猫のフミフミ 猫は体感温度計

この記事は約3分で読めます。

15 花ちゃんのフミフミ

 花ちゃんは譲渡から1か月ほどすると、我が家の暮らしに慣れた。

2か月目には私の移動や歩く音に驚かなくなり、人間にも慣れた。

3か月目には朝ご飯の請求で私の足元にすりすりし、甘えて這い上がる。

花ちゃんは4か月ほどで我が家の猫になった。

5か月目の冬、私のベッドの上で寝てくれるようになった。

上掛けにしているニトリのNウォーム毛布のふわふわ感が気に入ったらしい。

花ちゃんもこれまでの先代猫たちのように羽毛布団でフミフミをする。

ニトリのNウォーム 毛布の滑らかさがお気に入り

花ちゃんのフミフミは初代猫のお母さんのように優しいフミフミだ。

やはり雌のフミフミは、雄のフミフミより優しい。

花ちゃんはフミフミが終わると毛布を舐め始める。

フミフミで場所慣れが済むと毛布を舐める

まるで子猫の頭を舐めてやるかのように。

その丁寧な舐め方を見ると、花ちゃんが子猫と別れたことを思う。

寒い日は明け方、布団の中へ潜ってくる。

私のパジャマの腕にフミフミをする花ちゃんの爪で、二の腕が痛い。

こういうときは、週に1度の爪切りを忘れないようにしようと思う。

気温が暖かい日は、一晩中花ちゃんは、羽毛布団の上で眠っている。

花ちゃんは布団の中央にデンと寝る。

ベッドの中央にデンと寝る

布団の端に、ベッドの長辺と平行に寝てくれると私も足を伸ばせるのだが、花ちゃんは中央に、ベッドの長辺に対して垂直に横たわる。

私は足を伸ばす場所がない。

人は一晩に20回くらい寝返りを打つそうだ。

花ちゃんの重みで私の寝返りが封じられる。

夜間、花ちゃんに気を使って、寝返りできないからか、朝、私は腰痛だ。

そこで2階の炬燵下のホットカーペットを一晩中点けておくようにしてみた。

花ちゃんはそこで寝ることもある。

花ちゃんがベッドにいない夜は、私もベッドで自然に寝返りが打てる。

また花ちゃんは、どうもベッドから降りられる方向に頭を置いて眠りたいらしい。

ベッドの降り口に向いて寝る

何かの時にさっと降りて逃げられるようにだろうか。

のんびりしているように見えても、花ちゃんも野生のネコ科の動物だ。

岩合光昭氏の写真集に「ネコライオン」という本がある。

猫とライオンの野生を見開きページで比較している。

面白い。

春になって暖かい夜は、花ちゃんは私のベッドに来ない。

別のベッドで、花ちゃん一人で寝ているらしい。

一人で寝ていることもある

花ちゃんはまるで温度計だ。

布団に潜ってくる朝は12度以下で寒い。

布団の上で寝ている日は12~15度くらい。

布団に来ないときは15度以上の暖かい日だ。

花ちゃんの行動で気温が分かる。

こういう様々な暖の取り方を見ると、猫も快適になるように色々と工夫しているのだなと思う。

人間と変わらない。

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
保護猫花ちゃん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました