人馴れしない野良猫にはオープンベッド 安心して暮らせる家猫にはクローズ型ベッド

この記事は約3分で読めます。

相手の立場に立って考えるという環境設定は、動物の場合でも人の場合でも同じですね。

野良猫クロちゃんと、家猫花ちゃんの行動の違いを、今回はペットベッドの選択の差で知りました。

出入り口が狭いクローズ型ペットベッドが温かいと思うのは人間の考え

私は単純に、冬が寒いから、出入り口が狭いペットベッドが暖かいのではないかと、寒暖基準で、クローズ型ペットベッドを、野良猫クロちゃんに用意しました。

出入り口の狭い、Amazonのドーム型ペットベッドも、ニトリの三角ペットベッドも、クロゃんは10月11月と、2ヶ月間全く使いません。

私は初め、寒さに強い野良猫クロちゃんだから、使わないのだろうと思っていました。

人間が用意した、新規なものは非常に用心して、近づかないのだと思っていました。

しかし、クロちゃんが考えていたのは、寒暖よりも、危険の察知と回避という基準だったのです。

出入りがしやすいニトリのオープン型ペットベッド

ずっと以前から我が家にあった、ペットベッドをクロちゃんが使う姿を見かけました。

そこでクロちゃんに、ニトリのオープン型ペットベッドを購入し、クロちゃんがよくいる、いつもの机の上に置いたところ、3日目には入って使うようになりました。

2990円

これには感激!

ニトリの N ウォームペット敷きパッドも、あちこちの定位置で、使うようになりました。

699円

家猫花ちゃんはクローズ型ペットベッドに入る

反対に、家猫花ちゃんは、オープン型ペットベッドを使いません。

花ちゃんは、日差しのあるうちは、窓辺の猫台や、ベッドの上での日向ぼっこが、好きです。

広々した場所で、手足をいっぱい伸ばして、家猫は安心しきっていますね。

ニトリのNウォーム毛布

しかし、日がかげる夕方になると、クロちゃんが使わないクローズ型のペットベッドに、なんと!スンナリ入って使ったのです。

Amazon のドーム型ペットベッド

我が家に来て3年の花ちゃんは、家になれ、人になれて、安心して暮らしているので、クローズ型のペットベッドが平気なんですね。

ニトリの三角ペットベッドも Amazon のドーム型ペットベッドも、クロちゃんは使わなかったけれど、花ちゃんが使ってくれたので、無駄にならずに済みました。

クロちゃんには拒否られましたが、今回は花ちゃんに助けられました。

猫の考えを分からず、人間の考えで購入するので、無駄になるものも色々とあります。

野良猫クロちゃんの野生に学ぶ

クロちゃんは、ようやく家に慣れてきたが、人にはまだ慣れない。

だから、すぐに逃げられないクローズ型ペットベッドには入らない。

すぐに逃げられる、オープン型ペットベッドを使う。

外の世界へ戻りたい気持ちを抱えながら、暮らしているクロちゃん。

外の世界の暮らしと同様に、危険か?すぐに逃げられるか?が、クロちゃんにとっての最大の行動基準ということがわかりました。

2年、3年と、時間をかけてクロちゃんを知り、クロちゃんと仲良くなれる日を待ってみます。

タイトルとURLをコピーしました