照れ臭そうに、画像検査を受け入れた。

1920生まれのヤエさんは医師のような尊敬すべき権威に弱く、素直だった。

そういう具合で、我が家は「直近の記憶が大変になる高齢者」ということを、本人が穏やかに受け入れた。

祖父が85歳くらいから認知症の症状があったことも、ヤエさんにとってはよかった。

83歳の自分にも来た、自然な老化として受け入れられたと思う。

その後もヤエさんは、物忘れのために悲しんだり、怒ったり、徘徊や妄想などはなかった。

レビー小体型の認知症は幻視・幻覚があるなど本人にも家族にも大変な症状があるが、ヤエさんは穏やかなアルツハイマー型認知症だった。

ヤエさんが利用した居宅介護の15年

 介護が過ぎた者にしか語れない、介護の経過を以下に書いてみたい。

皆さんの介護の見通しの1つの例になったら、嬉しい。

0.認知症診断だけで家族が見ていた     (4年間)     83歳~

以下は、介護保険制度利用の居宅介護が、約10年だった。

1.自治体高齢福祉課の高齢者認知機能支援教室(1年半)要支援2 87歳~

2.通所介護(デイサービス、医療型25名定員)(1年半)要介護1 89歳~

3.認知症対応型通所介護(デイサービス12名)(1年半)要介護3 91歳

4.認知症対応型通所介護(デイサービス12名)(5年間)要介護3 92歳~

最後の1年は施設介護・病院入院など、あちこち右往左往して、最後は居宅介護で、自宅で看取った。

ここからは車椅子移動と一日中オムツの生活になったから、介護認定を受ければ、要介護5になったと思う。

5.介護老人保健施設(これは施設介護に相当)(2か月)要介護4 97歳

6.デイサービス付き高齢者住宅(25名定員) (3日間)要介護4 97歳

7.小規模多機能型居宅介護(宿泊30日迄12名)(1か月)要介護4 97歳

8.認知症対応型共同生活介護(グループホーム9名)(1か月)要介護4 97歳

9.病院に3回入院、脱水、尿路感染症、発熱 (2か月)要介護4 97歳

10.認知症対応型通所介護(デイサービス12名)(4か月)要介護5 98歳

11.訪問医療を使う予定だったが使う直前に、自宅で逝った。

他に利用できる介護保険制度

1.特定福祉用具購入(ケアマネ相談➡申請➡許可。毎年、年間10万円まで)で、ポータブルトイレ、入浴椅子、入浴手すり、移動用リフトの吊り具部分などを1割負担で購入できる。

2.福祉用具貸与(ケアマネ相談➡申請➡許可。12品目を1割負担でレンタルできる)で、徘徊探知機・離床センサー、4点杖、歩行器、車椅子、玄関スロープ、ベッド、エアーマットレス、移動用リフトなどを借りられる。

3.居宅介護住宅改修(生涯にトータルで20万円まで。手すり、便器取り換え、段差解消、床面変更、扉の取り換え、などの5種類の工事と付帯工事)で、玄関手すり、室内手すり、浴室手すりなどを付けられる。

我が家で使わなかったが早期に使うといい訪問医療制度

介護の渦中では、私は制度とサービスの全体がよく分かっておらず、分からないまま知っている介護だけを利用して、喫緊に必要なものを購入する介護だった。

要支援2~要介護4まで、毎日自宅から通えるデイサービスしか考えたことがなかった。

要介護4の後半になって、30日まで泊まれるショートステイと、入所させる介護老人保健施設(いわゆる老健)を初めて考えた。

要介護4で、訪問医療と訪問看護を早期に使うと良かったと後になってから思った。

ヤエさんは要介護4まで、通院できる期間が長かったので、いつ訪問医療に切り替えるといいのか、私がわからなかった。

入院が頻繁に起きたら、在宅介護では、訪問医療に切り替えるといい。

車椅子通院のために福祉車両を購入しなくても、歩けるうちに訪問医療に切り替えたらよい。

初めての介護では、経験者からの情報が大事だ。

毎日通っているデイサービスの介護士さんや、ケアマネージャーさんにその場で尋ねて、制度を図解してもらうか、制度の冊子のページを説明してもらうとわかりやすい。

介護うつになると、とにかく閉じて休んでいたいから、ケアマネさんに質問することも次の施設へ見学に行くこともできないほど疲れている。

皆さんは居宅介護でつぶれないうちに、施設介護も見学して、次の段階を予測しておいてほしい。

スポンサーリンク
猫ちゃん

 臨床発達心理士と特別支援教育の仕事をしています。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアを書いています。7匹の猫生も紹介しています。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症だったヤエさんが一匹一匹の猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と総称して可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました