介護を楽にする食品の調理法と入れ歯

この記事は約5分で読めます。

食品の調理法

 ヤエさんは、何でも食べてくれる人だ。

好き嫌いは、聞いたことがない。

うなぎやお刺身も食べたし、チーズやステーキも食べた。

農家で育ったので、野菜ももちろん嫌いなものはない。

果物で、酸っぱいものが、少し苦手なくらいだ。

甘い温州みかんは、喜んで食べた。

要介護4の後半、感覚過敏が増して、みかんの袋やスジを嫌がったので、きれいに袋をむいてお皿に出した。

好き嫌いのないヤエさんだったので、献立に困ることはなかった。 

要介護1~4まで、ヤエさんの献立で留意した第一は、根菜類などを柔らかく煮るようにした。

第二段階では、小さくカットした。

第三段階ではみじん切りに刻んでやるようにした。

リンゴや梨も3 mm ぐらいに薄く切れば、食べてくれた。

お正月のお餅も1.5cm 角くらいにカットして茹でると、噛みやすく、のどに詰まらなかった。

ラーメン・おそば・うどん・そうめんなどの麺類は、麺の長さを10 cmくらいにカットして茹でれば、食べやすかった。

誕生日のお食事

2013年 93歳 誕生日

88歳から95歳までヤエさんの誕生日には毎年、ヤエさんの弟がファミレスの夢庵でごちそうしてくれた。

姪が、美しい花束をくれた。

ヤエさんの笑顔も、花のようだ。

誕生祝膳を、ヤエさんは毎年嬉しそうに、夢庵で食べてくれた。

しかし会話はなくなり、ひたすら食べ物だけ見て、食べているヤエさんだった。

2017年 97歳 誕生日

寂しい気がした。

認知機能が衰え、言語が退行していくのだから、食べてくれるだけでいいと、思わなければならない。

兄弟に会って、お出かけして、ご馳走を食べること、ヤエさんの笑顔、それでよかった。

噛めるうちの入れ歯は大事 

一番初めに食事で困ったのは、ヤエさんの体重が痩せて、歯茎も痩せて、入れ歯が合わなくなった時だった。

83歳で認知症の診断が出てから87歳まで、ヤエさんは近くのスーパーに買い物に一人で行けた。

私が夕食を作っていたが、ヤエさんは昼間パンを買ってきて、昼食に柔らかいパンを食べるようになった。

入れ歯が合わなくなり、和食の昼食より、パンが噛みやすかったらしい。

ヤエさんの弟の提案で、入れ歯を新しく作り変えることにした。

新しい入れ歯で、噛む力が復活した。

89歳、要介護1頃は、入れ歯と補聴器と杖が、ヤエさんの三種の神器だった。

ヤエさんは70歳で車の免許を返納したので、車も買わないし、旅行にも出かけたがらないし、高価な服やバッグを欲しがるわけではない。

無駄遣いをせず、ささやかな暮らしを楽しんでいた。

国民年金は60歳からもらってしまったので、40%カットされたまま年間36万円くらいだった。

しかし、お金を使わないヤエさんなので、補聴器と入れ歯は奮発した。

入れ歯は保険の効かない高価な入れ歯を選んで、1回の受診で作ることができ、1回の調整でうまくいった。

以後亡くなるまでの約10年間、この入れ歯はヤエさんの食生活を支えてくれた。

ありがたかった。

入れ歯をあきらめるとき

下の入れ歯は総入れ歯だが、上の入れ歯は、部分入れ歯で、脱着が難しかった。

95歳から3年間は、私が脱着していた。

脱着にはコツがあり、デイサービスの介護士さんにそれを伝えるのが難しかった。

しかしデイの介護士さんは自宅の洗面所まで来てくれて、脱着の研究をしてくれた。

老健・サ高住・グループホームにヤエさんを預けるときに、私が思い切りよく、この部分入れ歯を諦めると良かった。

噛むことが大事だと思い、部分入れ歯をお願いしたが、かえってヤエさんの施設での拒否の態度になって、ヤエさんにかわいそうなことをした。

ヤエさんは私以外の者の、部分入れ歯の脱着を拒否するようになっていた。

部分入れ歯がなくても噛めるのであれば、部分入れ歯はどこかの時点で諦めるといい。

噛みやすい刻み食やムース食にするとよい。

在宅介護では決まった家族が1つのやり方で、部分入れ歯の脱着を手伝える。

施設等では交代勤務で接する人が変わるので、部分入れ歯の脱着は、本人にも介護士さんにも大きな負担となる。

一時、日本中で人気者だったきんさんぎんさんのきんさん100歳は、マグロのお刺身が大好きで、入れ歯なしで食べていた。

ヤエさんは要介護4、2017年の末から、噛むことに時間がかかるようになり、薬が飲み込めなくなった。

要介護4の最後の方は、在宅中にそうなったので、その時に入れ歯を止めると良かった。

2018年8月、要介護5、脱水で入院した時に言語聴覚士さんが、食事の飲み込み指導もしてくれた。

身体を45°にして、ゼリーや水分をあげると、気道に入らず、食道にゼリーやムース食が落ちやすいということで、退院してからも真似をした。

ムース食であれば、入れ歯はいらない。

食べる力は、まず噛む力が落ち、次に飲み込む力が落ちる。

ヤエさんも、2018年10月10日の夕食は、ムース食の誤嚥が我が家であった 。

次回はムース食の材料や、口腔ケアのコツについて書きます。

猫ちゃんブログきょうのランキング



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

猫ちゃん

 病院小児科で臨床発達心理士をしています。
 猫ちゃんブログに、梅津八三の心理学、行動調整法、子ども理解、教材、ソーシャルスキル、介護、猫生記事を投稿中です。
 育児、子どもの発達、行動調整、対人関係、介護、ペットロスなど、ココナラcoconalaのメール相談「猫ちゃん猫ちゃん」までご相談ください。

猫ちゃんをフォローする
介護食
スポンサー広告リンク
猫ちゃんをフォローする
スポンサー広告リンク
猫ちゃんブログ

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました