猫の爪切りのコツ 猫が好きな爪磨き

この記事は約3分で読めます。
お母さん猫の爪のお手入れ

12 猫は爪切りを嫌がる

 私は初代お母さん猫の爪切りをしたことがなかった。

お母さん猫はいつも丁寧に指の間を舐めて、爪もカシカシ噛んで、古い爪を自分で取って、爪が新しく生え変わるようにしていた猫だった。

高齢になる前の12歳で逝ったので、最後まで自分で爪のお手入れをできていて、私の爪切りの出番はなかった。

2代目猫のクーちゃんも、13歳で保護協会から貰ってくるときに、「クーちゃんは爪切りをさせない猫ちゃんです。最近獣医さんのところで麻酔で爪を切って貰いました。暫くは爪を切らなくてもいいと思います。」と預かったので、私は爪切りをしなかった。

17歳になって爪が丸まってきたクーちゃん

お母さん猫もクーちゃんも、長方形の段ボールの爪磨き付近に、脱皮?した古い爪が残っていたから、自力でお手入れをしていたのだ。

クーちゃんが17歳になって老化で爪が丸まって爪を研げなくなるまで、私は猫の爪切り体験のない飼い主だった。

猫が若いうちは猫自身の爪研ぎに任せていていいと思う。

クリーンミュウ丸型爪磨き

花ちゃんは保護主さんに持たせてもらったクリーンミュウの丸型の爪研ぎが大好きだ。

360度使えるこの円形の爪研ぎを1か月くらいで交換している。

ホームセンターでよく見かける長方形の段ボール爪磨きは1つ200円くらい、店頭では見かけない丸型は1つ600円くらいだ。

クリーンミュウの丸型爪研ぎはヤフーショッピングなどのネットで、1年分の10個くらいを6000円くらいで送料無料で買える。

高齢になって爪が丸まり爪を研がなくなった猫や、高齢になって飼い主に爪を切らせてくれない猫は、動物病院に爪切りに連れて行かねばならない。

長方形の段ボール爪磨き

クーちゃんは動物病院で1回2000円で切ってもらった。

それは動物病院に行く意味が分からない猫にも、飼い主にも負担だ。

歯みがきと爪切りは飼い始めからやり慣れておくと、高齢になった時の健康管理がお互いに楽だ。

花ちゃんは前の保護主さんのお宅で定期的に爪切りをしてもらっていた。

花ちゃんが我が家へ来て1か月くらいたって仲良くなったころ、私も花ちゃんの爪切りにチャレンジした。

初めはよく寝ているときにそっと切った

私の老眼鏡だけでは透明な爪先が見えないので、部屋中の灯りを付けて明るくし、拡大鏡のハズキルーペを掛けて、初めは花ちゃんがスヤスヤ寝ているときに前足の爪を切った。

最初は両方の前足の爪切りが精いっぱいであとは逃げられた。

耐えられない恐怖だったんだと思う。

初めは前足からは爪切り

半年経った今では「爪切りというものは数分で終わる」とわかるのか、怖い顔でじっと我慢していて、手足4本の爪を全部一気に切らせてくれる。

1か月に1回は爪を切っている。

猫がリラックスしている時に、後ずさりで逃げられないようにそっと背後から覆いかぶさって、指の間を押して爪先を出すと切りやすい。

切り過ぎないことがコツだ。

赤い血?が通っている神経のところまで切ってしまうと、痛みの記憶で次回から逃げられる。

右端のピンクの爪切りが私は切りやすい

最後に人間の爪切りのギザギザの部分で、爪の切り口を研いでやる。

花ちゃんが後ろ足で頭や耳を掻いたときに、切りっぱなしの爪が皮膚を傷つけるからだ。

ノミ・マダニの予防剤も、動物用医薬品のフロントラインでないとかゆがる。

6本で4000円くらいだ。

動物病院やネットで購入できる

花ちゃんは皮膚が弱いお嬢さま猫に思える。

深窓の麗猫?にしては、太っている猫ちゃんだが‥‥‥

猫ちゃん

 心理学に基づいた子ども理解と教材について語り、発達を拡大促進する創作教材を紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
 教材 紹介
 教材 紹介
保護猫花ちゃん
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました