猫のクシャミと涙目、通院できないときに猫風邪を2日で治したトラネキサム酸

この記事は約5分で読めます。

花ちゃんが、土曜日の午後から、盛んにくしゃみをし始めました。

右目から、涙もたくさん出ます。

その花ちゃんに、トラネキサム酸を12時間おきに3回飲ませたら、くしゃみも涙も消失したので、その経過を報告します。

花粉症のくしゃみかな?

土曜日の午前中は、花ちゃんの右前足の痛み止めの注射に、動物病院に行きました。

お昼頃、暖かく静かな良い天気だったので、花ちゃんの要求に負けて、ガラス戸を2時間ばかり開けました。

そのせいで、花ちゃんの鼻に、花粉が入って、そのせいのくしゃみなのだろうか?

原因がわかりませんでした。

右目が涙目になっています

通院と注射で食欲がなく体重が落ちて風邪を引いたのかな?

花ちゃんのくしゃみが、あまりに頻回なので、ネットで調べてみると、体力が落ちた時に、猫風邪にかかることがある、とありました。

通院ごとに動物病院で測ってもらった花ちゃんの体重は、7.7 kg ➡7.3 kg ➡7.2 kg ➡7.0 kgと落ちてきています。

通院のストレスで食欲もなく、抵抗力が弱くなってしまって、猫風邪にかかってしまったのか?

動物病院が休診なので、どうしてあげたらいいか、不安でした。

右前足が悪く治療中で、右目だけ涙目になった。

クロちゃんのくしゃみと涙目が移ったのかな?

野良猫クロちゃんは、保護してからずっと、1階に隔離しています。

通院のため、花ちゃんを、1階の玄関に、キャリーバッグで連れて行きます。

クロちゃんとは、キャリーバッグとペットフェンス越しに、50 cm 以上は接近していません。

その時クロちゃんも、ニャーとは鳴くが、くしゃみをしたわけではありませんでした。

しかし、私が1階のクロちゃんのところへ、2階と同じスリッパで行っているため、私がクロちゃんの風邪菌を運んだ可能性はあります。

1階のフロアと2階の絨毯を、同じスリッパで私が歩き、花ちゃんは素足で絨毯を歩きます。

花ちゃんは、朝夕のお手入れで、手足の裏も舐めるので、クロちゃんの風邪菌が、私のスリッパから移りそうです。

クロちゃんのくしゃみと涙目が、花ちゃんに移ったのか?

栄養が良くなり、くしゃみがなくなり、涙目も減ったクロちゃん。

クロちゃんは、出会った去年の8月からずっと涙目をしている猫ちゃんでした。

11月に捕まえた後も、くしゃみをよくし、涙目にも時々なっていました。

最近のクロちゃんはくしゃみはしなくなり、涙目は寒い朝だけのような気がします。

クロちゃんは、毎日のエサと新鮮な水で栄養が良くなり、体力がついてきたのかもしれません。

しかし、クロちゃんには重大な病気が隠れている可能性があるので、花ちゃんとは隔離した生活をし、仲良くなったら動物病院に連れて行って検査をします。

1階を歩く時、スリッパを取り替えなかった私が迂闊うかつでした。

遅ればせながら、1階用のスリッパを区別することにしました。

人間用のトラネキサム酸を1/5やってみた

土曜日の午後と日曜日は、動物病院もお休みだし、どうしよう、と困りました。

その日、ちょうど私も喉が痛く、トラネキサム酸を飲もうと思い、飲みました。

私が、スギ花粉症で、喉が痛い時に飲んでいる、トラネキサム酸250mgです。

インターネットの検索によればトラネキサム酸は、タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種で、炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っていて、 喉の腫れや口内炎を治療する薬や、毎日使う歯磨き粉などにも、幅広く使われているそうです。

以前、知人から、動物への処方薬は、人間の薬の成分と同じで、動物の体重に合わせたmgになっていることが多いと、聞いたことを思い出したのです。

花ちゃんは、体重が8 kg 近くあるので、私の体重の1/5~1/6です。

錠剤を粉末にしてチュールと混ぜて飲ませる

錠剤のすりつぶし器を使って、トラネキサム酸の錠剤をすりつぶし、花ちゃんに飲ませます。

ちゅーるアペティートが生産終了になり現在はチャオプチhttps://amzn.to/3d7wSqjで代用できる

親の介護の時、錠剤を飲み込めなくなった親に使った薬すりつぶし器 https://amzn.to/3hbwrK4 は、色々と販売されています。

袋の外側からよく揉んで柔らかくしたチャオプチの半分に、粉末にしたトラネキサム酸50mgをよく混ぜ、その上にチャオプチの残りの半分をのせて出します。

お腹が空いている夕ご飯の時間帯ですが、花ちゃんは、用心深く匂いを嗅いで、食べません。

困ったなあと思いながら、スプーンですくって口元に出してみると、花ちゃんは舐めてくれました。

その後はもう、トラネキサム酸入りのチャオプチを、勢いよく食べてくれて、口直しのチャオプチまぐろも食べました。

数時間で、夜遅くには、くしゃみが止みました。

14時間後の翌朝、涙目が少なくなっていました。

トラネキサム酸は、初日の夜、2日目の朝と夜に、飲ませました。

2日目の日曜日はくしゃみをすることがなくなり、3日目の月曜日には涙目がなくなりました。

4日目には、くしゃみもしない、涙目もない、元気な花ちゃんに回復しました。

くしゃみがなくなり、涙目がなくなった花ちゃん。

食欲や体力の回復も風邪の回復と関係していた

花ちゃん自身の食欲も日曜日から戻ってきていたので、食欲と体力の回復が、風邪の回復を促したと思われます。

トラネキサム酸は、12時間おきに、3回飲ませただけです。

くれぐれも、動物病院の獣医さんの診察と診断、動物病院の処方薬が優先で、安全です。

動物病院がお休みの時の、我が家の緊急時の対応例でした。

猫ちゃんブログへのコメント

タイトルとURLをコピーしました