狩りの得意な猫 野性の強い猫

この記事は約1分で読めます。

14 狩りの名手 灰色

避妊手術後は太りました
避妊手術後は太りました

 灰色は、動物病院から戻って1週間くらいは、寝てばかりいた。

4月になると、術後の静養がすんだのか、灰色は、毎朝4時間ほど外出し、トカゲを1匹ずつくわえて戻るようになった。

灰色はトカゲをお母さんに見せて報告し、お母さんの見守る中で猫パンチをしたりかじったりして、トカゲを食べるのだった。

まもなくスズメも捕ってきて、くちばしも硬い足もみんな食べてしまった。

鳥のくちばしや足で、胃が破れないのだろうか。

よく眠る灰色

毎日3~4匹のトカゲを捕って来ては、食べた。、

狩り猫の灰色を、止めるすべはなかった。

小さい時、猫のおもちゃのネズミで私が訓練しすぎ、灰色の狩猟本能を育てすぎたのか。

お母さんが灰色に、カマキリやセミを捕って見せ、教育しすぎたのか。

避妊手術をした母猫に、狩り教育の習性が目立つと、聞いたことがある。

先々頭が痛かった。

捕獲されたトカゲは、冷蔵庫や洗濯機の下、ベッドの下に逃げ込んだ。

狩りで太りました!

押入れを片付けると、干からびたトカゲが出て来るのだった。

ヘビを捕らないだけいい、としなければならない。

灰色のトカゲ狩りは毎日、春から秋まで続いた。       

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、市販教材などについて紹介しています。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
野良猫お母さん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました