ヤエさんお母さんクロ母似灰色 短毛 クー 花
ヤエさんと7匹の猫生

猫の脱走 網戸に注意 2階の屋根で降りられない場合 

スポンサーリンク
8d2ff00283da0c08915526755b1acd57
この記事は約2分で読めます。

5 初めての脱走

 クーちゃんは雄だからか、13歳なのに移動や走りが速く、ジャンプも力強い。

家の構造に慣れて来て、階段は脱兎のごとく駆け降り、駆け昇る。

やっぱり外が好き

しかしさすがに、クーちゃんも13歳だなと思うところもある。

足が弱いのか、体重が外側にかかり、歩行が左右に揺れるように見える。

後ろ足が内股気味でふらつくことがあり、そんな時は高齢に思える。

後ろ足の踵の毛が減っていて剥げている。

しかし、高さ90センチの窓枠の板にも自力でヒョイと上がる。

窓から外猫を見かけると、そばまで行きたくて走り出す。

それが高じてついにクーちゃんは、あるとき脱走した。

我が家へ来てからちょうど1か月たったころだった。

その朝は小雨が降っていた。

朝、6時半、どこからかクーちゃんの鳴き声がした。

見回したが室内には姿が見えない。

声のする方へ行くと風呂場の外から声がしていた。

お風呂場の網戸を開けて脱走

クーちゃんは自分で網戸を開け、50cmほど離れたお隣の屋根に飛び降りたようだ。

しかし、風呂場の窓枠が狭いので、帰りは窓枠に飛び上がれずに鳴いていた。

屋根は広いから飛び移れるが、窓枠は10cmと狭いから猫でも怖いのだ。

かつて初代猫のお母さんが10cmのブロック塀に向かって屋根から飛び降りられなかったのと同じだ。

風呂場の窓から私が「クーちゃーん」と呼ぶと走り寄って来た。

手を伸ばすと逃げないで、素直に抱かせてくれた。

何時からそこにいたのだろうか。

雨に濡れていた。

昨夜、風呂場の換気のために窓ガラスを開けて網戸だけにしていた私のミスだった。

クーちゃんも引き戸や網戸を器用に手で開けられるようになっていた。

脱走の後で

身体を拭いてやると、脱走で疲れたのか、クーちゃんはじきに眠ってしまった。

クーちゃんもお母さん猫と同様に猫の本性が勝り、これに懲りることなく、3回お隣の屋根に行った。

窓の網戸を開けられないように早急に対策を講じなければならないと思った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました