子どもが喜ぶ教材の発想方法

この記事は約3分で読めます。

『障碍児心理学ものがたり』

 私は教育機関で障害児教育を、病院小児科で臨床発達心理を専門としている。

私の仕事の原点になっている話は次のような話だ。

出典は中野尚彦『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅡ』第3節:食卓の系譜「ぺたんこのスプーン」(251~252頁)明石書店、2009年発行である。

著者中野は、未熟児網膜症が初めて話題となった1970年代から、視覚障害を始めとする障害児教育の研究者で、以下は盲学校の大谷先生の重度知的障害重複学級を中野が訪問した時の話である。

Ⅰ巻2006年¥2750  Ⅱ巻2009年¥3520
Ⅰ巻は盲児と教材について、Ⅱ巻は梅津八三の心理学および子どもと教材について書かれている

ぺたんこのスプーン 

たかちゃんはスプーンの裏表を区別しない。私(中野)が教室を訪ねた時、たかちゃんはスプーンの裏側で給食のおかずをかき込んでいるところだった。 これでは食事の能率が悪い。担任の大谷先生は「たかちゃんにスプーンの裏表が分かりやすいように、スプーンの柄の形を変えて工夫してみたりもしたのだが‥‥‥」と、つぶやいて考え込んでいた。先生は突然たかちゃんに「ちょっと貸してごらん」と言ってスプーンを取り上げ、金槌を持ってベランダに出て行き、コンクリートのたたきの上でスプーンをゴンゴン叩いて、スプーンをペタンコにしてしまった。平らになったスプーンは裏返しのスプーンよりずっと能率よくおかずを乗せられる。先生は「これでいいや」と言って、たかちゃんが食べるのを見ている。たかちゃんは言葉では喋れないが「これがいい」と言うかのようにせっせと食べた。

中野尚彦『障碍児心理学ものがたりー小さな秩序系の記録ーⅡ』第3節:食卓の系譜「ぺたんこのスプーン」明石書店、2009年9月(251・252頁から引用)

確かな観察と 新しい行動が起きる教材の工夫

この話を知った時、私には担任の大谷先生の行動が画期的に思えた。

たかちゃんはスプーンの表と裏を区別しない。

表と裏を区別しなくても、どうしたらたかちゃんが自発的に楽にこぼさずにスプーンでおかずを食べられるか、金槌でスプーンを叩く工夫は、たかちゃんが現在できていることの保障から出発している。

たかちゃんはスプーンの表と裏がわからないから、表と裏がなければ両面同じに使えるはずだと、大谷先生は発想した。

スプーンを叩いて平らにするなんて!普通は思いつかない。

そうであれば、例えば、子どもが T シャツの前後を区別しなければ、前後のない首周りの T シャツがあれば良い。

大谷先生は、人が考え出した表裏や前後という既成の文化に、たかちゃんを無理に訓練して合わさせるのではない。

自分の知っているスプーンの常識を捨てて、たかちゃんの扱い方でスプーンが機能するように改良した。

子どもが持っている力で自分の生活を組み立てる、それに対して我々は、相手の現時点の力を理解し、共感による工夫でステップアップ出来たら、教育者として心理士として人間として嬉しい。

子どもの意欲や根気を問わなくていい。

確かな観察と新しい行動が起きる工夫によって、子どもはわかるとできると、おのずと意欲や根気や集中を見せる。

その子の現在の力で新しい行動が起きる工夫、そういう教材の工夫、それが私の仕事の出発点である。 

自分の関わる相手が3歳であっても98歳であっても、関わる時の考え方は同じだ。

ヤエさんも要介護5ではスプーンの表裏を区別しなかった

 行動調整の心理学、心理学に基づいた子ども理解、新しい行動を形成する創作教材、について紹介します。市販教材も紹介します。
 要支援2~要介護5のアルツハイマーの親の15年の介護でやってみたアイディアも投稿しています。
 7匹の猫生の記事も笑えます。
 このブログの題名「猫ちゃん」は、認知症の親が猫の名前を憶えられず「猫ちゃん、猫ちゃん」と可愛がったことに由来しています。

猫ちゃんをフォローする
教材
スポンサーリンク
猫ちゃんをフォローする
猫ちゃんブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました