猫のダイエットを成功させる3つの方法

この記事は約3分で読めます。

8 ダイエット

 花ちゃんをダイエットさせようとするが、、とても難しい。

6.95kg

花ちゃんの甘い鳴き声に負けて、つい朝食・夕食以外にも、いなばのちゅーるアペティートをあげてしまう。

ネットで読んだら、猫が太るのは、飼い主が餌をあげるからだ、と書いてあった。

その通り。

ダイエットの第一には、餌をあげるのではなく、遊んであげればいいそうだ。

手作りのシャカシャカ

反省した。

花ちゃんと、毎晩一生懸命シャカシャカで遊ぶ。

シャカシャカは、百均のダイソーやセリアのホログラム折り紙を買って、5㎜幅に切って作る。

Amazonでも、3本、999円で売っている。

POPETPOPのスティックリボンだ。

シャカシャカは、花ちゃんの育ての親の保護主さんから教わった、花ちゃんの大好きなオモチャだ。

出典:Amazon POPETPOPのスティックリボン

一生懸命シャカシャカで遊ぶが、花ちゃんは貰って来た時よりも、0.2kg増えた。

6.95kgある。

7kgにさせてはならない。

第二に、最近ようやく、花ちゃんの食事の、太らせないためのコツを覚えた。

花ちゃんは頭がよくて、アペティートを貰えないと、いかにもがっかりしたという風に窓のほうへ行き、しばらく経ってからこそっと食器へ戻ってきて、消化ケアi/dチキン味を食べる。

ヒルズの消化ケアi/d

アペティートを貰えないと分かれば諦めて、そこに在るものを食べるのだ。

花ちゃんは、アペティートの赤に似ている私の万田酵素ゼリーなども、欲しそうに見る。

私の食べ物を花ちゃんが欲しがったとき、私は花ちゃんに匂いをかがせることにしている。

すると花ちゃんは「好物でない」と自己決定し、諦め離れていく。

アペティートと万田酵素が似ている

私は花ちゃんを、一度も叱ったことがない。

これまでのお母さん猫もクーちゃんも、叱ったことがなかった。

猫は言葉を持たないので、人間の言葉や表情・声色で叱っても無意味だと思っている。

困ったな、と思うくらいで、猫の行動を、言葉で規制しようとは思わない。

叱らなくても、鼻先にそのものをあげれば、匂いで猫は自分の好物かどうか、食べられるものかそうでないかを、判断できるのだ。

花ちゃんの体重は、花ちゃんにイニシアチブを取られない、飼い主がイニシアチブを取るこの方法で、6.95kgから6.65kgに3か月でダイエットできた。

わずか0.3kgだが、人間でいえば、69kgが66kgになったダイエットだと、思っている。

花ちゃんに大好物をやれないのは切ないが、7kgにさせないために、飼い主は食事のイニシアチブを取らねばならない。

第三には、夜食をあげないことだ。

花ちゃんのダイエットを目指してからは、夜食をあげずに、歯磨きジェルで歯磨きしておしまいサインにしている。

アースペットの歯磨きジェル エブリデント カインズにある

どうしても欲しがったときの夜食は、カロリーの少ない花かつおだ。

あと10年かけて1年に少0.2kgずつ体重を減らせたら、10年で2kg花ちゃんの体重を減らせる。

花ちゃんの手足に7kgの負担がかからないように、せめて5kgの体重にしてやりたいなぁと思う。

毎日花ちゃんを遊ばせる、私の努力にかかっている。

私の毎日の3000歩の、散歩ノルマの実行に似ている。

また花ちゃんは太っているためか、初代のお母さんや2代目のクーちゃんのように、丸まって寝ることができない。

大抵お腹を上に向けて、無防備な姿で寝ている。

いつか、花ちゃんも5kg以下に痩せたら、丸まれるのかもしれない。

香箱座りも堂々としている。

丸々とした花ちゃんを脇から手を回してそっと抱くと、赤ちゃんを抱くようで、気持ちがいい。

ダイエットはさせたいが、私は太っている花ちゃんが好きだ。

香箱すわり

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました