使い慣れた猫トイレ、円形の爪研ぎ、猫用手作りオモチャのシャカシャカ、ちゅーるアペティート

この記事は約3分で読めます。

3 花ちゃんの探索行動

 花ちゃんは、真夏に我が家にやってきた。

花ちゃんの我が家への適応を心配した保護主さんは、使い慣れた品々をたくさん持たせてくれた。

花ちゃんお気に入りの鉱物砂の猫トイレ、匂いのしみ込んだ毛布、使い慣れた円形の爪研ぎ(クリーンミュウの丸型爪磨き)、保護主さんお手製のシャカシャカのおもちゃ、大好物のいなばのちゅーるアペティートなどだった。

花ちゃんお輿入れの当日は、保護主さんが毎週末の譲渡会への往復に使っていたキャリーバッグで、花ちゃんを車に乗せて送って来てくれた。

かつてのトライアルで、花ちゃんが一晩中鳴き叫んで、一晩で返されてしまったことを、保護主さんは心配していた。

保護主さんは、長年ボランティアで保護猫を育てている、猫の生態に詳しい奇特なかただ。

我が家の2階で、保護主さんと一緒に、キャリーバッグから花ちゃんを放した。

新しい場所の探索

花ちゃんは、腰をかがめて這うように、移動した。

新しい場所が、怖いのだ。

脅かさないように、遠巻きに見ていると、花ちゃんは段々と、探索を始めた。

その様子を見て、保護主さんも少し安心して、譲渡会場へ帰られた。

花ちゃんは、家じゅうを探索し、夜は2階の机の下の薄暗い場所に、こもった。

探索

狭いところが、安心するのだ。

1日1食だけで、じっとしていた。

ここは、どんな場所なのか。

いつもの場所を失くした私は、どうなるのか。

そういう不安で、いっぱいだったと思う。

花ちゃんは、シーンと静かな夜中の3時ごろに、低い姿勢で見回りを再開し、探索をした。

新しい場所の安全を、丁寧に確認していた。

2日目は、食事やトイレに出て来たが、やはり机の下が花ちゃんの安全基地だった。

3日目は、何度も見回りと探索に出て来るが、ほとんどは机の下やカーテンの影にいた。

食事は、保護主さんに聞いていた、ヒルズの消化ケアi/dチキン味を、購入しておいた。

花ちゃんは食べてくれたが、緊張と不安で食事量も少なく、ちょっと便秘したらしい。

数日で花ちゃんの歩くときの腰も高くなり、1日2食を食べるようになり、ウンチも漸く解決した。

体重計に抱いて乗り、後で私の体重を引くと、花ちゃんの体重は、6.5キログラムだった。

猫を膝に乗せたいと思っていた私だったが、さすがに花ちゃんの重さは、抱っこを躊躇させる重さだ。

不安で食事量が少なく、排便量も回数も少なめで、花ちゃんとしては、始めは少し痩せてしまったようだった。

2週目からは、明け方と夕方の2回の見回りで、我が家に慣れていった。

夜の見回り

3週目は、気楽に家の中を歩くようになり、排泄後の報告を小さい可愛い声で「ニャー」と教えてくれた。

新しい家に慣れるまで、花ちゃんの付近に人間がいないこと、安心な自分のケージ、以前から使っていた爪研ぎ、使っていたトイレと猫砂、これまでと同じ食事が、花ちゃんの順応にとって、大切な要素だった。

持参の慣れたトイレで

保護主さんの周到な準備と、メールでのアドバイスのおかげで、人見知りの強い花ちゃんも、少しずつ我が家へ慣れてくれた。

安心した花ちゃんの体重は6.75キログラムあった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました