猫捕獲器で捕まえた野良猫が安心して眠るスーパーのカゴと冬のペットベッド

この記事は約3分で読めます。

クロちゃんは、ちょうど1年前に猫捕獲器で捕まえた、きっすいの野良猫です。

1年経って、我が家の建物には、慣れてくれました。

「猫は家につく」と言いますからね。

まずは室内のあちこちが、クロちゃんの確定域になりました。

人間にはまだ慣れてくれません。

この1年でクロちゃんが変わったのは、鳥の羽のおもちゃで遊びたがるようになったこと、朝と夕方、私が近づくと餌をくれると思って、2mぐらい近くまで寄って来るようになったことの2つです。

まだクロちゃんに、手で直接触れません。

鳥の羽のおもちゃの棒で、それとなくクロちゃんの背中やしっぽ、お腹に触れるようにしています。

野良猫クロちゃんのドーム型ペットベッド

寒くなってきたので、ミニホットカーペットを、クロちゃんの好む寝床に置いたところ、新規なものを嫌がるクロちゃんは、寝床に寄り付かなくなってしまいました。

そこで、クロちゃんに Amazon で、ヒーターのいらないペットベッドを買ってみました。

L サイズ 奥行き54 x 幅39 x 高さ47 cm

クロちゃんが小さく丸まって寝るMサイズか、クロちゃんが手足を伸ばしてくつろいで休むLサイズか、迷いました。

大は小を兼ねると思って、大きいLサイズを選んだのですが、今のところ、ねらいははずれています。

冬は丸まって寝るので、Mサイズで充分だったようです。

Pet Style ペットベッド 冬用 ふわふわ 暖か おしゃれ ドーム型

1か月経ちますが、なかなか自分からは入ってくれません。

野良猫だったクロちゃんは、寒さに強いようです。

鳥の羽で遊ぶとき、ペットベッドに鳥の羽を放り込むようにして、クロちゃんに入ってもらうようにしてみました。

まだペットハウスの中で寝てくれませんが、羽を追いかけて入ります。

すぐに出てきてしまい、のんびり休む様子はありません。

建物になれたように、ペットベッドにも時間をかけて慣れてもらいましょう。

アマゾンで購入したのと同じものでないペットベッドで、もうちょっと狭いタイプがいいかと思って、ニトリのNウォームのMサイズベッドと、カインズのSサイズベッドを買ってみました。

ニトリのペットベッド2990円
カインズのペットベッド1980円

どちらもクロちゃんには不評で、ただの置き物になっています。

クロちゃんが安心できるスーパーのカゴベッド

今のところ、クロちゃんが気に入って寝ているところは、棚の高い位置の、スーパーのカゴの中です。

スーパーのカゴ 300円

四方を囲まれていて、カゴの隙間から外が見えるので、用心深いクロちゃんにとっては、スーパーのカゴの中が一番安心して眠れるようなんですね。

人が用意した人工的なペットベッドは、今のところクロちゃんに拒否されています。

暖かい日には、スチール棚のオープンベッドでも、寝ていることがあります。

オープンベッド 1980円

家の中にもともとあった、人が手を加えないものが好きなんですね。

それでも朝と夕方のご飯どきは、「遊んで、遊んで」と、獲物を狙う時のように姿勢を低くして、ペットベッドのそばでお尻を振って待機するようになりました。

交換できる伸縮猫じゃらし カインズ598円
交換できる羽のみ 398円 オンドリ
ダイソーにも同じ伸縮猫じゃらしがあります。330円

ほんの少し、人慣れしてきて、可愛いクロちゃんです。

もう1年、時間をかけたら、動物病院に連れて行ける気がしています。

クロちゃんに鍛えられて、私もそれくらい長い時間を待てるようになりました。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました