冬用オープンペットベッドならば使ってくれるようになった野良猫クロちゃん

この記事は約3分で読めます。

きっすいの野良猫クロちゃんは、人間が用意した人工的なものに対して非常に用心深く、新しいものを使おうとはしない猫です。

クロちゃんのこういう反応を見ていると、こだわりとは元々身の守り行動なのだなと思います。

冬は、家の中でも3°cぐらいになります。

クロちゃんが寒いだろうと思って、11月の内にAmazonでペットハウスを買ったり、ニトリでペットハウスを用意したりしました。

閉じているペットハウスは失敗

PetStyle 犬 猫 ベッド ドームハウス

どんなに寒い日でも、どこに設置しても、クロちゃんは、それらを全く使おうとしません。

キャットハウス 冬用 ドーム型

ペットハウスに入って丸まれば、あったかいのになぁ、と思うのは人間の考えです。

クロちゃんにとっては、まだまだ私が危険人物なので、ペットハウスがトンネル型に閉じていてると、危険人物が近づいたことがわからず、安心して休めないのです。

10月ごろから、喜んで、鳥の羽で、私と遊ぶようにはなったものの、クロちゃんが理解できない私の接近に対しては、今でも「シャー」と、近づくな!信号を出すことがあります。

周りが見えるオープンベッドが安心

11月、昼間、クロちゃんがスーパーのカゴで、お昼寝をするようになりました。

スーパーのカゴは、カゴの隙間から近づく私を見ることができます。

スチール棚のオープンベッドにも、寝ていたことがありました。

日向ぼっこを兼ねて、玄関のオープンベッドでも、ガラス戸から外を見ていることがありました。

そうか、ペットハウスの天井が閉じていると、周囲が見えないし、逃げ出すのに逃げ出せないから、クロちゃんは天井がオープンな方が安心なのだな、と思い直しました。

天井が空いているペットベッド

そこで今度はニトリで、天井が空いているペットベッドを買いました。

設置した初日は使いませんでしたが、2日目、あれ?クロちゃんがカゴの中にいない?と思ったら、通り過ぎたペットベッドの中でクロちゃんが丸まっていました。

防寒にカインズのお風呂マットも敷いています

大急ぎで2つ目3つ目も同じものを買い、N ウォームペットシーツも買ってみました。

暖かいということがクロちゃんにもわかるのか、ペットベッドもNウォームシーツも、両方とも使ってくれます。

よかった、これでエアコンを節電しながら、クロちゃんもペットベッドで暖かく過ごせます。

ペットベッドは 直径50 cmで、クロちゃんが丸まると隙間ができて寒そうなので、去年クロちゃんがケージで使っていたペットシーツを、周囲に入れて円を小さくしてみました。

次の冬には、クロちゃんも安心して、ドーム型のペットハウスに入ってくれるかもしれません。

花ちゃんの好きなマグロのお刺身でクロちゃんもメリークリスマス!

花ちゃんは、マグロ味のカリカリやチャオチュールが大好きです。

クリスマスケーキの代わりにと思って、ふたりにマグロのお刺身をあげました。

花ちゃんは、月に1~2回、マグロのお刺身をお相伴しょうばんします。

花ちゃんは、マグロを包丁でこまかくしてやると、器から直接食べられます。

クロちゃんにマグロのお刺身を初めてあげたところ、クロちゃんは容器からマグロを引っ張り出して食べました。

野性的な食べ方です。

朝から10 cmくらい雪が降りましたが、夕方には大分けて、シャーベット状になりました。

暖かい部屋で、アイスケーキもいいですね。

皆さんも、楽しいクリスマスに、美味しいものを食べてください。

タイトルとURLをコピーしました