カメラが嫌いな猫をうまく撮影するコツ 警戒心の強い猫

この記事は約2分で読めます。

4 人見知りが強い猫

 初代猫のお母さんは抱かれることを嫌う猫だった。

カメラは嫌いです

フワフワしたお母さん猫を私は抱きたかったが、抱くと逃げられた。

お母さんは写真に撮られることも嫌いだった。

カメラの黒いレンズが怖いのか、レンズを向けると目をそらした。

あるとき、あの「はっちゃん日記」で有名な八二一はに はじめのお二人が本の中で撮影のコツを3点書いていた。

1.猫の目の高さで撮影する。

2.瞳に星が写るように撮る。

3.好きなオモチャを使う。

それからはできるだけそのように真似ようとしたが、私のガラケーのカメラの手振れ、接写ぼけで私のカメラセンスは上がらなかった。

撮らないでね

ガラケーのカメラを構えると、猫ちゃんたちにいつもそっぽを向かれた。

二代目猫のクーちゃんも抱かれることが好きな猫ではなかった。

写真撮影も好まなかった。

ほとんどの猫はそうなのだろうか。

そうだとしたら、岩合光昭氏の撮影力はやはりすごい。

猫の習性をよく知った人でなければ撮れないプロの技だ。

岩合さんの「世界ネコ歩き」の放映を見ていると、岩合さんが何十分も何時間も、ときには数日カメラを構えて、撮影チャンスを狙っているというくだりが何度も語られる。

私とは、観察と構えとカメラの値段が違う。

寛いでいるのに撮らないで

3代目猫の花ちゃんも抱かれることを嫌がる。

もちろん写真撮影も嫌がる。

さっきまで自然ないい表情をしていたのに突然目を伏せる。

横を向く。

我が家に来た3代の猫たちはそこが共通していた。

    

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
保護猫花ちゃん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました