猫が喧嘩がするときの理由 縄張りを守る猫 子猫を守る母猫

この記事は約2分で読めます。

17 お母さん猫の喧嘩

 お母さんは子猫を守る本能か、よそ猫には「ファーッ」と怒ってなわばりを主張する。

1回目のけんかは私の留守に起きた。

温室のガラスが欠ける割れるほどの闘いだった。

2回目のけんかは、翌年、お母さんが額に一撃を食らって傷を作って帰宅した。

3回目のけんかは私も目撃したが、すぐ南のお宅で起きた。

喧嘩の後で

お母さんのけんかの鳴き声が聞こえたので行ってみると、よそ猫とお母さんの一騎打ちだった。

駆けつけた私の「お母さん」という呼び声に強気になったのか、お母さんは不利そうな相手に負けん気で挑んだ。

避妊手術で毛の薄くなった一番柔らかいお腹に一撃を食らって、お母さんの白い毛がたくさん抜けた。

お腹の毛が薄く

お母さんは逃げなかった。

逃げたのはよそ猫だった。

お母さんは勝利して、縄張りを守ったのだ。

一緒に帰ってお母さんのお腹を調べると出血はほとんどなく、毛をごっそり搔き取られただけだった。

細い傷

お腹の細い傷もお母さんは舐めて治した。

猫は舌で舐めて何でも治す。

しかし猫のザラザラの舌であごなどを舐められるのは私でも痛い。

ザラザラの舌で傷をなめて回復が遅れて困る場合は、獣医さんにエリザベスカラーを付けられる猫もいる。

2匹はそれほどのことはまだなかった。                                          

舐めて治す

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました