ペットロス 保護猫を迎えるまで

この記事は約2分で読めます。

1 三代目の猫探し

 二代目猫のクーちゃんが老化と口内炎で、冬に逝ってしまったことは悲しかったが、不思議と涙は出なかった。

二代目 クーちゃん。しばしばバッグの中で寝ていた

19歳のクーちゃんの介護を、半年出来たからかもしれない。

猫の半年は、人間の2年くらいに相当する。

クーちゃんは、人間で言えば90歳くらいだった。

口内炎の介護という状況ではあったが、最後にクーちゃんとの蜜月を過ごせた。

クーちゃんは、インターネットで見つけた猫だった。

元野良猫だった初代のお母さんが12歳で死んで、やっぱり猫のいない生活は寂しくて、ネットで保護猫を探した。

初代 お母さん猫

東北の震災があり、自分にも何かできることはないかと、被災した猫ちゃんを貰って育てようと考えた。

福島県で被災したかたが、アパート住まいで猫を飼えなくなって、「いわき市犬猫を捨てない会」に保護されたクーちゃんを、ホームページで見つけた。

クーちゃんは、震災当時11歳と高齢だったために、その後2年間、新しい飼い主が現われなかった猫だった。

私は、お母さん猫が12歳で死んだので、クーちゃんが13歳だということに、見えない縁を感じていた。

13歳を迎えることが出来なかったお母さん猫の代わりに、13歳のクーちゃんを育てることで、お母さんの猫生を継続できるような気がした。

いわき市まで、往復500キロ、車で貰いに行った。

2年間保護猫として、ケージ暮らしだったクーちゃんは、手のかからない、ベタベタしない雄猫だった。

13歳からの6年間、ひょうきんなクーちゃんに、小さな幸せをたくさん貰った。

ひょうきんだったクーちゃんのガシガシ

19歳になったクーちゃんを見送って、何週間かはぼんやりとしていた。

クーちゃんのアルバムや、フォトキーホルダーを作って、ペットロスをしのごうとした。

3か月くらい経つと、日常が戻って、猫のいない生活が寂しくなった。

穏やかな、大人しい、老猫を飼いたいと思った。

二代目のクーちゃんは、13歳で貰ったが、雄のせいか、飼い始めは活動的だった。

出来れば、もう少しのんびりした猫がいいなぁと思い、雌の老猫を飼いたいと思った。

クーちゃんは遠出で迎えたが、あれから6年経って、自分もあまり遠出は出来ない年齢になり、今回は県内で探せたらいいなと思った。

毎日、老猫をネットで探した。

ネットでは、県外に10歳を超える保護猫がいたが、県外へ猫を見に行くことは、距離も気持ちも遠かった。

広島県の保健所で、殺処分を待つ老猫がいて、近くだったら迎えに行けてよかったのに、と切なかった。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました