ダウン症のまさや君の音声アプリ「かなトーク」の動画

この記事は約3分で読めます。

Microsoft Windows 10 がWindows 11 になりました。

皆さんはもう、アップデートはお済みですか。

私も時間ができた12月、Windows 11 にアップデートすることができました。

Windows 11 になって、動画編集の「クリップ チャンプ」が使いやすくなりましたね。

私も、まさや君のスマホ撮影動画を、Windows 11のクリップチャンプで編集して、YouTube にアップしました。

ここ2年間くらい、ブログに投稿した、まさや君の療育場面の様子を、4本の動画で紹介します。

ぜひご覧ください。

音声発声型意思伝達アプリ「かなトークプラス」で作文する まさや君

まさや君は小学生時代にひらがなとカタカナを習得しています。

音声をほとんど出さなくなったので、音声の代替え手段として「かなトーク」を使い始めました。

発声ボタンを押して、綺麗な音声を聞くと、まさや君は嬉しそうにします。

ひらがなとカタカナの使い分けも、上手にできるようになりました。

かなトークに合わせて とても小さな声で つぶやいていることが分かる

撮影した日の現場では分からなかったのですが、動画を見直すと、まさや君が「かなトーク」の発声に合わせて、「ポカリを飲む」と小さくつぶやいている口の動きが分かりました。

かなトークの綺麗な発声を聞いて笑顔になります。

綺麗な音、相手に伝わる音、がまさや君には嬉しそうです。

伝わらない音声がどんなに悲しいか、話したくなくなるか、想像できました。

まさや君は音声を持っている人ではあるけれども、「かなトーク」の代替え音声をこれからも使いたいと思っています。

まさや君は はっきり話したいと思っている

カナトークの綺麗な発音を聞いて、まさや君は満足そうな表情です。

身の回りの単語を アプリ「絵カード・コミュニケーション」に発声録音する

まさや君の発声の機会をできるだけ増やしたいと、お母さんが身の回りの品物を「絵カード・コミュニケーション」画像に取り込んで、そこにひらがな・カタカナの名前をつけてくれました。

お母さんが、まさや君に「ヤクルトとヨーグルトとどちらが良い?」と聞くと、まさや君は音の数の短いほうの「ヤクルト」を選びました。

そしてかすかな声ですが、「ヤ・ク・(ル)・トー」と、吹き込んでくれました。

iPad タッチペン

前回の療育で、かなトークで作文する時、iPad タッチペンを使ってみました。

他のキーに指が触れる押し間違えがないので、まさや君は安心して、話すようなスピードで、作文することができました。

USGMoBi タッチペン iPad対応
タイトルとURLをコピーしました