8kgかもしれない猫の花ちゃんの体重が怖くて量れない

この記事は約3分で読めます。

6.75kgまで、花ちゃんの体重を毎月測っていました。

その後、ずっしりと重くなった花ちゃんの体重は、7.45kgになりました。

花ちゃんの皮膚炎が気になって、食物アレルギー療養食の、ロイヤルカナン低分子プロテインやターキーを、欲しがるままにたくさん食べさせたから、重くなりました。

7.45kg以上の体重増加を知るのが怖くて、8月以来、花ちゃんを体重計に乗せていません。

昨夜、花ちゃんは 50 ㎝ の高さのベッドに、一気に登れず、こけました。

クーちゃんの介護の時に使っていた、ペットステップ(階段)を出した方がいいかなぁ。

飼い主自身のコレステロールだけでなく、花ちゃんのコレステロールにも、気を使わないといけませんね。

ダイエット、ダイエット。

最近の花ちゃん

花ちゃんは、朝一番に、「毛をすいてくれ」と、テーブルの上にやってきます。

私がちょっと油断して、ルイボスティーを置いたままにすると、先に花ちゃんに飲まれてしまいます。

不用心に置いた私が悪いので、仕方ありません。

さすがに共用では飲めないので、諦めて捨てます。

花ちゃんの飲み水には、歯磨き代わりのマウスクリーナーゼロを入れています。

臭覚が鋭い花ちゃんは、どうもマウスクリーナーゼロの入っていない水を、飲みたいようなのです。

毛をすいてもらって気持ちが良くなると、どすこい座りで、ちょこんと舌を出して、可愛い顔をしています。

昼間は、暖かいと窓に手足をくっつけて、お昼寝をしています。

ジュウタンにじかに寝ないで、ユニクロのブランケットの上で寝てくれると、ダニに喰われません。

寒いと、ベッドの羽毛布団に潜って、寝ています。

いたずらも粗相そそうもしないで、静かにお留守番をしてくれる花ちゃん、世話がなくて助かります。

本当はまだまだ遊びたい年頃の花ちゃん

買い物の、空いたポリ袋を見つけると、もぐって奥をのぞく花ちゃんです。

狭いところへ潜ろうとする、猫の習性なんですね。

最近、私がカシャカシャで遊んであげないので、花ちゃんもストレスが溜まっているのかな?

寒くなって、エアコンの暖房をつけるようになったので、夜は、花ちゃんもお気に入りの椅子でリラックスしています。

香箱こうばこ座りの時は、椅子は1つでも、なんとか足りるのですが……。

ペトロの椅子に、ニトリの子供用枕カバーがぴったりです。

手足を伸ばしてリラックスする時は、花ちゃんはでかいので、椅子を2つ並べないと、身体がはみ出してしまいます。

私のパソコン仕事が終わるまで、そばで静かに待っていてくれる花ちゃんです。

2つ並べた椅子でようやく伸びができます

ベッドの端に寄って寝てくれる花ちゃん

ベッドの中央にドデンと寝ることが多い花ちゃんですが、最近ベッドの端っこに、縦に寝てくれる時もあります。

体格の良い花ちゃんが、ベッドから落ちると困るので、脇にペトロの椅子を置いています。

何せ猫は、平熱の体温が39°c もありますから、布団で身体が熱くなると、椅子に出てちょっと身体を冷やすのです。

これくらい端に寄ってくれると、私ものびのび寝られます。

落ちないでね、花ちゃん。

後日談

2021/11/7 恐る恐る量った花ちゃんの体重は、な な なんと! 8kg ぴったりでした。

どうしよう………

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました