猫の睡眠

この記事は約3分で読めます。

16 花ちゃんの眠り

 花ちゃんが、NPO法人「日本動物愛護福祉協会」から我が家に譲渡されて、10か月になる。

花ちゃんの暮らしが、大体わかってきた。

花ちゃんは、先代猫のクーちゃんより、あまり寝ない。

眠る姿は幸せそう

まあ、クーちゃんは13~19歳と高齢猫だったから、20時間近く寝ていたのかもしれなかった。

クーちゃんが我が家に来てからは、昼も夜も長く寝ていることが、クーちゃんの長寿につながっていたと思う。

それに比べると、6歳の花ちゃんはまだ若いからか、昼も夜も睡眠時間が短い気がする。

75cmの机にいっぱいになります

花ちゃんは4~5時間続けて寝ると、あとは起きている。

猫は夜行性だから、花ちゃんは夜中寝ないで、ベッドで香箱座りして起きていることもある。

騒いだりしない。

静かに起きている。

机がひんやりして気持ちがいいのか、私のパソコンデスクで朝から寝てしまい、午前の仕事が渋滞することもあるが‥‥‥。

大抵は、朝ごはんが済むと毛繕いもせず、窓を開けてくれと私を見つめる。

飽きずに外を何時間でも見ていま

じっと見つめる目が、言葉だ。

南窓を開けてやると、その定位置に腹ばいに陣取る。

花ちゃんは目がいいので、網戸は苦にならないらしい。

昼間はめったに外猫は通らないのだが、午前中いっぱいは、そこにいて、飽きずに外を眺めている。

車が通るから、視界に小さな動きと変化があって、それでいいのだろう。

言葉を話せなくなった97歳の親が、病院の窓から見える山や緑の景色を、車椅子から飽きずに何時間も眺めていたことを思い出す。

じっと見つめて訴えます

穏やかな、優しい時間だった。

花ちゃんも、幸せそうに飽きずに外を見ている。

そこへ視線を重ねると、私も静かで平和な気持ちだ。

花ちゃんには体内時計があるらしく、昼12時頃は、むっくりと起きてきて、「ニャー」と鳴き、じっと私を見上げる。

昼ごはんの要求だ。

昼は、カロリーのことを考えて、ドライキャットフードはやらないようにした。

花かつお一つまみと、堀川のカニ風味かまぼこ50%塩分カットサラダ「アラスカ」(10本入り100円)1本だ。

好物のまぐろ節とカニかま

カニかまぼこは冷蔵だし、不消化なので、1本を割いてほぐし、包丁で長さを4等分して与える。

カニかまは、初代猫のお母さんも大好物だった。

花ちゃんは今、花かつおは、アイシアの猫用おやつ金缶無垢「まぐろぶし」(200円)が、ふわりとしていて一番好きらしい。

午後は、窓ガラスに背中を付けて温まり、昼寝をしている。

暑い日は、窓から20センチくらい離れて寝ている。

雨の日は、窓を開けてもらえないからか、一日中、長く寝だめしているようだ。

好物のまぐろ節とカニかま

私が帰宅すると、夕食を食べ、丁寧な毛繕いをして、花ちゃんは夜8時頃から眠そうにする。

「花ちゃんは早寝だ」と、前の保護主さんが言っていた。

夜は、目をショボショボさせる。

可愛い。

私が夜更かししていると、花ちゃんは先に眠ってしまう。

夜8時ごろからぐっすり寝ると、深夜から明け方にかけて、花ちゃんは窓辺で一人で起きている。

夜中のほうが外猫の往来があるらしい。

夜8時ごろ猫台で先に寝てしまうことがある

静かで世話のない花ちゃんだ。

やはり、成猫の雌猫を貰ってよかった。

花ちゃんに、出会えてよかった。

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました