インターネットで見つけたキジトラの保護猫

この記事は約3分で読めます。

2 保護猫 花ちゃん

 10歳を超える保護猫は、県内ではなかなか見つからなかった。

1か月ほどネット検索して、ようやく5歳の雌猫を、県内の保護猫協会のサイトで見つけた。

子猫だったクロを亡くした時から憧れていた、生命力が強そうなキジトラ猫だった。

プロの写真家さんが撮ったという、ホームページの掲載写真に、ひと目惚れした。

NPO法人日本動物愛護福祉協会ホームページ掲載中の花ちゃん

それが、花ちゃんだった。

花ちゃんを、毎晩インターネットで、何週間も眺めていた。

花ちゃんは5歳のためか、見つけてから1か月経っても2か月経っても、新しい飼い主の決定記事が載らないで、そこにいた。

サイトの経歴書には、トライアルのお宅で、夜中に激しく鳴いて、一晩で返されたと正直に書かれていた。

夏になり、私は漸く決心して、インターネットのメールで、花ちゃんを飼いたいと、保護猫協会に申し出てみた。

グリーンアイとツキノワグマの模様

保護猫協会の保護主さんは、とても喜んで、「譲渡会に会いに来てくれ」と、すぐに返事をくれた。

事前に保護主さんと、何回かメールでやり取りをした。

会いに行くと、花ちゃんは想像していたよりも、堂々とした体格だった。

頭と手足は小さく、しっぽも短いのに、胴体は横綱級だった。

短毛のキジトラ模様と、可愛い口元の点々模様と、エメラルドのグリーンアイがきれいだった。

ツキノワグマのような、首周りの明るい茶色の半月模様も、チャーミングだった。

初対面で、私は花ちゃんを気に入った。

「飼いたいです。」とその場でお願いをした。

花ちゃんはもともと野良猫で、2年前に5匹の子猫と一緒に保護されたのだそうだ。

5匹の子猫は、次々と新しい飼い主さんに引き取られ、母猫の花ちゃんだけが残ったらしい。

そう聞いて、子猫と別れた花ちゃんの、悲しみと寂しさを思った。

花ちゃんに会う1年前、私は97歳の親の14年目の介護をしていた。

4か月ほど親を施設と病院に預け、初めて離れ離れになった

4か月ほど、親を施設と病院に預け、初めて離れ離れになったことがあった。

そのとき、「身を切るようなつらさ」というものを、私も味わった。

その時のつらさは、産んだ子どもを里子に出すような、心の痛みだった。

子猫と別れた花ちゃんのおっぱいは、張らなかっただろうか。

子猫を舐めたり、抱いたり出来なかった花ちゃんの、鳴き叫ぶ姿を思った。

子猫と離れた花ちゃんは、トライアルの新しいお宅で、我が子がどこかにいるのかと、貰われてしまった子猫を探したのではないか。

そういう歴史の花ちゃんだから、保護主さんは、花ちゃんの環境変化を、とても心配してくれていた。

鳴いたであろう花ちゃん

なかなか新しい飼い主さんが現われない花ちゃんは、保護主さんのお宅で既に2年もの間、可愛がられているということだった。

花ちゃんは毎週末の土日に、保護主さんと譲渡会へ欠かさずデビューしていたが、当時3歳の成猫だったこともあり、新しい飼い主さんが2年間決まらず、5歳になったのだそうだ。

2年も一緒にいれば、保護主さんは情が移る。

保護猫ボランティアで面倒を見て来た保護主さんご家族の、花ちゃんへの深い愛情を思った。

花ちゃんの直接の世話担当だった、保護主さんのお母さまは、花ちゃんを送り出してしまって寂しくないだろうか。

保護主さんとの別れは、花ちゃんにとっても切ない気がした。  

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました