子どもが落ち着くパズル場面と、落ち着かない行動の場面を理解しよう

この記事は約6分で読めます。
スポンサーの広告リンク

最近の L 君の学習場面の様子

L君は4歳になった。

アンパンマンのソフトパズルの遊び方が上達した。

言葉が発達したのだ。

アンパンマンたちを外しながら、自発的に「並べる」と言った。

自発的に「並べる」と言った。西松屋のお風呂パズル。\1000位

初めてのことだった。

私が以前に、保育園を真似て「並んでください」と、恐竜やアンパンマンのピースを並べたことを、覚えていたのかもしれない。

L君がパズルを操作しながら喋る時は、パズルの難易度がL君の発達に合っている時だ。

パズルが難しいと黙ってしまうか、机から離れていってしまう。

L君のパズルの操作は、「入れる、填める、合わせる」、まで来た。

きょうは、「上から入れる」という操作を新しく覚えた。

L君の行動は、一語文であることが多い。

一発で「バン」と入れようとして、乱暴に見える。

丁寧になるには、言語がリードしなければならない。

アンパンマンのソフトパズルの、ジグソー型のピース🧩が、一発で入らなかった。

私がカメラを構えて「パズルを見せて」と言うと、保育園の先生の紙芝居の読み聞かせを真似て、顔を隠してパズルだけ見せた

これは、隣同士を組み合わせて、全体を合成しなければならないパズルだ。

私が「上から、上から」と言いながら填めてみせたら、人形型のピースの突出部分🧩を上から合わせる行動をまねた。

恐竜のパズルも、一発で入る、段ボールパズルは楽しんだ。

恐竜は口を閉じている、闘いでない姿の恐竜を選んで、コピーしている。

お母さんも「ジュラシックパークやダイナソー」のDVDなどを見せない。

3歳の一時期、保育園で噛じることがあった。

恐竜の映像から、激しさだけを取り込んでしまい、接近コミュニケーションと勘違いして、攻撃や噛じることを保育園で再現してしまう認知の誤解があるからだ。

恐竜は、お母さんは絵本や図鑑を見せたり、私はダイソーやセリアの絵カードからパズルにしたりしている。

最近、療育の部屋での、「バーン、バーン」と恐竜を闘わせるイメージ再現が減った。

机上で、パズルピースのアンパンマンや動物で、保育園のかくれんぼやとまり鬼の再現が、増えた。

絵柄の上下をわかるので、文字を付け始めた。
恐竜メモリーカード 岩崎書店 2010年 ISBN-426582501X Amazonで\628 2枚ずつ21組42のセット
極力、口を開いていない、歯型を見せない、やさしい?恐竜にしている。

8ピースくらいの恐竜の絵柄を合わせるパズルになったら、前回は粘り強く11種類全ての構成に取り組んだものの、きょうは、3つ目以降は難しくて放り出した。

ダイソーの知育パズルに、恐竜コピーを貼った。前回は恐竜合成の11種類、全て取り組んだ

L君も、疲れていて、意欲の続かない日もある。

そういう日は、うまくいかない、難しい教材が出たことをきっかけに、行動が崩壊する。

ステゴザウルスは下絵とイメージがはっきりとしていたせいか取り組んだピース形もやさしい。
「嫌いなもの残していいですか」発話促進の給食パズルは、絵を合わせる考えが難しかったらしく、途中で投げ出した。ピース形も複雑で難しい。

一発で入るパズルより、ピースを合わせるパズルは、言語を必要として、高級な仕事である。

絵柄の部分名称「パン」「コロッケ」や、恐竜の「頭」「足」」「首」「空」「雲」「草」などを言える方が、楽に絵を接合できる。

下絵を見て全体をイメージしながら、パズルピースの部分接合をしなければならない。

全体が見えていないと、部分を接合するのは難しい。

アンパンマンの一発ソフトパズルから、恐竜の絵柄を合わせるパズルへ至る、その中間の難しさの教材として、ソフトパズルのパズルのピースを2~3分割することを思いついた。

カッターで簡単に2分割3分割できた

「頭」「足」と、ピースの部分を言えるようにして、ピースの合成を強化する。

次回、L君とチャレンジしたい。

学習でない場面の社会的行動

学習が終わって、お母さんの会計を待つあいだ、L君はすることがないと、タクシーを呼ぶ公衆電話を触ったり、目についた受付ピンポンを押したり、狭いところに入ろうとしたり、ソファーによじ登ったりする。

子どもは、狭いところに入ると落ち着くので、入ろうとしたら、止めないで、見守る。

「同行する」「見守る」「待つ」ということが大事だ。

「入っていいよ」「10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0」とカウントダウンして、「おしまい」「行こう」で切り替える。

子どもが何かに触るとき、探索している、世界を調べている、と考える。

そう思えば、いたずらしている!と、叱らなくていい。

10秒くらい見守ると、子どもがどうしようとしているかが分かる。

黙って、手と目だけで調べている子どもの探索に、言葉をつけてやる

公衆電話を触ったら、「電話だね、もしもし、パパですか。」と、私が電話ごっこのセリフを言う。

大人から見て、社会的に困る触り方なら、「お仕事で使うよ」「大事大事」「終わり」「おしまい」「どこどこへ行こう」と、別の提案をして、その場から移動する。

手を塞ぐことが一番落ち着くので、シール張りブックや絵本などを見せて「座ろう」と誘う。

受付の人を呼び出すピンポンを押してしまったら、「子どもが触りたかったんです。ごめんなさい」と、大人が謝れば良い。

子どもが話せる子であれば、子どもにもお母さんの真似をさせて「ごめんなさい」を言わせる。

見本の言葉を入力することで、言葉を育てる。

挨拶、感謝、謝罪は、大人がたくさん使って、現場を見せ、真似させる方が良い。

この「挨拶・感謝・謝罪」を、苦手としている子どもがいる。

人と人との緊張を解き、その場に適応をする「挨拶:こんにちは」。

相手の気持ちを受け止める「感謝:ありがとう」。

相手の立場に立つ「謝罪:ごめんなさい」。

それらを基礎にして、その上に、「共感:そうですね」、「依頼:お願いします」などがある。

子どもにとっては探索でも、大人にとって困ることならば、前もって3回、予告・復唱・確認することが大事だ。

3回とは、例えば買い物であれば、①自宅を出る時、➁車から降りるとき、③スーパーの自動ドアの前で、の3回である

1つ買うと約束して出かけても、子どもが2つ目の探索を始めてしまったら、禁止やダメ出しでなく、「約束したね」「できるかな」「できると思うよ」「お母さんは1つにしてほしい」と、切り上げを提案する。

提案の声のかけ方については、お母さんにも、保育士さんにも、先生方にも、大場美鈴さんの、楽々母さんホームページの「声かけ変換表」が役に立つ。

支援ツールのシェア
楽々かあさんが作った支援ツールやイラスト・画像を、無料ダウンロードできます。こちらは「声かけ変換表」など、発達障害&グレーゾーンのお子さんへの接し方のコツをまとめたツールのページです。

子どもの考えと行動を尊重する、そこへ大人の社会的常識を持ち込むなら、穏やかに切り替えを提案する、そんな感じがいいと思っている。

猫ちゃんブログへのコメント 匿名・公開OK・非公開希望などをお書き添えください

タイトルとURLをコピーしました