外反母趾や内反小趾の痛みを和らげる足指サポーター

11月中旬から、右足の小指が痛み出しました。

健康で痛みのない身体は、その部分があることを忘れていますが、痛みがあるといつも「小指があります。小指があります」と、小指が叫んでいる感じです。

痛みの直接の原因は、寒い場所で6時間、両足の小指の冷えを我慢していたことです。

靴下やスリッパの保温が、足りませんでした。

間接的には、動脈硬化と運動不足による生活習慣病で、足の血流が悪いことが原因しています。

運動の起きにくい私は、物理的なものでカバーしようとする癖があります。

子どもたちに対しても、やる気や意欲を問うよりは、物理的な環境の工夫で、やる気と意欲を補おうとするのが、私の仕事の方法です。

もともと自分が、やる気や意欲の少ない人間なんですね。

やる気の出ない子どもたちの気持ちが、よーく分かります。

運動が起きにくい、物理的に解決したい私の、足指サポーター探しが始まりました。

内反小趾の痛みを和らげる足指サポーター

外反母趾という足の不調の痛みは、有名です。

外反母趾対応のサポーターや靴は、たくさん販売されています。

それに対して、内反小趾(ないはんしょうし)というのはあまり聞かず、靴に至っては全くありません。

書類作成仕事が片付くと、Amazonで足指サポーターを探しては、注文して試しました。

初めは、画像右側の、指にリング状に填めるタイプを試しました。

次に、画像中央上の内反小趾サポーターを小指と薬指につけて、1日履いてみました。

小指と薬指の間が開いて、気持ちがいいのですが、もともと血流の悪い私の小指は冷たく痛み、これはボツになりました。

次に、画像中央下と画像左側の、小指だけをカバーする、単体の足指サポーターを試しました。

室内では幅広スリッパも履けるし、厚手の靴下で保温もできるので、小指単体カバーは気持ちがいいです。

しかし、外出する時は、靴の先が広くないと、カバーをつけた小指が圧迫されて、小指の血流が悪くなり、痛みます。

最終的には、指と指の間を広げる、このタイプがいいと思って、小指だから、Sサイズを購入したのですが………。

足指サポーター【指に挟むだけ】

ところがこれは、Sサイズでも大きくて、下の画像のように、親指と人差し指の間に入れる、外反母趾用でした。

2年前から膝から下の血流が悪く、酸素が行かないからか、
爪の色が黒くなって来ています

市販品を切って自分用に工作した足指サポーター

私の内反小趾には、指にはめるリング状より、指と指の間に挟むタイプが、指を締め付けず、血流を悪くしないでいいことが分かりました。

そこで、これまで購入したリング状のタイプを、画像左のようにカットして、挟むタイプに作り変えました。

薬指と小指の間なので、画像左上3個の小さいものが良いようです。

市販品をカットしたこれだと、小指を締め付けないし、暖かい靴下で小指を保温できます。

小指の動きを妨げないので、血流も悪くなりません。

外出中に足指サポーターが動いてしまう場合には、足指の裏側と表側に、100円ショップの粘着力の弱いバンドエイドを貼ると、足指サポーターが動きません。

足の指先の幅が広い靴

足指サポーターをつけると、指幅が広がるので、靴先の幅は、広いものがいいです。

先の幅が広い靴、これがなかなか実店舗にありません。

衣類はともかく、靴だけは、実店舗で履いてみた方が良いと思っています。

足指サポーターをつけたり、厚手の靴下を履いたりするので、外が寒くなってもまだ、靴先の幅の広がるメッシュの靴を履いています。

2021年11月にスーパーベイシアで売っていた爪先が広いHiLAのスニーカー。今は見かけない。

ネットリサイクルの、ラクマ、メルカリ、ヤフオクに、上の画像のHiLAのメッシュシューズが出品されています。

内反小趾の経験者の方、内反小趾の痛みを和らげる、先の広い靴やサンダルがありましたら、是非コメント欄で教えてください。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました