ひらがなの単語構成の方法

この記事は約6分で読めます。

教材No.13-1 並べる力

 線図形が分かったり、ひらがなに興味をもったりするまでには、様々な力を必要とする。

例えば、好きなアンパンマンのキャラクターを並べる、好きな交通標識の模型を並べる、トミカの車を並べる、などの並べる力が、文字で単語を構成する力につながる。

園児が分かりやすく並んで立てるように、保育園のS.ともみ先生が並ぶ位置を視覚的に、上靴の絵で見せた。

2歳児でも上靴の絵があると、綺麗にそこに上靴を並べた。

画用紙に書かれた上靴の絵と、本物の上靴と、属性が異なっても同じと定めて、対応させることができる、そういう力も、文字で単語を構成する力につながる。

並べる、そっくり同じ、見かけは少し違うが意味は同じ、そういう力が育った時、文字での単語構成ができる。

教材No.13-2 好きな領域がある力

下は、裏が磁石になっている、スーパーマーケットの品物のミニチュアだ。

品物の名前を言いながら、お母さんや先生と並べる。

カラーコピーして、下絵を貼れば、絵合わせになる。 

下は、街中でよく見かけるお店の名前だ。

お店のマークだけでなく、お店の文字もある。

子どもたちは、それをいつも見かけている。

お店のマークやお店の文字に興味を持つ頃に、文字での単語構成が可能だ。

大好きな電車であれば、「で・ん・しゃ」という文字に興味を持つ。

興味を持っている確定域から、文字の構成もスタートすると良い。

教材No.13-3 音声のような言葉の力

音声の言葉を持っていない場合や、1音や2音の単語を言える子どもさんには、事象に対して1音や2音の単語を構成する文字学習からスタートすると、対応の意味を取りやすい。

タイルは重みがあって教材として触覚を満たしていいが、物を投げる子には危険で向かない。

発泡スチロールなどの方が良い。

1音しか出せない子どもも、事象と文字の結びつきの学習はできる。

音声は、口を開くア段が出しやすく、次に口をすぼめるウ段、難しいのは口の形が難しいィ段とエ段である。

その子が出しやすい音、その子がすでに使っている音を、1音1文字対応に選ぶと良い。

出しやすい音は、行で言えば、ア行・ハ行・マ行・パ行・バ行である。

反対に難しいのは、カ行・サ行、舌を使う タ行・ナ行・ラ行・ダ行だ。

教材No.13-4 文字に対する興味・関心の力 

50音表も黒い線分の文字46個になると、色を失って味気ないので、カラフルだと喜んでやってくれる子どもさんもいる。

下は、46文字でなく、ベニヤ板で、50音の行ごとの10本にして、簡単にした。

子どもが1行ずつ入れるときに、お母さんや先生が1行ずつ「あいうえお」「かきくけこ」と音を添えてやるといい。

下は、桃源堂の保育教材ミッフィーの木製”あいうえお”である。

文字の下は、アヒルやイチゴの絵になっているが、そっくり同じものを対応させるという意味で、文字をカラーコピーして、下文字として貼り付けた。

文字と文字の対応の方がやさしい。

文字と絵柄の対応になると、音声の中継ぎがないと記憶が大変だ。

五十音表は、位置の手がかりがあるので、記憶を助けるから、学習に使う。

木製パズルになっていると、はめ込むという内包的なフィードバックがある。

7歳以下の子どもが、感覚のフィードバックを喜ぶ。

下は、西松屋の540円の木製50音表の枠の表面を”ベージュに塗り、文字をカラーコピーして下文字に貼った。

ひらがなの行ごとに、文字、色分けされているので親切である。

文字が2mm ほど浮き上がっている市販品は、填めるのも、外すのも、使いやすそうだ。https://amzn.to/34tJW4S

下はダイソーの110円のもので同じく、文字ををカラーコピーして下文字に貼った。

西松屋のと、ダイソーのは、文字の木片が2cmくらいと小さく軽いので、年齢が小さかったり、手が不器用な子には向かない。

しかし安いので、ちょうど楽しめる時期の人には、この上なく便利だ。https://amzn.to/34xWRms

教材No.13-5 子どもの確定域で文字を学習する

その他にも、下の左のように、自動車かるたが好きだったり、ちびまる子ちゃんのかるたが好きだったり、教室の大きなひらがな書き順カードが好きだったりする子どもがいる。

自動車かるたが好き
ちびまる子ちゃんのかるたが好き

恐竜ひらがなカタカナポスター https://amzn.to/3HXwX9q

アンパンマンおふろでピタッとあいうえお https://amzn.to/35Ehvly

アンパンマン五十音表パズル https://amzn.to/3J1Vqf5

鬼滅の刃五十音表 https://amzn.to/3J2Deln

きかんしゃトーマス五十音表 https://amzn.to/3Ic0WdX

子どもに大好きな確定域があると、それを学習につなげられるので、とても助かる。

子どもの興味・関心、好きなもの、確定域を大事にし、楽しみながら、その先はちょっと味気ないが黒線ばかりの50音表にも、学習は進んでいける。

くもんには円形磁石の五十音表があるhttps://amzn.to/3cVdsVt
制作 :by 猫ちゃん

ひらがな50音表で、単語構成ができるくらいの力がある子どもさんの場合には、50音表の底板がベニヤ板でなくても、下の50音表のような厚ボール紙2枚を、両面テープで貼り付けた底板でも、取り扱いは丁寧に学習できる。

制作 :by 猫ちゃん

ベニヤ板を切り出さないで済み、ボール紙・厚紙で底板を製作できれば、3 mm の角材貼り付けだけで済む。

子どもの学習が進展すると、大人の教材づくりは本当に楽になる。

教材No.13-6 1音1文字で意味のある「め・て・は」の学習

お母さん方がしばしば、「子ども自身がどこが痛いのか具合が悪いのか、言えるようになってほしい」と話すので、文字学習のはじめ、好きなものの文字に取り組むころに、身体の部位名の「め」「て」「は」にも取り組むことが多い。

ひらがな清音46文字の中で、1音1文字で意味のある文字は、25個ある。

「い、え、お、か、き、け、し、す、た、ち、て、と、な、に、ね、の、は、ひ、ふ、へ、ほ、め、や、ゆ、わ」である。

生活の中で子どもが見聞きし使い、写真に撮影できる1音1文字は、10個程度かもしれない。

教材No.13-7 2文字以上の単語の構成

2文字の構成になると「あし、いえ、あお、あか、かき、かさ、くし、かお」などを学習できる。

いずれも、文字の構成には、実物や写真、絵事象があるほうが、意味を取れるので良い。

アイキャッチ画像に載せた、学研ステイフルの木製あいうえおパズルは、2022/3/10現在、メルカリで5点、1100~1700円で、販売中である。

右の枠上に☂の絵を置き、下に文字「か・さ」と単語を構成。

学校では、図書費・教材費・就学奨励費 ・PTA 会費などで、学習教材として、特別支援学級や通級指導教室に、購入してもらうと良い。

単語構成の後は、文章構成に進むのだが、「大きい・赤い・丸」などの多胡語鎖 、「 誰が何を食べる・飲む」などの文章構成は、数回先で紹介したいと思う。

次回は、数字や文字のなぞり書きのプリントを、ご紹介する。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました