大好きなウルトラマンのカードゲームを楽しみ iPadタッチペンを使って作文するダウン症のまさや君

この記事は約4分で読めます。

病院小児科の療育で、27歳のダウン症のまさや君と学習しました。

まさや君は現在、週4日間はグループホームで、週3日間はお家で寝泊まりしています。

グループホームでの生活も、丸1年経って慣れてきました。

まさや君がお家にいないことに慣れなかったご両親も、さみしさをこらえて、最近は何とかお仕事や家事に励んでいらっしゃいます。

まさや君は平日の昼間は、特別支援学校の高等部を卒業してから行っている作業所で、パンのお仕事をしています。

カラオケのマイクと文字で声が出た まさや君

小中学生時代は、大きな声で喋っていたまさや君ですが、ダウン症で構音がはっきりしないからか、23歳頃から音声をほとんど使わない人になりました。

その経過は、以下に投稿しています。

第4回日本ダウン症学会学術集会2022年11月19日㈯15時オンライン開催のご案内

前回の療育で、お母さんから「移動支援事業で、支援員さんと行ったカラオケで、まさや君が大きな声で歌えた。」と聞きました。

カラオケのマイクとモニター画面の文字があることで、安心して声を出せたのでしょうか。

あるいは、お母さんがスマホに吹き込ませて声を出す練習を重ねていた、iPhone アプリ「絵カード・コミュニケーション」の発声効果が出たのでしょうか。

‎「絵カード・コミュニケーション」をApp Storeで

この年末年始も、カラオケのようなおでかけ行事が、まさや君を元気にするとご両親は考えて、あちこち出掛けたそうです。

特にまさや君は、ご両親と行った温泉を喜んで、私が初めて見るような笑顔の動画を見せてもらいました。

療育では、まさや君が大好きな、ウルトラマンの神経衰弱カードゲームを、喜んでくれます。

ウルトラマンメタルカード

ウルトラマンカードゲーム

今回も、新しいウルトラマンのカードゲームを、用意してみました。

ウルトラマンカードゲーム

カードゲームの箱を見た瞬間から、まさや君がニコニコします。

珍しく、まさや君が自分から、カードの箱を開けようとします。

カードは、ウルトラマンシリーズ、怪獣シリーズ、ウルトラマンと怪獣のシーン、の3種類が入っています。

まさや君の好きなウルトラマンで、お母さんと3人でいつもの神経衰弱をすることにしました。

ウルトラマンのカードの束を取ると、まさや君は自分からトランプのようにカードを切り始めました。

ここ3年ほど、療育でも無表情が続いていたまさや君でしたが、ウルトラマンのカードを自分で手にとって、嬉しそうな笑顔が溢れます。

得意な領域、確定域は、こんなに人を喜ばせるのだ、ということを改めて思います。

仲良くなろうと思ったら、確定域を使わない手はありません。

ウルトラマンの神経衰弱は、まさや君の圧勝になりました。

まさや君はウルトラマンの一人一人の名前を覚えていて、しかもカードの位置をよく覚えていて、カード合わせがとてもよく出来ます。

私とお母さんは、ウルトラマンの服の色とか、ウルトラマンの手の格好とかで記憶しようとしますが、カード合わせはほとんど外れてしまいます。

得意な領域からの 学習への踏み出し

うれしい気持ちのまま、いつもの作文に取り掛かりました。

作文の材料の写真は、お母さんが年末年始の行事を、たくさんスマホに撮って来てくれました。

お母さんはいつも、とても撮影がうまいのです。

それを見ながら、私が選択語群をメモして、iPad「かなトーク」の脇に置きます。

いつもだと、まさや君は右手の人差し指で、五十音表のキーを押します。

誤作動しないように指をあげているまさや君の工夫

その時、小指が他のキーにあたるので、キーの誤作動がこれまではありました。

誤作動しないように小指を浮かしているまさや君の工夫

まさや君は、押し間違えを恐れて、非常にゆっくりとした動作になります。

1文字のキーを押すのに5~10秒ぐらいかかります。

まさや君の押す操作を見ていて、iPad のタッチペンがあれば、ペン先で押すから、指がキーから遠くなり、押し間違えが怖くなくなるのではないか?と、前回、考えました。

そこで、Amazon で iPad のタッチペンを購入し、今回、使ってみました。

ワイヤレス充電 iPadタッチペン KINGONE アップルペンシル互換 iPadペン

予想は、大当たり。

まさや君は、キーを押しやすくなって、話すようなスピードで、どんどん「かなトーク」のキーを押して文章を作ります。

クリスマス

お母さんも、その作文のスピードの速さに、とても驚いていました。

私が言わなくても自分から進んで発声ボタンを押しました。

タッチペンを、お家に持って帰ってもらい、お家のまさや君の iPad でも使えるかどうか、確認してもらうことになりました。

初詣

まさや君の課題への積極性と、対応処理のスピードをお母さんもとても喜んでくれました。

次回はタッチペンで、文字書きや、お絵描きにも、取り組んでみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました