介護生活をほっとさせる猫 猫は介護の共感者

この記事は約4分で読めます。

ヤエさん15年の認知経過の概要

 ヤエさんは1920年生まれ。25歳で終戦を迎え、27歳で美容師になった。

80代で、配布物を届けに近所へ出かけて、自宅へ帰れなくなる見当識違いが生じた。

2003年83歳でアルツハイマーの診断を受け、15年間の被介護生活を送った。

83歳から記憶維持の補助薬アリセプトを飲み始め、92歳からはメマリーも飲んだ。

2005年85歳で、爪切りの場所を忘れ、家族が盗んだと言う、せん妄が起きた。

2007年、87歳で、初代お母さん猫5歳と家族と同居するようになった。

2008年88歳でMMSE検査が30点満点中18点で、介護認定を受け、要支援2になった。

デイサービスを薦められ見学したが、週に1回、自治体の高齢者教室に1年半通った。

ほうれん草を1日に3回買ってきたり、食事したことを忘れたり、やかんを火に3時間かけたままだったり、下痢の下着を隠したり、外した入れ歯や補聴器の場所を忘れた。

2009年、89歳で、歩行者用の信号が赤でも保健師さんのほうへ道路を渡ってしまい、要介護1になり、デイサービスを利用するようになった。

家族が施設への入所を薦めたら、それが嫌で朝早く生家に向かって歩いて家出し、道路で転倒して救急車で運ばれ、90歳で要介護3になった。

2010年、90歳、発症7年目、トイレットペーパーの意味が分からなくなった。

ティッシュペーパーを持ってトイレに行く、子どもの頃の使い方に戻った。

猫がいると笑顔が増える

2010/11/18 20:32

 

家族
家族

猫ちゃんがいると、笑顔が増えて、ホッとするわね

2011年、91歳、血圧測定の意味が分からず怒るようになった。

冬、夜中に暖房ヒーターの電源を切ってしまうようになる。

2012年、92歳、トイレに行ったことを忘れ5分おきにトイレに立つ、トイレの水を流せない、尿取りパッドを使うようになった。

2012/ 7/15 20:45

 

家族
家族

「いつも猫ちゃんの毛を梳いてくれて有難う。」

 

2013/ 7/ 5 19:25
ヤエさん
ヤエさん

猫ちゃん、気持ちいいかな? 痛くないかい?

2013年、93歳、歩行器を押して歩くようになる。

初代お母さん猫を看取り、私と一緒にクーちゃんをもらいに、車で福島県まで行った。

2014年、94歳、パッドが濡れると夜中に全部脱いでしまい、次の失禁でベッドが濡れてしまうことが続いた。

つなぎのパジャマを着せることで解決!

2015/7/6 20:34

94歳で要介護4になり、デイサービスへ週7日通う。

2015年、95歳、一人でいられず、目が離せなくなった。

家族
家族

猫ちゃんを見るときは、とびっきりの笑顔になるね。

2016年、96歳、誰かが付きっきりでいれば、安全、お互いに安心して過ごせる。 

2016/7/21 13:29

 

家族
家族

目に力がなくなってきたが‥‥‥

猫が介護生活のキーパーソン

2017/4/14 20:38

 

ヤエさん
ヤエさん

猫ちゃんが見ていてくれるから足の運動を頑張るね

 

2017年97歳、発症14年目、薬の粒を呑み込めない嚥下の退行が起きた。 

2017/12/30

 

ヤエさん
ヤエさん

「猫ちゃん、いい気持ちそう、嬉しい。」

2018年、1か月間、老人保健施設へ入れた。オムツになった。自宅へ戻る。

2018/2/19

 

家族
家族

猫にも無関心な様子が増えた。笑顔が減った。

 

2018年、歩けなくなり、車いす生活。1か月間、グループホームへ入る。自宅へ戻る。

2018/4/3

 

ヤエさん
ヤエさん

猫ちゃんより、今はテレビが見たいな。

 

2018年、98歳、在宅で、要介護5になった。脱水と尿路感染症で3回入院。

2018/5/24

 

ヤエさん
ヤエさん

猫ちゃん有難う。そばにいてくれるんだね。

 

自宅から車いすでデイサービスに毎日通い、入浴も2食も介護士さんたちに手厚く看てもらって、最後まで自宅で過ごせた。

2018/6/12

 

ヤエさん
ヤエさん

もう、喋れないけれど、猫ちゃん、有難うね。 いつもいつも、そばにいてくれたね。

次からは、介護生活を楽にしたグッズをさまざま紹介します!

 

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
介護アイディア
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました