猫の花ちゃんがくれる重たい幸せ

この記事は約3分で読めます。

花ちゃんは、用心深い。

元々の性格か、野良猫だったからか、分からない。

我が家に来て、もうじき2年になろうとするのだが、今でも1階の玄関チャイムがピンポーンと鳴ると、2階のリビングに居ながら、脱兎のごとく逃げて、壁際のベッドの下の隅に潜る。

体重が、6.85 kg あるが、こういう時は本当に、逃げ足が素早い。

ウンチハイで走る時よりも、カシャカシャに興奮して走る時よりも、恐怖からか、一層早い。

花ちゃんは、7歳(人の44歳)で、まだまだ若く、元気なんだなあと思う。

今朝は、電気保安協会さんによる、電気設備の点検の日だった。

コロナ禍なので、家の中の配電盤まで調べないで、外のメーターボックスだけで済んだ。

調査員さんが帰って、「花ちゃーん」と呼ぶのだが、ベッド下からなかなか出てこない。

出てこないので「ご飯、ご飯」と、花ちゃんを釣る。

花ちゃんも、不安よりは食欲が勝って、そろりそろりと出てきて、遠くから私を見る。

いつも、15°くらい左へ頭を傾ける、花ちゃんの仕草が可愛い。

好物のちゅーるアペティートを見せると、そばまで来た。

不安の解消には、好物を食べて落ち着くのが、一番良い。

食べた後、花ちゃんは私のそばに来て、「朝の毛づくろいを手伝ってくれ」と私を見つめる。

毛づくろいを終えると、「どこでお昼寝しようか」と、花ちゃんは考えて迷っている。

4月は、花冷えで、割合寒い。

寒い朝は、エアコンで暖房したり、コタツやホットカーペットを点ける。

よく晴れて、日差しが暖かければ、窓辺の猫台で、背中や手足をガラスにつけて温まり、花ちゃんはお昼寝する。

横綱級の花ちゃん

日差しが少ない日は、こたつの私の膝に乗ろうか、こたつの中に潜ろうか、迷うらしい。

エアコン暖房を使うことが少なくなった4月は、少し肌寒いのか、花ちゃんが度々こたつの私の膝に来る。

どことなく、ぎこちない乗り方

嬉しい。

嬉しいが、花ちゃんは重たい。

初代のお母さん猫は、3.5 kg くらいだったので、何時間か膝に乗っていても、苦にはならなかった。

2代目のクーちゃんも、3.5 kg ぐらいだったが、最後までほとんど膝には来なかった。

花ちゃんは、体重がその2倍ある。

2匹の猫を、一度に抱っこするようなものだ。 

ついに花ちゃんが、安心した姿勢で、こたつの私の膝に乗った!

痩せている猫のようには丸まれない

やったね!と思って、私も初日の1~2時間はご機嫌だった。

しかし、自分の老化と股関節痛があって、さすがに2日でギブアップした。

膝に来た花ちゃんを、膝から降ろすのは可哀想なので、エアコン暖房を点ける。

ニトリの折り畳みテーブルに、ユニクロのハーフケットを載せて、机と同じ高さにした。 

しばらくして、室内の空気が暖かくなると、花ちゃんは私の膝から降りて、そのテーブルに上がった。

2021.4.8

よかった。

自発的に移動してくれた。

花ちゃんを譲渡してくださった保護主さんが言った通り、貰ってから1年半経った今では、花ちゃんは本当に、人付きの可愛い猫になった。

私が移動する先へ、大抵付いて来て、そばにいる。

お茶を入れに立った私の椅子を奪って、ちゃっかり寝ている。

人のそばで過ごす

テレビを見ている私の太ももにちょこんと前足だけ乗せたり、寝ようとする私のお腹で私を敷布団にして先にグーグー寝たりする、花ちゃん。

ずっしりと、重たい幸せだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました