幼児から大人まで楽しめる絵カードアプリ・算数・文字・お絵かきアプリの紹介

大人と子どもと一緒に楽しめる iPad 学習アプリは、算数アプリ・間違い探しアプリなどを紹介しました。

今回は、上記のものよりも、もっと簡単で、Android スマホ、タブレット、iPad 、iPhone で、楽しめるアプリを紹介します。

3歳から6歳くらいの発達の子どもが、楽しめます。

https://play.google.com/………」とあるアドレスが、Android にダウンロードできます。

………を App Storeで」とあるアドレスが、 iPad iPhone にダウンロードできます。

幼児から大人まで楽しめるアプリ 13個

私が 自分のAndroid スマホに入れた、学習アプリのアイコンです。

絵カード DE 歯科治療

感覚過敏のある自閉症の子どもさんが、歯科治療を受けられない、という相談がありました。

お母さんの治療に同行して歯医者さんの待合室でこの「絵カードDE歯科治療」を見たり、お母さんの治療のそばで、お母さんの治療の様子を見たりするのはどうか?と話しました。

気持ちを伝えるカードアプリ「えこみゅ」を好きな子どもさんなので、この「絵カードDE歯科治療」も「えこみゅ」に似ているから良いのではないか?と思い、紹介いたします。

私の Android スマホで、治療の手順を絵カード4枚ずつで、登録しようとしましたが、私の使い方では保存がうまくいきませんでした。

それでも、自分でカードを描かなくて済むので、すぐに利用できます。

まだ治療に行けない自閉症の子どもさんも、スマホや絵カードが大好きだから、興味を持って見そうです。

歯科通院の予告を怖がるようでしたら、お母さんやお父さんの歯科通院の体験談として、絵カードを見せてみましょう。

「痛い」「怖い」「やめて」「我慢」「3分で終わります」などは、歯科通院のその場で、絵を描く必要が出てくるかもしれません。

現在30歳の自閉症の一平君は、小学生の頃は県の歯科医師会でやっている治療院に通い、はじめは肩ベルトでくくられていました。

現在26歳のダウン症のまさや君は、歯科通院は嫌いだが、治療を受けられました。

しかしまさや君は、現在も、注射や採血は決してさせません。

見本合わせによる「どうぶつまるカード」

リタリコのアプリ『どうぶつまるカード』のダウンロード先は、

Google Play ストアから、どうぶつまるカード

App ストアから、「どうぶつまるカード」をApp Storeで です。

これは自閉症の子どもさん向けに作られた、見本合わせ法による、動物絵合わせアプリです。

絵と絵を合わせる

「同じ絵だ」ということが分かれば、楽しめます。

指をスライドさせて、犬の絵を犬に合わせます。

初めの問題は簡単で、だんだん難しくなります。

ガイドの矢印も出るので、1回、大人と一緒に行なえば、一人でも楽しめます。

一平君や、まさや君と、やりたいと思いました。

選択肢が登場する

動物が好きな子どもさんなら、とても喜ぶでしょう。

食べ物編もあるといいな、なんて思いました。

選択肢が増える

レベル1からレベル8まであり、段々選択肢が増えていきます。

えこみゅ

リタリコの「えこみゅ」はとても素晴らしいアプリです。

Android 用のGoogle Play では、えこみゅ

iPhone や iPad には、えこみゅをAppストアで

ダウンロードできます。

スマホ画面一番下段の、「つかったもの」「ほしい」「どうぐ」「たべもの」などのカテゴリーを自分で選べないと、意思疎通に使えません。

大人がカテゴリーを選んであげて、カテゴリーの中から子どもが自分の気持ちに合うカードを選ぶ、という使い方を、今のところ私はしています。

‎「えこみゅ」をApp Storeで

やることカード

「やることカード」もリタリコのアプリで、とても便利です。

やることカード

できたら、星印をタッチすると、星印が黄色くなります。

「やることカード」をApp Storeで

時間の流れの設定修正や、写真画像を取り込んでの、新しいカード作りもできます。

作ったカードは矢印で上下の順番を入れ替えられます

小学校1年生算数

楽しい 小学校 1年生 算数

20より大きい数➡かぞえかた➡かんたん と進みます。

10個の数字から答を作って、確認ボタンを押すと、正解のが着きます。

「楽しい 小学校 1年生 算数(算数ドリル)」をApp Storeで

お金の学習「いくらかな?」

いくらかな

子どもたちは、5円と50円をなかなか使うチャンスがないので、このアプリで学習すると良さそうです。

一平くんとまさや君とやってみたいです。

お金の学習「いくらかな?」 on the App Store

さんすうであそぼう

算数であそぼう!足し算・引き算

加減算の数字が10を超えるとちょっと難しいのですが、「分からない問題」「難しい問題」は、「飛ばす!」「分かりません」の意思表示にも使えそうです。

この問題はお母さんがやって!と指さされたら、大人がやってもいいですね。

ダウンロードには、480円かかります。

‎「算数であそぼう! 足し算・引き算」をApp Storeで

ひらがなカードアプリ

これは「あひる」のあから始まる、分かりやすいひらがなアプリです。

「ク・ル・マ」と発音してくれるので、一緒に発音すると良いですね。

慣れてきたら、「ク・ル・マ」といいながら、1拍ずつ拍手、1音ずつの練習になります。

‎「ひらがなカード」をApp Storeで

あいうえおぼえちゃお

あいうえおぼえちゃおう

これは、単語を作ると発生してくれるアプリです。

「す い か」と単語を作ると、キイ打ちと同時に「ス・イ・カ」と読んでくれます。

文字を探しながら、同時に言うことが難しい子どもにとって、アプリが音声を担ってくれるので、仕事が文字探し1つになって楽しく学習できます。

私の 5.4 インチのAndroid スマホに入っています。

身体のパズルで、単語の構成を勉強した V 君と、10月に使ってみたら、名前の9文字を自発的に打って、ニコニコしていました。

スマホはキイが小さいので、子どもは押しにくいかもしれません。

タッチペンがあるといいのかな?

タブレットに入れられると画面が大きくていいですね。

Let’s Draw お絵かき アプリ

Let’s Draw お絵かき 落書きアプリ

最もシンプルな、お絵かきアプリです。

下のアンパンマンは、私が指で、Android スマホに描いたものです。

シナモンの絵が大好きなU君と、来週使ってみたいです。

「Let’s Draw お絵描きアプリ」をApp Storeで

Android スマホやタブレット、iPhone・iPadにダウンロードできます。

アプリをダウンロードしたらまずは大人が使ってみましょう

Android スマホにも入れられる、10個のアプリの紹介でした。

ダウンロードしたら、先生や保護者のかたがまず、1~2日使ってみてください。

先生や保護者のかたが、広告や課金に注意して、見守ってください。

危険があるときは、広告や課金のないアプリだけ、ダウンロードしてください。

学校から持ち帰れるならば、タブレットや iPad の大きな画面で楽しめますね。

学校に足が向かない子どもさん、不登校の子どもさん、読み書きに苦労している子どもさん、宿題の取り掛かりが難しい子どもさん、iPad ならやりたがる子どもさんとの、絆づくりにぜひ、これらのアプリの1つでも、ご活用ください。

自閉症、知的障害、発達障害、認知症のかたがたも楽しめます。

スラスラできるものをする時、脳は活性化するそうです。

無料でダウンロードできる、wi-fi のないところでも使える、簡単なアプリがいいですね。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました