同時提示・同時比較で、脳内作業を可視化する方法

この記事は約6分で読めます。

教育仮設No.6-1 脳内作業を可視化する

 自分が脳内で考えているすべての事象を、相手に実物で提示することはできない。

例えば、友達に「昨日電車で東京へ行った」と話す場合、電車という乗り物も、東京という街並みも、相手に実物で見せることはできない。

我々は、実物の代わりに言葉を使う。

スマホで電車を見せたり、東京の街を見せたりすれば、相手には事象が可視化されてわかりやすい。

言葉だけで伝わる相手には言葉でよいが、言葉だけでイメージを共有してもらえない時は、写真や絵や身振りや文字も使う。

自分の脳内イメージを、相手に可視化して伝えれば、相手にわかりやすい。

教育現場でも同じだ。

先生が意図する事象の属性を、先生が選択肢で同時に提示し、子どもが選択肢を同時に比較することで、子どもの比較照合・抽出選択が起きやすくなって、子どもが解答する。

特別支援教育とは、先生の脳内を、子どもにわかりやすいように、脳外に可視化することであると、私は考えるようになった。

梅津八三や中野が、「見本合わせ行動」と呼ぶ事態が、その最たるものである。

以下に、脳内作業の可視化例を、画像で紹介する。

教育仮設No.6-2 同時提示・同時比較の事態

①見本合わせ

木片の🔷青四角が見本項、下の四枠が選択項、正答がわかりやすいように見本項🔷は不正解の🔴の3枠には入らないように3枠は埋められ、正解の🔷が孤立項になっている。⇩

➁見本合わせによる対応

見本合わせで正答しやすいように、填まる形を隣同士に並べてやる。

1990年購入当時、ダイソーで6組100円だった。⇩

③見本合わせによる、ひらがなタイル文字の重ね合わせ

緩衝行動のクレーン車を手放せない保育園年長の子どもさんも、机と椅子には座らないが、絨毯の上でなら学習をしてくれる。

クレーン車を持っていれば、ひらがな50音表の行ごとの文字タイルの重ね合わせをやってくれる。

50音表は46文字の終わりが見えているので、子ども「ん」まで何とか取り掛かる。⇩

 ④読みの音が同じで使用が異なるひらがなの 同時提示・同時比較

ひらがなの「え・へ」「お・を」「わ・は」は、名詞の一部として単語の中に入っている「んそくにぎりなげ」と、名詞にくっついて助詞の役目をしている「えんそく行った・おにぎり食べた・わなげ楽しい」とを、枠空間で整理し、同時提示で比較して見せる。⇩

⑤意味を添えて同時提示する

認知症98歳要介護4のヤエさんが文字を書けなくなった時、事象と文字の一致が難しくなった。

「あ」だけ見ても「あかり」といい、「あか」を見ても「あかり」といい、文字の意味を取らなくなった。

付箋紙に書いて同時に並べて見せても、判別しなくなった。

類似した単語という状況は、難しいことなのだ。

「あか」の文字に🔴赤色、「あかり」の文字に灯りの絵や写真を添えて初めて、ヤエさんや子どもたちが文字の意味を取るのだと思った。

知的障害の子どもたちだけに起きることではない。

老化によって脳が萎縮すれば、誰にも起きることだ。 ⇩

⑤選択肢の可視化

漢字の習得と活用が楽にできる子どもは、例えば、「教」を使った漢字の熟語をいくつか書きましょう、と先生に言われて、すぐに、ノートにいくつかの熟語を書き出すことができる。

脳内に、いくつもの漢字熟語があるので、脳の中からノートに書き写すことができるのだ。

脳内が白紙で、熟語が全く思い浮かばない子どもには、下の画像のような選択肢が必要だ。

あるいはノートの枠の中に「教」の文字1つを埋めて、熟語を考える。 

選択肢があれば、楽に組み合わせる子どももいる。

選択肢があっても、難しい子どもには、脇に読みがなを書いて、言葉を与えてやると、漢字を選択できる。

漢字の熟語作りにも、漢字の組み合わせ選択肢を与えることだ。⇩

⑥単語カードや付箋紙による同時提示・同時比較

小学校で、学期末によく行われる漢字コンテストの練習も、同様に行なう。

漢字の読み仮名は、比較的楽にできると思うのだが、漢字の書きは結構大変だ。

まず最初に、漢字コンテストのプリントを A 3に拡大する。

次に、漢字コンテストの練習の初めには、大人が正解の漢字を単語カードや付箋紙に書いておき、漢字を子どもが①~⑤問か、①~⑩問ずつ、割り振り対応で解答する。

その作業が、25問あるいは50問、楽にできるようになったら、5問ずつか10問ずつ書く作業に移る。

書く作業の際も、正解の漢字単語カードや付箋紙は、脇の方に並べて見せておく。

辞書表だ。

2文字熟語の片方を思い出すと、もう片方も記憶から出てくる場合がある、という思い出すコツも教える。

間違いやすい似ている漢字は、取り出して、分けて記憶する、意味のこじつけを教える。 

成功と成巧、必要と必用、記銘と記名、栄養と栄用など、熟語の意味を考えることで記憶を分けていく。

漢字記憶には、へんとつくりの合成と分解が必要であることは、別の投稿で紹介した。

「漢字の分解と合成の方法」2020/9/12 https://nekochanblog.com/how-to-decompose-and-synthesize-kanji/

「漢字を覚える方法」2020/11/7 https://nekochanblog.com/how-to-learn-kanji/

小学校4年生の漢字も、下の画像の漢字の辺りになると、記憶には相当な言語力を必要とする。

ゲームで漢字を覚える子もいるが、読書量が減り、会話量が減り、実体験からの情報収集が減っている子どもたちにとっては、漢字1006字の意味習得のハードルは高い。⇩

⑦同時提示・同時比較の問題は親切である。

こういう出題になっていれば、事象と付き合わせた動作記憶・運動記憶から読み仮名を振ることができる。⇩

⑧算数の単位の問題でも、先生あるいは子ども自身が、ワークやノートの開いている場所に、単位の3種類をmm・cm・mと、メモ書きすることができれば、脳内作業の負担が減って、  脳外で目で見ることで比較しやすく、正解しやすくなる。⇩

170514_130415

⑨算数四則の文章題の記号の判別についても、以前に投稿したように、四則の記号の同時提示・同時比較によって四則の記号の意味習得が正確になる。 ⇩

「算数四則文章題の解き方」2020/10/17 https://nekochanblog.com/how-to-solve-the-four-arithmetic-word-problems/

⑩算数の教科書も、たまに同時比較・同時提示してくれているページがある。

欲を言えば、使う数字を同じにしてくれると、「位」に注目することが、もっと起きやすい。

例えば、以下の画像であれば、75個、375人、1075枚、10375冊という具合である。⇩

「新しい算数」3年上 東京書籍 平成26年版 76ページ

教育仮設No.6-3 特別支援教育とは脳内作業を脳外作業に可視化すること

選択肢のある見本合わせ法や、選択肢の脳外提示・比較照合という可視化の支援によって、漢字の意味習得や、いろいろな学習記憶を助けたいものだ。

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
行動調整の心理学
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました